PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ボクスタースパイダー 慣らし終了...

b0192199_2221059.jpg



3000回転KEEPでしばらく走り、それから500回転刻みで走らせてきた慣らしが、ようやく終わりました......。約2000kmというところですか.....。

今日から全開です。

そして、今日も全快です(*^_^*)



しっかり、回ります.....。どちらかというと、ずっしりと.......。

これが9000~10000kmぐらいから、恐ろしく軽く回るようになります....986Sボクスターの時もそうでした。周りのポルシェ使いの人々も、口々に、同じようなことを言います。
そこがまた楽しみです。



天界は今日もたくさんの神々であふれています。この後も、続々と、会議に参加される神々で、スペースが足りないくらいです。いよいよ、素敵なRRな、乗り物も出てきたりしてます。

b0192199_21562545.jpg



さらに今日は素敵な神様が.......


ジネッタな神様

b0192199_2253142.jpg


投げれば、紙飛行機のように飛ぶのではないかというくらいです....。

ブリティッシュライトウエイト.....ここにあり....

b0192199_2285932.jpg



ユーノスな神様が座らせていただいてましたが、まるで、床にそのまま座っているように見えました。恐ろしく着座ポイントが低く、トラックの横とかに並んだら、排気ガスを思いっきり吸い込みそうです(^_^;)......そして......咳き込んでみたい......(~o~)。

それは、とても....Mですね(^_^.)。、

とにかく、文化が違えば、アプローチの違いが、本当に違うものだと.......。ドイツな車も、イタリアな車も、イギリスな車も.......。

ただ、あの大陸の同じ頃に、ひたすら培われた、求められた速さに対する欲求は本物で、間違っていないことは、それぞれの考え方による違いはあれど、どうすれば今より良くなるか.....。速くなるか.........。そのための妥協はないこと。コストや、工数より、大切なものが確かにあるような気がします。そしてそれは、日本車がなくしていったもののように思えます。

ポルシェも、ロータスも、昔よりもはるかに乗りやすく、そしてある種、日本車らしくなってきましたが、(現にロータスは、トヨタエンジンです)それでも、低重心、ドライサンプだったり、アルミボディだったり、譲らないところは、まだまだ健在です。

そして、そこに気づいてしまった神々は、もう後戻りができなくなってしまってます。

本物を知ってから、好きなものを選ぶことはありですが、本物を知らずして終わるのは、悲しいことです........。


これからも、少しでも、真実に近づいていきたいものです....。全てのことにおいて....。
[PR]
by porschewbs | 2010-09-05 22:31 | 天界の出来事 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。