PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

エコーネス  ストレスレス チェア


b0192199_22354675.jpg


以前にも書きましたが、いつのころからか、本当に気に入ったものしか、身につけないようになっている自分がいます。また、身の回りの物も、本当に気に入ったもの、ずっと使い続けていたいもの....そういうものに出会ったときは、金額的に今まで手を出さなかったものでも、迷わず手に入れるようにしています。

それは、その瞬間を見逃したために、そのものが二度と手にはいらなかったり、あとで、結局それを買ってしまったりと、遠回りをしてしまうケースがあるからです。

ある程度の経験をしてきた今では、そういう時は直観に従うべきだと思っているからです。

私は、車が大好きですが、他にもいくつか趣味と呼べるものがあります。映画鑑賞もその一つで、ホームシアターを組んで、100インチの画面にスピーカーを9つぐらいつけて、家が揺れるぐらいの音で映画を見るのが大好きです(*^_^*)。

マフラーの音は静かですが..........(~_~).........いまのところ(~_~;)

その映画を見るときに愛用している椅子が、“エコーネス”というノルウェーのメーカーのオットマン付きのチェアーです。

少し大きめの家具屋さんにいけば、大概、置いてありますが、座った瞬間に恋に落ちるというか、眠りに落ちるというか.........まるで、愛に包みこまれてしまうような(;O;).......。

座り心地です........包まれ心地です(^^♪。

やはりこれはも、文化の違いだと思うのですが、同じような形・スタイルの椅子は国産問わずたくさんあるのですが、座った瞬間に.........

これ以外ないだろう(・o・)!

と思わせるぐらいの説得力があります。見た目やデザインなどで、目をひくものは椅子以外のものも含めて、たくさんありますが、その目的、機能において、一瞬で見せられることはまずないと思います。

私の“これ以外ないだろう(・o・)!”と思わせる車のポルシェでさえ、ただ乗ってみるだけでなく、その先を理解することができて、初めて“これ以外ないだろう(・o・)!”となったわけで、そういう意味では、その瞬間の感動は素晴らしいものがあります。

そして、その感動は、持続していきます..........。そのくらい素敵な椅子です。

これも、文化と呼ばれる積み重ねの結晶だと思います。椅子文化のヨーロッパと畳文化の日本の違いかと...........。

私は、皮製品が好きなので、特に最近は皮の手入れをかかせませんが、このエコーネス製のチェアーを初めて購入したのは、今から10年以上前のことです。その初期に買った椅子が、引越しなどを経て、だいぶ傷んでしまったので、最初の一脚だけ、皮を張り替えることにしました。

とても愛着がある椅子ですので、また、見た目さえ気にしなければ,たぶん一生ものなのですが、あえて、違う意味で理想を追い求めるために、これまた、張り替え専門の職人さんに頼んで、理想の一脚を..................。

エコーネス社製の椅子は、基本的には表面は本革製です。色も限られています。

そこで!!


オレンジ色のアルカンターラ!イエローステッチ仕様です!!(●^o^●)


b0192199_2250282.jpg



私の家は、どちらかというと、落ち着いたカラーの壁紙、カーテン、家具ですが、このさし色は効きます(*^_^*)

とても気に入っています(*^^)v。

こういったことを経て.........私にとってこの椅子は、座るだけでなく、めでられる椅子でもあるわけです。

b0192199_225714100.jpg


ポルシェに乗っていられる方ならば、アルカンターラの触り心地、風合いは、御存じだと思いますが、それは、それは素敵です........。

というような、MY FAVORITE に囲まれて、私は日々楽しく過ごしています(*^_^*)
[PR]
by porschewbs | 2010-10-26 23:02 | My Favorite | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。