PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ロータス エリーゼ...ローバーKエンジン

b0192199_2145437.jpg


天界では、雪が積もっていようが、気温がマイナスだろうが、神々の思いはひたすら熱い.......。鼻水はたらしていますが.......寒くてぴょんぴょん跳ねていますが.........(^_^;)。

それでも、みなさん楽しそうですが(^.^)



さて、ロータスエリーゼ フェイズⅡ ローバーKエンジン搭載モデル........
b0192199_21571832.jpg

久しぶりに、遅く出発したおかげで、天界までの道中で、途中少し後ろにつくことができました。先に走ってくれ合図で、前に出ましたが、エリーゼが走っている時のリアセクションのスタイルは、本当に素敵です。

フロントセクションからの眺めも、歴代エリーゼの中でも、このモデルが一番好きです(*^_^*)。

ここにきてのマイナーチャンジで、顔つきが変わってしまいましたが、私は、この挑戦的な顔をバックミラー越しにみたり、リアセクションを目の前に見据えながら走ると、とってもワクワクします(^O^)/
b0192199_2271257.jpg


エリーゼのローバーkエンジン搭載モデルは、重心が低く、バランスがとてもいいと、よく聞きます。それを踏まえて、オーナーも永く、この個体に乗ってます.....。

しかし、すでに、1年以上前に、このエンジンのスタンダードクランクシャフトが生産中止になったりと、なかなか、オリジナルのコンディションを保つのも難しくなっています。できれば、ロータスにはエンジンを自社製で作って欲しいものです.........。

ポルシェもロータスも、もともと、軽さを売りに、走りを追求してきたメーカーです。ただし、ポルシェはそこに耐久性も求めたため、スチールボディに、ロータスは、軽さのみを追求しFRPボディへ........。

両者のアプローチは違えど、軽さの走りに対するメリットを十分に理解したうえで、車づくりをしていた点は、一致していたのでしょう........。

しかし、ポルシェもロータスも、年々、車体重量が重くなっています........。安全基準や豪華装備など.......。それは、それでいいのですが、本来の生き様を、スポーツカーとしてのあるべき姿を、忘れないで欲しいものです。


ロータスな神様.......
b0192199_22312516.jpg

1年以上ぶりの登場です。走らせれば........素晴らしいノリで、このエキゾチックなエリーゼを走らせるお方です。しばらくぶりの登場に、ワクワクしました(~o~)。

私のNEWモデルとは、もちろん、まだ、ご一緒していないので..........。

お待ちしております.........(*^_^*)。
b0192199_22351362.jpg


すでに、シーズン末期となってきましたが....こういうモデルが、顔を連ねてくると、寒い冬も俄然活気が出てきます.........。


スタッドレスは.........買っておかなくていいよね(^_^;).........屋根もつけないことだし........。


そうだ、軽量化のために、くるくる巻いてある、あのテントのような屋根になるであろう布も、降ろしちゃおうかな^_^;............。
[PR]
by porschewbs | 2010-11-22 22:43 | 天界の出来事 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。