PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ボクスタースパイダーというオープンカー....


私がオープンカーを所有したのは、ポルシェが初めてでしたが、オープンカーをもし自分がドライブするならば、幌を閉めて走ることはしたくないなと思っていました。

それは、オープンモデルそのものが、そのスタイルも、雰囲気も、オープンであることを前提に作られていると........。そういう風に作り手は作っていると考えているからです。

特に、今回手に入れたボクスタースパイダーというクルマは、そのスタイリングも走りも、オープン以外では乗ってはいけないと思わせるくらいの質感があります。

b0192199_1815132.jpg

手をかけて造られたもの、手間隙かけて、細部にまでこだわって作り上げられたものは、大量生産品とは違う、質感、使い手のことを考えた作りこみ、美しさがあります。

そういうものを手にしたときに、それを使うほうも、それなりの心構えで扱い、使うべきだと思っています。

ポルシェというクルマは、量産品とはいえ、その走りには、質感があります。存在自体も美しさを持っています。その美しさも、数あるパーツ類も、その走りを具現化するために存在していると、私は思っています。

その質感が、私に、いい加減に接してはいけない......と、もっと、丁寧に.......もっと考えて接しろと......語りかけます。

こと走りに対しての、ポルシェが作り出すこだわり、方向性は、本当に頭が下がります。
それは、ことあるごとに、随所に垣間見れるもので、その都度、ただ、ただ、感嘆し、そういうことが、理解できるようになったいま、ポルシェというメーカーが造るクルマに触れることが出来て、本当によかったと思っています。

10年前の自分がポルシェに接していたら、恥ずかしながら、そのすごさに気づけていたかどうか........。

ポルシェに乗るようになってから特に考える様になった事は、作り手は、乗り手に何を訴えているのか?どういう風にドライブさせたいのか?このコーナーの抜け方はこれで正しいのか?このブレーキのあて方はこれででいいのか?と.......。

いつも、いつも考えています.......。荷重移動のタイミング一つでコーナーでのスパイダーの姿勢が変わります。それは速度が上がれば上がるほど、顕著になります。

その都度、コーナーの抜け方、ラインどり、スピードレンジが、変わってきます。その対話が、たまらなく楽しいのです........。だから、やめられないのですが........。

b0192199_1821624.jpg

クルマという機械は、それぞれのパーツがきちんと機能して、それが相互に影響しあって、その動きを作り出すように造られています。その場所に設置されたら、二度と移動されることもなく、ひたすら動いている機械とは、はっきりと違います。

あらゆる状況下で、あらゆる外的影響を受けながら、その動きを作っていく機械です。

その機械を、これほど、近くに感じられたこと……私にとっては、ポルシェに乗るまで、そんな風に感じたことはありませんでした。同じ入力に対して、必ず同じ出力をしてくれる。そういう感じがします。

ポルシェのパーツを個々に造っている人たちは、当たり前のように、求められた精度で造っているのでしょうが、それを設計している人達、そして、それを組み合わせて、そういう動きを出すためにアレンジしている人達、また、それを与えられて、そういう動きをするかどうかを見極めている人達………。その連携が抜群にいいんだと思います。

b0192199_1823642.jpg

ものづくりにおいて、試行錯誤を繰り返して、出来上がったものが、本当にいいものなのか?間違いなく、当初の考えどおりのものなのかというのは、結局のところ、使ってみないとわからないというのが本当のところだと思います。

さらに、使ってみて、だめなところをつぶして、それをフィードバックして、改良を加えさらに、それを繰り返して、理想のものを追い求めていく。
 
もちろん、納期も、コストも、品質もありますから、それを踏まえて、線を引くわけですが、彼らは、そのバランスと、そこに持っていく経験値が、桁違いなのでしょう。

これはあくまで想像の域を出ないのですが、ポルシェのクルマ作りに関わっている人達は、みんな、自分がその車にとって、どういう作用をするものを造っているのかが解っているのではないかとよく考えます。それでなくては、これだけの種類のパーツを組み合わせて、ああいうフィールを出すことなんて出来ないんじゃないだろうか?

そういうことをよく、本気で思ったりします……(*^_^*)。

日本車で散々やりつくして、出なかった答えが、素のクルマを前にして、

これだ……(・。・)。

と思わされた感動は忘れられません........。

本当にそのことを、経験をしなくては、絶対にわからないことが、世の中にはあって、ある程度経験を通じて得てきたことで、慢心していると、思わぬ落とし穴にはまります。

自分が一番好きで、一番長く関わって、理解してきたものに、これほどの衝撃を受けるとは思ってもみませんでした。それはただ、ただ、本物を知らなかっただけなのですが……(^_^;)。

その、大いなる尊敬の念を込めて走りこんでも、まだまだ、本質には近づいていけません……。全てのコーナーを理想どおりに抜けられ事が、この先いつになったら来るのでしょうか?

残り少ないコーナリング人生の中で一生懸命、努力していきたいと思います(*^^)v。

b0192199_1825754.jpg

[PR]
by porschewbs | 2010-10-21 19:07 | ボクスタースパイダー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。