PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

TIME IN BLUE


この時間帯がとても好きです。とても静かで…・・この場所に、その時、その瞬間に集まった者以外、知るよしもない、特別な空間です。

b0192199_17465222.jpg


写真からは伝わらないことのほうが多いでしょうが、そこに、誰もいなくても、空気といい雰囲気といい、標高1500mという高地であるということが、下界とは、まったく違う非日常の世界を作り出します。

b0192199_17472655.jpg


ここに集まる神々は、ただ、ただ、ここに向かうというだけで、約束をしてだとか、これから、どこにとかいうのではなく、自然に、ここへ……。という、とてもシンプルな関係です。気が向けば来るし......向かなければこないし.......名前さえ知らない人もいます。年齢もまちまちで、ただ、“乗り物を走らせることが好き(*^^)v”というだけの愉快な神々です。

b0192199_17474773.jpg


ただ、コーナリングへの情熱は…・・高き山のごとく……澄んだ空気のごとく……で……でなければ、毎回、毎回……来ませんよね………。ここまで(*^_^*)


この場所の素敵な理由の一つに、もう一つ、富士山が望めることがあります。日本で一番高く、美しい山です。

どんなことでもそうですが、一番であるということは、それだけで存在意義があると思います。一番であるものを目にすることと、目にしないことは、車を走らせることができるということと、クルマを動かせることができるということと同じぐらいの差があると思います。

何かを選択する時、始める時の基準、いわゆる自分の中での“メートル原器”を何にするかは人それぞれです。しかし、一番のものを知っていれば、おのずと目標値、着地点ははっきりします。

一番を知っていることを前提に二番に行く、三番に行くのはありですが、一番を知らずして二番、三番に行くのは、“井の中の蛙“になりかねないことと、後で、その存在に気づいたときに、遅きに失することが多いので、それは賢明ではないと思います。

クルマ選びも同じで、世に出ているほとんどの雑誌、コメントが不特定多数の読み手に向けられて発せられているので、その言葉を信じるのも疑うのも、読み手次第です。

自分が走りたい、走らせたいステージで、何を選択し、何をしたいのかは、自分次第です。そのなかで、本物を知ること、知った上で、どれを選択するか、車種、パワー、駆動輪、サイズ、イメージ、コスト.......。


世の中には、本当にたくさんの車がありますが、乗り手の期待に答えてくれる車は本当に少ないと思います。しかし、それも自分で経験することが一番です。そして、自分にとって、本当にあっているものを選択していきたいものです。

”乗らずして語るな”......"乗りこなせずして語るな”........と誰かがいつも耳元で囁きます.......。

b0192199_1811137.jpg


富士山という日本一の山が見えるところに住んでいてよかったと思います......。

高峰を仰ぎ見る.......Tシャツにジーパンでふもとから、富士山に挑戦した日が懐かしいです........。
登り8時間、下り5時間半.........日帰り(^_^;)。若気の至りです....。

後にも先にもあの時ほど、体力的にきつかったことは、いまだに経験していません。一番体力に自信があった、20代前半のことでした(^_^;)
[PR]
by porschewbs | 2010-09-28 18:23 | 天界の出来事 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。