PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

Boxster Spyder について

前回、書いたとおり、この車に“恋に落ちた”最大の要因は

”””” 軽量化 ”””

という魔法の言葉に尽きます。

車を楽しく走らせていくうえで


”重量は軽ければ軽いだけいいし、

重心は低ければ低いだけいい”


と信じています。


以前に乗っていた986ボクスターSも、重心の低さは、市販車の中でも世界で、1、2を争うと聞いていましたが、その恩恵は乗ってみて、身をもって感じました。特にコーナーにオーバースピードで進入し、4輪が流れ始めた時の挙動のつかみやすさ、対応のしやすさは、素晴らしかったです。


b0192199_2314356.jpg




以前はトヨタのMR2のターボモデルを3台(Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ期型)、13年間乗りついで、あらゆることをしてきましたが、基本設計の違いによる動きの違いをまざまざと見せつけられた思いです。


その経験を踏まえた上での、贅沢な想いとして、今のポルシェより、もう少し軽くて、もう少しパワフルで、LSDがついてればもっといいなーという思いをもちつつ、時が流れ、986の2回目の車検が近づいてきた時に、この車が現れました。


b0192199_239438.jpg



987ボクスターがマイナーチェンジを行ったときに、そのスタイリングに一瞬グラッとしましたが、以前の986ボクスターのスピードスターリアセクション(後付けのコブ)にひとしおの思い入れがあった私は、なぜ、987にはそのオプションがないのかとずっと思っていました。

その答えも思いもすべてを形にして現れたのが、今回の Boxster Spyder という車でした。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-03 22:59 | ボクスタースパイダー | Comments(2)
Commented by トミタケコ at 2010-08-06 08:37 x
随分とツボにはまったクルマの様ですね。
日本のメーカーでこういった作り方をする所がないのはどうしてでしょう。日本の風土?若者のクルマ離れ?不況のせい?
あ、皆原因か。
猫も杓子も海外生産。最近では庶民のアシであるマーチがタイで生産され、MADE IN JAPANの安心感はいずこへ。
日本の先行き、日本車の存在価値の希薄化が心配です。

こういうクルマは、もう海外でしか造られないのでしょうか・・・。
Commented by porschewbs at 2010-08-08 12:15
トミタケコ様
 コスト、生産性がものすごく重要視される、日本ではなかなか。単発で作っても、買い手がそれを認めてくれなければ、やはり続かないですよね。ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニなど、市場に物が出る前から、常に注文が入るというのは、ある意味すごいですね。買い手を裏切らないだけの物を常に提供し続けてきたという歴史でしょう。それがどういうものかは、手に入れてみないとわからないですけど。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。