PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

久しぶりの再会....




慣らしも終盤の中........ポケットの中に1600回転の貯金を抱えて、夜明けの疾走.........。


ごくごくゆっくりと、エンジンの回り方を確かめるように...シフトの入り方を確かめるように......丁寧に....丁寧に.......(^v^)楽しい.....(^0_0^)楽しすぎる......。


と.......、私は、あまり通らない、ちょっと左上の頂を見上げると、何やらテロを起こしそうな黄色いお方が下界を見下ろしているのが視線の片隅に入りました。



さっそく、目的に向けて舵をとります。


よ~そろ~!




S2000な方



b0192199_19271882.jpg




さらに、もうひと方 S2000な方



b0192199_1929139.jpg





この二人、いつも一緒.........。と~っても仲良し(^O^)



たぶんテロを起こす時も一緒!!!!(^0_0^)




で、記念撮影!!!




b0192199_1931331.jpg






二ヶ月ぶりだろうか??ボクスタースパイダーが納車されてからは初めて会いました。
久しぶりの再会に、楽しくいろいろ話して、頂から天界まで慣らしにつきあっていただきました。



まるで空を飛びそうな羽を付けているS2000たちと仲良くおててつないで、天界に降臨です。




b0192199_1938821.jpg




あまりに楽しくて、6時間近く炎天下の中、とりとめのない話しをして、笑ってました........。


この二人、とってもおちゃめな二人なので、話がつきません。二人とも、こよなくS2000を愛していて、いかにS2000を早く走らせるか、かっこよくするかをいつも考えています。


そういうひとたちと触れ合うと、ずっと走り続けてきて良かったなーと思います。


二人が、オチャッピーな人たちなので写真が、お茶らけてしまいました(*^_^*)



ところで、この黄色のS2000最終型........。オーナーのご厚意で、一度全開で走らせていただきました。


人の車だろ!! (^_^;)でへ......


つくづく思うのですが、乗ったことのない車のことというのは、想像で語るべきではないなと........。


S2000、簡単に言うと、官能的な高回転型エンジン、ピーキーで乗り手を選ぶ、硬派なFR......。そんなイメージが雑誌やネットから聞こえてきていました。


ところがいざ乗ってみると、前評判の高いエンジンよりも、ミッションの感じ、弱アンダーなロールをしっかり出してコーナーをまわっていくストロークする足回りの方が、よっぽど心に残りました。

何度かテールスライドも誘発させてみましたが、ノーマルの足の良さがとても高印象でした。

エンジンは高回転まで回りますが、パワー感はあまりなく、それは、それで、ホンダエンジンなのですが....それよりもシャーシーのほうが、これいいんじゃない??と.......心に深く残りました。


最終型ということもあるのかもしれませんが、ピーキーというより、挙動が解りやすい車だと思います。いい車です。

ストリート(峠限定なら)では、日本車では一番惹かれるパッケージングです.....。もう、新車では手に入れられませんが......。


ただ、ひとつおしいのは、ブレーキだけせめて対向にしたいです。シビックタイプRとか、確かブレンボだったと思ったのですが、どうして、ホンダはS2000には付けなかったのでしょう....?
不思議です.......。



しかし、こういう車は、日本ではもう造られないのでしょうか?


F1で、世界をとったホンダには、ミニバンばかり造ってないで、こういう車こそ、造り続けてほしいものです。



切に.....願います.......。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-21 20:11 | 天界の出来事 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。