PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ドライビングシューズ


スポーツドライビングをするうえで、なくてもそれなりにドライブできますが、一度身につけてみると、その存在意義が明確に確認できるアイテムがいくつかあります。

その一つがドライビングシューズ、レーシングシューズといわれる、ソールが薄く、かかとの部分まで、ソールが巻いてあるシューズです。どちらかというと、シューズ自体は細身で、はいてみると、とてもタイトな感じがします。

最近では、ポルシェデザインがアディダスとタイアップして、本革のとてもデザイン的にお洒落なドライビングシューズを出していますが、私は昔から、PUMAのドライビングシューズを愛用しています。

最近のプーマはフェラーリとのコラボが多く、跳ね馬がデザインされているものも多く見ます。私のお気に入りは、PUMAのフューチャーキャットというモデルです。靴ヒモの部分がセンターではなく斜め横にあるところが特徴で、また、そのデザインが気に入ってます。色も素材も様々な種類がありますが、現在使用しているのは、ベージュのバックスキンのショートタイプとFUTURE-CAT MID Proのブラックモデルです。


ショートタイプ
b0192199_19195579.jpg



ミッドカットタイプ
b0192199_19215130.jpg


b0192199_19234584.jpg



ソールの薄さからくる、ペダルのダイレクト感がとても気に入っています。これに慣れてしまうと、通常のシューズだと、微妙な調整が上手くできません。特にブレーキペダルの感覚が違います。昔から、どうしても、ドライビングシューズだけは、バックスキンを好んで選んでしまいます(~o~)。


また、前回、四国まで行って、サイズ合わせをして購入した、オーダーメイドドライビングクローブですが、やはりこれも、かっこだけじゃないよな...........(^_^;)..........と思うほど、ジャストフィットします。

グローブをはめて同じ走りをすると、特にわかります。いままで、少し滑っていたり、わずかにいい加減な操作をしていたことがよくわかります。

ステアリングに、ピタッと吸いつくよう感じがとても、頼もしいです。

b0192199_1930760.jpg


物事というのは、どんなことでも、つきつめていくと、最後は、本当にとても小さなこと、微妙なことが大切になってくるし、そういう小さなことの積み重ねが、身を助けてくれます。

たとえば、手のひらとステアリングの間の汗だとか、ガスペダルと足の裏の間のシューズのソールが厚すぎるとか..............そういうわずかな違いに気がつけること、本来そうあるべきことが、そうでないために、きちんとした操作ではなくなっていること........。そういうことを、丁寧に、基本に忠実にこなしていくと、また少し........スパイダーに近づいた気がします.....。

そういう小さなことに常に気がつける姿勢を忘れないようにしたいと思います(*^_^*)。
[PR]
by porschewbs | 2010-10-23 19:45 | My Favorite | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。