PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ボクスタースパイダーの室内の軋み音について.........




以前にボクスタースパイダーの、ストリームライナーのあたりから聞こえていた、“ピキッ”とか“コトッ”とかいう謎の軋み音..............


預かって、突き止めてみますという、ポルシェセンターの好意に甘えて、少し預けていました......................

b0192199_18231049.jpg



そして......................



メカニックのOさんが完璧に消してくれました............(#^.^#)



軋み音は、個体により、いろいろなところから出るので、断定は個体ごとに、探し出して、見つけていくしかないそうですが............


私のスパイダーに関しての原因は、4点ロールバーのボディにボルト締めしているところからだったそうです...........


それがパイプを伝わって反響してコックピットに入ってきていたそうです............



納車時は、もちろん、していなかった音なので、走ってるうちにボディがよじれて、少し立てつけが狂ったのでしょう............

ロールバーを一度外して、取り付けなおして、完全に音は消えたそうです................




私の場合、そういう走りをしている事に自覚があるので、最悪、しょうがないかな......消えないかもな...................という気持ちを持っていましたし、軽量化の弊害もあるだろうなと思っていたので、治らない時は我慢だなとも思っていました。



しかし、ゆっくり流しているときなどに、段差をこえる度に、軋み音がよく鳴り、鳴り出すと人間、結構気になるもので..........



“これは、素敵な女の子を乗せている時に鳴ったら貧乏ぽいぞ(-"-)!(そこかい!!)


これはいかんだろう!”


ということで、ポルシェセンターに一週間ほど預けておきました...............


基本的には、平日は乗らないので....................


で、一週間ほどで、原因を見つけて解決してくれました................



こういうことは..............


私は、こういう、現象や、また、ポルシェセンターのサービスの対応を、新車で買ったなら当たり前だとは決して思わないわけです..............


納車日に車が止まってしまったことも、今回の些細な出来事も................



静荷重で、動き続ける機械と、動荷重で、動き続ける機械との負担率の違いも...............


人が考えて作り出したものである以上、壊れたり、不具合がでて、当たり前だと..............


そして、それが、他の同じようなものに比べて、性能が優れていれば優れているほど、それを制御する技術や、各パーツの精度、組み合わせが複雑になり、高度化していけばいくほど............


そのものの金額が高いから完璧だとは限りません.............


もちろん、今回は、私の金額負担はないわけですが.................


こういう、一個一個、考えられる原因をつぶしていくその労力や、それにかかる時間.........



そういう地道な行為に頭が下がります..................



それが仕事だといえばそれまでですが..........されど仕事です..............


車のような、無数の複合パーツが作用しあってできている製造物は、何か問題があった時に、原因を究明することが、とても大変です............


それは、ただひたすら、経験値と勘によって、一つ一つつぶしながら、見つけ出していくものでしかないので、初めての現象には、ただ、ひたすら時間を費やしていくことになります...............


特に、今回のような現象は、一人が車を走らせて、一人が音を確認して、一つずつパーツを外して、確認してという作業を、繰り返したのでしょう............


それ以外、方法はありません................


そして、よりによって、ロールバーまで..........一番!下じゃん(+o+)!!



自分でクレームつけておいて、“すんません!”


と、思ってしまいす.................



今回も、メカニックはOさんが担当してくれたのですが、この人は、私とはいつもおちゃらけた話しかしないのですが、たまに真面目に、ポルシェの動きそのものの事や、時折現れる現象や、これはどうなんだ?というような質問に対して、いつも、きちんと自分の言葉で答えてくれます............

そして、その言葉を胸に、私は、自分で考えて、また、車を動かしてみます..........



決して、“そんなものでしょう”とか、“しょうがないですよ”とは言わない..........



そこが好きです......................



ポルシェセンターといえども、というより、ポルシェセンターだから、今となっては、できることに関しては限られています..........


生産効率、技術効率にあてはまらないことに関しては、アッセンブリー交換で、対応ということになってしまいます.......................


しかし、できる範囲での対応を誠実にやってくれています...............


企業は大きくなればなるほど、時間工賃や、生産工数などに縛られてしまって、本当はなければいけない経験値や、無駄の必要性を見失ってしまいます.............


ですから、アンダーグラウンドで、技術や経験値は積み重ねられていくわけですが.............


それでも、できる範囲で誠実に......また、目の前のことを学んでいくその姿勢に............私は、とっても好感を持ってしまうわけです..................


例え仕事とはいえ、そういう当たり前のことを、当たり前にできない人のほうが多く見受けられるからです.............



どこまで、いっても、物事は全て、人を介して成り立っていきます.............



プロ意識というか、自分がやっていることに対しての真摯な態度を忘れてはいけないなと.........


今回は、とっても、お世話になりました(*^_^*)................



今度、ポルシェセンターに行くときは、お菓子でも、持って行ってあげよう(*^_^*)







受付のSさんにヽ(^o^)丿!!





ちが~う!




サービスのみんなにだ(^_^;)..........................
[PR]
by porschewbs | 2011-04-03 18:28 | ボクスタースパイダー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。