PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

鈴鹿サーキットの湯

b0192199_104787.jpg


どんな湯ー\(・o・)/



いい湯でした.....................


いつ手に入れたのか覚えてないのですが.........................

こんな入浴剤がありました.......................

車が大好きな私は、気持ちだけでも、サーキットな感じで入浴しました(^_^;)




ここのところ、小さなことでも、決断を求められることが多い毎日です..................




しかし.......................



計画停電による影響が止まらない.................................


電力がないと動かせない設備が多く、仕事にならないケースが多発しています..................

顧客も、協力会社も含めて、困惑の度合いは広がっています.....................

仕事があっても、その仕事をこなせないとなると、経済は滞っていきます...................

今週から、メーカーの工場の操業が始まると、その度合いは、さらに増していくでしょう............



レンタルの燃料型大型発電機と電力に余裕のある土曜日、日曜日を使ってなんとか対応していくようです...................


現在東京電力が供給できる電力は3400万kw、震災前が5200万kw、3月の平年のピークは4700万kw.................

4月末までに、今、停止している火力発電等を動かして、東電が用意できる想定電力量は、4300万kwだそうです...................

仮に4月末まで計画停電が実施され、その後一時的に解消されても、東電がこの先用意できるMAXの電力は5000万kwだそうです。夏場のピーク時の使用電力は6000万kwを超えるので.............


しばらくは、電気との戦いが続きそうです................


今年は、休日がないな......このままいくと.............(^_^;)...............


そんなことは、当たり前だ!!(>_<)!!



それにもまして、原発.............この国の電力供給は、この先どうするのか.............


難しい判断をしなければいけませんね..................


今回の原発の事故による、影響は、計り知れませんが...............


電気がないことによる、経済への影響も計り知れません.....................



今、日本の電気の70%強の電力が火力発電に頼っている現実を考えると、海外からの燃料の供給が止まった時点で、経済活動はできなくなります................



日本の最大の弱点は、資源がないことです...............



現在、この国の電力のわずか22ー3%の割合しかない原子力発電ですが、国が柱にしようとするのもわかりますが.............


難しいですね............本当に.....................
[PR]
by porschewbs | 2011-03-22 12:02 | その他 | Comments(2)
Commented by Hiropi at 2011-03-22 14:53 x
こんにちわ。。
日本全土がかなり深刻・・ですね。

世界的潮流の省エネ対策だった・・電気自動車はこれで一気に後退か・・?汗

製造用は別としても・・

みんな、自分の使う電力は自分で賄う?ってどうでしょうか?
まあ、照明ぐらいしか賄えないかもしれませんが・・?

<一局集中型から分散型へ>
自家発電装置(ガソリンはダメなので・・自転車で漕ぐなど・・)の新型を開発するのもいいかもしれませんね。。

既存の自家発電機のホンダ、ヤンマー、ヤマハはどれも完売状態でした。

それを製造するにも電気が必要ですが・・
Commented by porschewbs at 2011-03-22 16:25
Hiropiさん こんにちは~

やはり、ハイブリッドでしょうか。今回も、東京ー仙台間をプリウスは往復できるので、1給油で行けたと、知り合いが話していました。

太陽光などを併用したり、照明の積極的なLED化による節電対策にも力を入れていかなければならないでしょうね。

それでも、今の日本経済を支える電力には、ほど遠い値ですが.........。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。