PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

アルファロメオ 159



Alfa Romeo 159

b0192199_21223661.jpg


私の人生の中でセダンという選択肢は、まったくありませんでした。考えてみると、セダンを所有したことは..........いままで、一度もありません。

自分のファーストカーを移動の手段というとらえ方をしたことが一度もなかったことと........いかにその車を走らせるか.......見ていて、うっとりできるか......。そういうようなとらえ方でしか車というものをみることができなかったからでしょうか.....(*^_^*)。

私の心の琴線に触れるデザインは、今まで、世にある多くのセダンの中には、一台もありませんでした.......。

しかし.......アルファロメオ.....タイプ 159

b0192199_21515040.jpg


この車は.......美しい........。

b0192199_21531631.jpg


とても.......美しい......。

b0192199_21533781.jpg



まずは、走りありき........。車には常にそういう接し方をしてきました。人を乗せる車は、その人たちのための装備、乗り心地、空間.......。しかし、自分のための車は、とにかく、走りありき........。

159.......往年のアルファ乗りからは、様々な言われ方をされた車ですが、初めて、アルファに接した車がこの159だと、私にはそのスタイリング以外目に入りませんでした......。

GMと共同開発された、そのボディは、あまりにも重く、デザインを優先して形作られたそのスタイルのため、後部座席は、とても長距離は乗りたくないなという、思いをいだかせ、これは.........。と.......。

しかし、その美しさは.......たたずまいは.........



”私、女優だから、料理もできないし、お洗濯も、お掃除も大嫌いなの!!でも、いつまでも、あなたのために綺麗でいるから!!そばにいさせて!!”



(;O;)う、うん....わかった(;_:)


と、思わず言ってしまうような、素敵に説得力がある、オーラに満ちていました。

b0192199_2215398.jpg



デザインだけに、思わず目が奪われるそのスタイルは、さすがにイタリア.......ですか.....。


b0192199_22172877.jpg



しかし、このアルファロメオ 159......デザイン以外はアメリカのボディ、腰下、日本のミッションとその成り立ちは、とても多国籍にみちていて、特に3200ccのトルコンオートマ仕様においては、今までのアルファのイメージとは、いい意味でかけ離れた、”壊れないイタ車”という印象を、私に抱かせてくれます。


b0192199_2225391.jpg


そして、そのデザインは、端々に......."神が宿っています".....。


b0192199_22431865.jpg

[PR]
by porschewbs | 2010-09-17 22:44 | Another car | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。