PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

エンジンブロー...........ブローなのか...........Ⅲ


あの心臓に響く音とともにオイルを撒き散らした原因は.......

機械式バキュームポンプの破損......です..............

b0192199_22582512.jpg


位置的には、エンジン前方の左側下部に装着されています............

b0192199_22592698.jpg



バキュームポンプって何???(@_@;)

ということで..............




負圧............その構造上、ブレーキを効かせるためには絶対に必要なもの...........


(例えば密閉したアルミ缶から空気を吸い出していくとアルミ缶の中の圧が低くなり(いわゆる負圧の状態になったため)、最後は大気の力で缶が潰れます..........)


通常、ブレーキはエンジンの負圧を利用しています.........


ガスペダルをオフにしている時でも、エンジンは空気を吸い込もうとします.......

そうすると、スロットル・バルブと シリンダーの間に負圧が発生します.....................

その負圧を利用して、ブレーキを効かせるわけです.........




ブレーキペダルを踏む→ブレーキブースター(倍力装置)で増幅され→マスターシリンダーで液圧が発生→各車輪へ.................




この時に利用されるのが負圧で、大概の車は、インテーク・マニホールドから負圧を取り出し、ブレーキブースターに持ってきています.........

そして、その力を、ブレーキオイルを介して、各車輪に伝えるわけです............


何故オイルを使うかは、パスカルの定理、“密閉された容器に液体を入れ、圧力を加えると、その内部の全ての部分には同じ力が掛かる” を利用して、一定のブレーキ圧をかけるわけです..........


もちろん、前後バランスの調整は別にしますが、このような関係のもとでブレーキは作用してくれるわけです.........


ほとんどのガソリン車は(ディーゼル車はまた別です)、この作用だけでブレーキを効かせているわけですが、ポルシェは、さらに、エンジン負荷とは関係なく、ペダルを踏み込む力を軽減させると同時に、ブレーキのレスポンスを向上させるために機械式のバキュームポンプを備えています.............

何故か...............


高地のような気圧の低い環境やサーキット走行などの負荷がフルに掛かるような走行状態においても、常に安定した絶大な制動力を出すためだそうです............


その機械式バキュームポンプは、シリンダーバンクのエクゾースト側カムシャフトによって駆動されていますが、直接駆動されているわけではなく、チェーンスプロケットを介して駆動されているとのこと..........

それを聞いて、少しホッとしました..............

何故なら、当初、構造がまったく分かっておらず..............

カムシャフトが動力源(@_@;)................と聞いただけで........

そっちの損傷は.........?と.............


何故なら、破損されて、出てきたパーツは............

b0192199_23205332.jpg


そう........この中央の曲がったパーツが、本来なら真っ直ぐだと聞いたからです........(@_@;)

もちろん、エンジンの駆動部の力はものすごいものだということは知っていますが.........

こんなバラバラで........こんな分厚い板が曲がるとは.....

しかも、曲部には、瞬間的に応力がかかったような無数の亀裂....線が.........

なんて恐ろしい!!(>_<)!!


とりあえずは、メカニックのOさんが、エンジンオイルを全抜きして、異物等のチェックはすでにしてくれていて、エンジン本体には問題はないだろうと..............

バキュームポンプ自体は、アッセンブリー交換ということで.......また、傷のついた周囲のパイプ類も全て交換とのこと........エンジンも降ろさないで作業可能とのこと..........


今回の現象はというと、まず音に関しては..........

ボルト留めしてあったバキュームポンプのボルトが何らかの原因で緩み、外れ、中の駆動部によりそのカバーが叩かれ、またそのカバーが、周囲のパイプやエンジン自体の外回りにあたり出たのではないかと.....

そして、オイルは........

当たり前のように、バキュームポンプ内部を駆動するための潤滑油のエンジンオイルが、カバーが外れたことにより漏れてしまった.............


ということらしい..................


この事象.............

メカニックのOさんをはじめ、フロントも含めた他のメカの人も出会ったことがないと.......

サービスマニュアルにも、バキュームポンプのネジは絶対に緩めないことと明記してあるとのこと........


もちろん、保障の範疇で対処してもらえるとのことで、さすがにホッと一息です...........


ただ、パーツ関係が本国発注なので、私のボクスタースパイダーは当分ポルシェセンターに飾られていることになります.............(;_:).................


私としては、今回の件で改めて感じいったのは、ポルシェの走りへのトータルでのこだわりの凄さです.............

もちろん、バキュームポンプ一つとっても、他のスポーツカーメーカーでも、すでにやっているだろうし、もっと優れたこだわりもあるかもしれません...........

しかし、ついつい、やれPCCBだのPASMだの......新しい機能や技術ばかりに目が言ってしまって、そのカタログには、小さく書いてあるだけの、そのバキュームポンプ........説明すらない.........

しかし、ポルシェのブレーキシステムの一環として、地味ではあるが確実になくてはならない存在.........

こういう一つ一つの積み重ねが、あの絶大な制動能力に起因しているのだと...........

あらゆる資料をひっくり返してみましたが、雑誌の特集でエンジンを全バラしているページにも、触れられていない、この"機械式バキュームポンプ"............



その存在にかなり心が動きました.......(*^_^*)



今回の件は、走らせることばかりに夢中になってしまって、構造的な細かいことにすっかり目を向けなくなってしまった私の..........曇りかけていた目を少し覚まさせてくれました.............



いい経験をさせてもらいました.................



帰ってきたら、きちんとものを確認しながら、またいろいろと勉強しなくちゃ(*^_^*)
[PR]
by porschewbs | 2011-09-04 00:08 | ボクスタースパイダー | Comments(16)
Commented by Yo-he at 2011-09-04 00:22 x
大事に至らなくて良かったですね!

そして初めて知りました!!

最近のエコカーにはエンジン停止でも負圧を作るために電動のポンプがあるとは聞いたことがあったのですが。。。

さすがポルシェ。

エンジンの駆動ロスを作ってまで、
ブレーキを確実かつ強力に掛けることにこだわる。

そんな車に乗れていると思うとそれだけでも幸せになれますね。
Commented by carreragt980 at 2011-09-04 01:10 x
良かったですね、安心しました。
本日無事、相棒を迎えに行って来ました。
ほとんど雨に当らず帰還できました、残念ながら愛娘にシートを濡らされてしまいましたが。
お会い出来ず残念でしたが、来週晴れたら行きますか?
あれ、もしかしたら助手席ですかね?(失礼)
早く戻ってくると良いですね。
Commented by brother987 at 2011-09-04 07:36
おお~そこでしたか!
エンジン本体ではなくて良かったですね♪
ポルシェの走りを支えているのは、地味~な技術の集大成なのですね。
ポルシェ浪人の僕ですが、やっぱり早く復帰したいです~!

Commented by Fisher at 2011-09-04 07:46 x
大事ではなく 良かったですね
しかし 部品の破損具合からすると音も相当なもんだったんでしょうね。
>機械式バキュームポンプ
勉強になりました。
Commented by porschewbs at 2011-09-04 08:29
Yo-heさん おはようございます

エンジンがない車!EVとかは、逆に絶対にいるんでしょうね。ものによっては、電気信号で負圧を発生する装置もあるとか....。
逆に恐いですよね。それ(@_@;)
でも、単純にポルシェのブレーキはすごい!!
ではなくて、物事には理由があるということだと.....今回のことで、とても勉強になりました。どこまで行っても素人から抜け出せません(^_^;)
Commented by porschewbs at 2011-09-04 08:33
carreragt980さん おはようございます

あれから、行かれたんですか\(゜ロ\)(/ロ゜)/?良くご無事で(@_@;)
良かったです。今度走りましょう.....。
911で行きますが(^^♪

→愛娘にシートを濡らされてしまいましたが....という言い回しは、見る人が見ると勘違いしますので(*^。^*)気をつけてください!!!!(>_<)!!!!


よろしくです(*^^)v
Commented by porschewbs at 2011-09-04 08:35
brother987 さん おはようございます

ポルシェ浪人!!!
時間の問題でしょう?いつ来るんですか?
CACA-ZANさんのも含めてぜひ見に行きたいです(^^♪
お披露目お待ちしております(*^^)v
Commented by porschewbs at 2011-09-04 08:37
Fisherさん おはようございます

イヤ~(*^。^*)、いい音で
痺れました(^_^;)
なんせ、内容が解らないものですから....
ちょっと勉強しなおさなきゃいけないですね(^_^.)。反省です。
最近、お会いしていないので、また一緒に走りましょうね(^^♪
Commented by むろむろ at 2011-09-04 09:43 x
やはりエンジン本体ではありませんでしたね!

こんなこともありましたが車が帰ってきたらまた今まで通り踏みましょう!

オイラも頑張って踏んでいきます★~
Commented by kyutey at 2011-09-04 13:00
なるほど!
分かりやすい説明でフムフムと読み込んでいました。
ここまでくると本当に専門の人で無いと分からない事が
いっぱいありますよね。
早く部品が来て直るといいですね!
とても参考になりました。
Commented by okatatsu at 2011-09-04 17:38 x
良かったです(^^♪
パーツさえ来ちゃえばすぐに復活ですね!
でも、パーキュームポンプ。。。知りません。
おいらのにも付いているのかな???
Commented by porschewbs at 2011-09-04 21:03
むろむろさん こんばんは~

全然、大丈夫です(*^^)v。アッセンブリー交換なので、物さえそろえば、すぐに治ります。たぶん(^_^;)
治ったら、遊んでください(*^_^*)
Commented by porschewbs at 2011-09-04 21:04
kyuteyさん こんばんは~

さすがに、バキュームポンプの中を見るのは、サービスの方達も初めてだそうです。
みんなの経験値を増やす上でも、役に立てました(*^^)v
Commented by porschewbs at 2011-09-04 21:15
okatatsu kun こんばんは~

私も、恥ずかしながら、まったく考えていませんでした(^_^;)。
996は、たぶんタンデムポンプと呼ばれる中に内蔵されているようなことを言っていました。エンジンの図で見てみると同じか所ですね。私が見たのはカレラのエンジンですが(*^^)v
Commented by あかいはね at 2011-09-04 22:20 x
一安心です。よかったですね。
しかし、そうなるといつ直るかが気になりますね。
でも、代車がケイマンRだったりとか?
Commented by porschewbs at 2011-09-04 23:24
あかいはねさん こんばんは~

鋭いところを突いてきますね~(*^_^*)
とりあえず、ボクスタースパイダーが帰ってくるまで、他のポルシェで至福のカーライフを(*^^)v
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。