PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ボディのプロテクションものについて



私が以前乗っていた986系ボクスターSと987系ボクスタースパイダーの全体的なスタイリングの最大の違いはリアフェンダーのブリスター化が一番ではないかと思っています。


走らせたときに、明らかにリアフェンダーに汚れが付きます。

寸法的には若干の違いしかありませんが、比べれば比べるほど、ほんのわずかな違いで、大きなイメージの違いを生み出しています。そこらへんのデザインのうまさがとても光ります。



プロテクションフィルムというものが、巷で流行っていますが、ポルシェはもともとリアフェンダーの所にストーンガードなるものを貼って、その場所を汚れや小傷から守っています。ボクスタースパイダーの場合、もともとサイドにPORSCHEのロゴが入っていて、そのせいで、ストーンガードが付いていませんでした。


ので、巷で流行っているプロテクションフィルムなるものを貼ってもらおうかと思い、値段を調べましたら.....いくらなんでも高すぎです!!!


私はリアフェンダーとフロントフェンダー(フロントタイヤの後ろ)とリアバンパー(リアタイヤの後ろ)の3か所(左右なので6か所)を施工しようと思っていました。


磨きの達人に磨いてもらうよりはるかに高いのです!!!


で、国内メーカー(私の場合は3Mをつかいました)のちょっと厚めのフィルムを取り寄せて、貼りたいところにテープを張って形を作り、スケルトン紙をあてて、鉛筆でなぞり、それを型として切り抜き、フィルムにあてて切り抜き、後はヘラとスプレー(中は水)を使い貼りつけました。



b0192199_20532428.jpg



やってみると、最初は試行錯誤しますが、なれれば、とても簡単です。しかも一回の材料費は、数百円です。最終的には、型の精度を上げて、PCに取り込んで、カッティングマシーンで、作ってしまえば、売ることだってできる勢いです。一枚¥1500ぐらいでどうでしょう?(^_^.)


経験値は失敗も含めて、人間の価値を上げていきます。要は楽しくやれるかどうかというところでしょうか?




で、次のプロテクションもの!



b0192199_2113421.jpg



ドアエッジプロテクターです。トヨタの純正パーツです。左右で数千円ですが、私はこれをあらゆる車に愛用しています。色も豊富に揃っていますし、何より樹脂製で、両面テープで貼るタイプなので、デザイン的に少々複雑なドアにも追従していきます。しかも、きちんとL型になっているので、エッジにひっかけながら貼って行けば、素人でも、とても綺麗に貼れます。最後は、適当なところでハサミでチョキンと切ります。




b0192199_2165310.jpg




油断して、ドアの角の塗装が欠けると、とても悲しいので、早めにやりましょう♪ まるで、もともと付いていたかのようなクオリティです(●^o^●)。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-18 21:11 | ボクスタースパイダー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。