PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

撮影...............

フルオーダーメイドのドライビンググローブを作っているcaca-zanさんが久しぶりに東京に来ました...........

http://www.caca-zan.com/


新しいHPの作成にあたり、私の車を入れたいとのことで.........

b0192199_22423740.jpg


邪魔がいない場所で撮影ということで...............

畑の真ん中で撮影です(^_^;).............................


何ともカントリーチックな風景です.................


しかし、プロのカメラマンから、デザイナーの人、アシスタントの人までいて.........


ステアリングを握っている手しか撮られないのに、えらい緊張してしまいました(^_^;)


しかし、カメラマンの方のアングルや、小技の効いた撮影..........


やはり、レフ板はいるか^_^!レフ板は(^_^)!!





最近のレフ板は、折り畳み式のいいやつが出てるんですね(^^♪


あれがあれば、かなりいい写真が撮れる気がする\(^o^)/...............


って、そんなの積んでいつも走ってる奴なんていないし(;一_一).........




あくまで、走りがメインで、そのついでに愛車の写真を撮っているのだから、そこまでやらなくてもいいはず....................



でも、ああいう小技で、思い通りの写真を仕上げていく技は、さすがですね(*^_^*)

そつがないというか、その道のプロの人の動きや気の使い方............


とっても勉強になります(^O^)/

b0192199_22553275.jpg


あくまで、撮る人に徹しれば、いいんですよね。本来は...............。



今回は、私の他にも、もう一台、ロードスターの年配のご夫婦の方達も来ていたので、両方の写真をのせるみたいです.............


しかし、そんなに撮るか.........というほど撮ってましたね...........

撮影とはそういうものなのですね........やはり...............(^_^;)............



これで、体、全体とか、顔とか写されているモデルさんとかは、我々とは、明らかに流れている時間の感じ方が違うんだろうなと................


そう思いました................



HPの衣替えは、まだ先でしょうが、出来上がるのが楽しみです..........



ついでに、工房のリフォームも同時進行でやっているので、私の方で、サイン(看板)をデザインしてプレゼントするつもりです(*^^)v..........


デザインはだいたい終わっているので、一度四国まで行って、最終のイメージを決めてこないと.........それと、寸法どりと................


たったひとつのドライビンググローブを発注したことがきっかけで、こういう付き合いが広がっていくことに...........


世の中不思議ですね...............



日本語でいう“縁”というものを私は、とても大切にしています..........

そして、人を助けるのも、助けられるのも、全てそこが起点になっていると思っています.......



そういう意味で、今回の出会いも、私の人生における財産として........

とても大切にしていきたいと思っています....................





でも、そういう出会いに、何の抵抗もなく、むしろ面白くてしょうがないと感じているあたりに..............


我ながら人生を楽しんでいるなと思うわけです.............(*^^)v
[PR]
by porschewbs | 2011-04-24 23:28 | その他 | Comments(2)
Commented by ひろ at 2011-04-25 09:42 x
CACA-ZANさんの新しいHP、僕も楽しみにしてますよ。
本当、僕もporschewbsさんのHPを見始めた”縁”で、ドライビンググローブ2つも作っていただきましたよ。
感謝!!
Commented by porschewbs at 2011-04-25 12:17
ひろさん こんにちは~

ドライビンググローブって、つけ始めると、それなしの運転に違和感を覚えてしまいます(^_^;)。
ビジネスモデルの車でも、するようになってしまいました(^^♪
先日、caca-zanの出石さんと話してたんですが、今でも、試行錯誤しながら、究極のグローブを追い求めているんですよね。
生き物である革.....その時によって質が違うわけですよね。
使用後の伸び率を考えて、もう少し小さめに作るだとか........ハンドメイドだけれども、統制のとれた質感をもとめたつくりだとか........。
向上心が、さらに技術を極めていくことでしょう。
楽しみです(*^^)v


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。