PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

クーラントブリッジライン........交換.........

先日、機械式バキュームポンプがいかれてしまって.................

ポルシェセンターにお泊りに行ってきた私のボクスタースパイダー...................


その際、私の口には出さない心の思いを詠むかのように、メカニックのOさんが徹底的に、他のところも含めて調べてくれていました.............


さすがだよ!Oさん!!  僕が女の子だったら、恋をしてるよ(*^。^*)!!!


そして、新たに見つかった “ あってはいけない噴火口 ”........(>_<)!!

b0192199_21312145.jpg


いわゆる “ アルミダイキャストにおける巣穴 ” だと思われます.........


アルミダイキャストは、その製造過程上、型の中にアルミをメインとした金属をとかしたものを流し込みます.....

そして、それが温度が下がって固まって行く過程の中で、形が複雑であればあるほど完全にその形を形成することが難しく、出来上がった製品の見えるところまた見えないところに“巣穴”ができるケースがあります.....

もちろん検査工程の中で、見つけられてはじかれるもの、また巣穴があっても性能上問題ないものなど、様々なケースで製品化されます...........

ポルシェは、足回りのパーツから補強材、エンジンパーツに至るまで多くのパーツにアルミダイキャストを使用しています.........

それは、軽量化のためや剛性のため、また量産化に伴うコスト低減のためと............



今回、私のボクスタースパイダーのパーツで問題になったのは、“クーラントブリッジライン”という、ロングライフクーラントがその内側を流れていくパーツです.............

クーラントですから、いわゆる冷却水です...............

パーツ自体の強度は別として、水が流れるわけですから、小さな巣穴があったとしたらそこを通って冷却水が漏れてしまいます............

それが、今回の問題です............

b0192199_9252515.jpg


上側が、問題のパーツで、下側が新たに取り寄せたパーツです..............



とりついていた場所は、エンジンの前方、真ん中部分です...........

位置的には、ちょうど、助手席の後ろ側でしょうか........................

b0192199_1641859.jpg



機械式バキュームポンプに続き、メーカークレームで対応していただいたので、問題はないのですが.................

この場所..............素人では、とても発見できません.....................


ミッドシップ系のポルシェに乗られている方は解ると思いますが、ボクスター系にせよケイマン系にせよ、ポルシェの作るこれらのミッドシップはエンジンルームへのアクセスが非常に困難です............

エンジンフードを開けて、こんにちは\(^o^)/!

とはいきません..................

幌を外したり、カバーを外したり、最後にはトルクスネジを外して金属のカバーをとってからご対面という........

エンジン様に会うためには非常に困難な道のりを越えていかなければなりません.............


ほとんどのミッドシップポルシェのオーナーの方は、エンジン様に会うとしても、年に一度の一年点検の時.......もしくは会ったこともないと...........そういう方もいると思います...........


そんなエンジン様に取り付いている “クーラントブリッジライン ”へのアクセス ..............


私のボクスタースパイダーでは、ここにおられます................

b0192199_10393266.jpg


単純に、ここから手を入れて.......とはいかないらしく..................

b0192199_1043146.jpg


結局は、エンジンマウントを外して、エンジンを下から支えて................

b0192199_1041577.jpg


ドライブベルトだのプーリーだの......................

その場所へアクセスするために、パーツ類を外して....................

b0192199_10424722.jpg


途中、アルミの削り出しのプーリーの美しさを写真に納めていただいたりして.............

b0192199_1046318.jpg


交換していただきました................


もちろん、ミッドシップポルシェでは絶対にいい加減にしてはいけないロングライフクーラントのエア抜きを長時間してもらい...............


問題のない状態で、受け取らせていただきました.................


今回の問題...................

私的には、とても感謝している出来事です.......................

私個人では、たぶん発見できていないことだっただろうし.....だからといって、たぶん、このまま乗っていても、致命的な損傷には至らなかったのではないかと思うからです.........

見た目は、結構目立つように見える噴火口.....さらにポルシェのロングライフクーラントはピンクなので、さらに目立ちます.........場所からいってもその微量なクーラントの漏れからいっても...........

このままスルーされても、おかしくないかなと..............


この点は、私のお世話になっているポルシェセンターの姿勢、私の車を見てくれているメカニックのOさんの車に接する時の真摯な態度の表れだと受け止めています.................


いろいろなメーカーの車を見ることによるいろいろな経験................

同じメーカーの車だけを見ることによる反復練習のような経験.............................

いろいろな経験はあれど、こういう細かい点を気づいてくれるのは、ディーラーならではかなと.........



それにしても、私の車は...............普通のポルシェでは、問題にならないところのパーツ交換ばかりだな(;一_一).................


納車の日に、 “燃料の圧力センサー” がダメで、家にたどり着けなかったあの時...........

カイエンなどで1年も前から装着されていたセンサー........

特に故障の原因としては聞いたことがないと............................

http://porschewbs.exblog.jp/13757702



芦ノ湖スカイラインで、息絶えた “機械式バキュームポンプ” ....................

直噴のエンジンには、全車装着されているが聞いたことがない破損だと..............

http://porschewbs.exblog.jp/16219726



そして、今回の “クーラントブリッジライン” .....................

あ・ま・り!!  聞かないらしい..................(^_^;)................


まあ、これらの他ではできない経験が、ポルシェセンターのメカニックの人達の経験値の底上げになるなら本望です(*^^)v............


それに......この作業も、結構大変だったと思います...............

Oさん!!お疲れ!!(*^^)v    いつもすみません(*^_^*)................




今を去ること1年半前.....................

ボクスタースパイダーが、あと一週間で納車という時に.............


うちの神さんに、塗装が済んだ内装パーツを見せながら.................

“ これ内装パーツなんだよ、綺麗に塗れてるだろ~(*^_^*)? ”と..........

“ 仕事の車の(・。・)? ”

“いや、ポルシェの(*^_^*)!”

“ ポルシェ買ったの(・。・)? ”

“ うん (*^_^*)!! ”

“ ..........大丈夫(・。・)? ”

“ 大丈夫!大丈夫(*^_^*)! ”

と........................




納車の日.........ポルシェセンターから神さんを隣に乗せて帰る途中.....................

“ あっ............駄目だ............これ駄目だ.........止まるわ(^_^;)............  ”

“ 大丈夫(・。・)?......... ”

“ 大丈夫、大丈夫(*^_^*) ”




機械式バキュームポンプが砕けて、神さんに電話で...............

“ 駄目だ........車止まった(^_^;).........ローダーで帰る(@_@;)................. ”

“ 大丈夫(・。・)............? ”

“ 大丈夫、大丈夫(@_@;).......... ”




ク―ラントブリッジラインの交換で.............

“ 車ちょっと、PCに預けてくるから(^^♪ ”

“ 大丈夫(・。・)??..........欠陥車なの(・。・)??........ ”

“ い~や!!当り車でしょう(*^^)v これだけ走って、駄目なパーツを全部交換してくれて、その都度調子見てくれるんだもの!!(*^_^*) 大当たりでしょう!最高\(^o^)/!!”


“ 最高なんだ(・。・)?........ ”


“ 最高だよ(*^^)v!  替わりなんて他にないもの(*^_^*) ”


“ ふ~ん.......^_^ ”


b0192199_2221397.jpg



本当に.................

......................最高なんだよ(*^_^*)

[PR]
by porschewbs | 2011-10-20 22:20 | ボクスタースパイダー | Comments(12)
Commented by あおい at 2011-10-20 22:25 x
てのかかる娘ほど可愛いのですよねぇ^^
小悪魔スパイダーちゃんww

それしても、なんて素敵な奥様!
Commented by あかいはね at 2011-10-21 00:33 x
wbsさんの個体にすべての欠陥パーツが組み込まれたおかげで、他のボクスターオーナーは安心して乗れるわけですね。トラブルを一身に背負っていただき、ありがとうございます(^_^;)
Commented by porschewbs at 2011-10-21 21:16
あおいさん こんばんは~

今回は、たまたまでしょう(^_^;)。前の986の時より、多少交換品が多いかなというところです(^^♪
でも、最高なんです(^^v
Commented by porschewbs at 2011-10-21 21:23
あかいはねさん こんばんは~

でしょ~(^_^;)。私が一身に背負っているような気がするでしょ?耐久試験です(^^♪
でも、羞恥プレーだけは、あかいはねさんの担当ですから(*^^)vこれからもよろしくお願いします。
Commented by cacazan-987 at 2011-10-21 21:44 x
僕のは大丈夫?

とりあえず、1月の車検はディーラーに出そうと思いますが、
ディーラーの車検代ってどんくらいですか?
Commented by porschewbs at 2011-10-21 22:14
cacazan-987さん こんばんは~

一度見積もりを取って、検討するといいですよ。でも、距離がほとんど出ていないので、そんなに高くないと思いますよ。必要のないことはしなくて大丈夫です。
そして、cacazanさんのボクスターは、壊れませんよ(^^♪。
私のは、やはりかなりハードに走りこんでますから(^_^;)
Commented by Kaz987 at 2011-10-22 00:36 x
wbsさん、
こんばんわ~
それにしても、すごいOさん!そんなところまで見つけるなんて・・・
更にそこの部品交換にそこまで手が必要なのも、それを丁寧にメンテしてくれるとこも、さすがです。
そしてそして素晴らしい神様ですね。うちだったらと思うと・・・
Commented by kyutey at 2011-10-22 01:09
いやぁ〜大変そうな作業ですね!
自分でやるのは嫌だなぁ〜(笑)
それにしても986と比べてやはり色々変わっていますね!
クーラントの色も986の頃は緑色だったと思いますが・・・
Commented by porschewbs at 2011-10-22 18:33
kaz987さん こんばんは~

私のボクスタースパイダーは、ワインディングをメインとして使用している個体なので.....。
しかも、常にレッドゾーンまで回して走っているので.......メカニックの方は、それを解った上で、そういう目で整備に取り組んでくれているので、私としては、非常に助かってます。
常に、そういう目線でコメントももらえるので、話していても楽しいです(^^♪
神様だけは大切にしないと、こういう車にはのれません(>_<)!!
Commented by porschewbs at 2011-10-22 18:35
kyuteyさん こんばんは~

この作業は、やりたくないですね(@_@;)
あ~早めにこの症状が出て良かった(^_^;)ホッとしてます。
でも、私のスパイダーもここら辺で落ち着くでしょう(*^^)v
Commented by ひでたけ at 2011-10-23 17:11 x
最高のスパイダーに最高のメカでうらやましいっすw
あと、上げ足とりのようですが、ダイキャストの場合は普通の鋳造とは異なって、
結構な圧力で高速で熔湯を圧入するので、その時に空気の巻きこみとかが起きるようですよ。
Commented by porschewbs at 2011-10-23 17:43
ひでたけさん こんにちは~

楽しく走らせてもらってます(^^♪
メカニック任せのメンテで(^_^.)

ダイキャストの世界も、鋳造(砂型)も鍛造も全部扱ってるので、そっちの世界はわかっているつもりです(^^♪。
ノートパソコンのマグネシウムのダイキャストなんか最悪でした(>_<)。
このブログは、車道楽ブログなので、実際にものを作る時だけ解りやすく書くつもりで書いてます。ものづくりの世界は、ノウハウがあるので、深すぎることは聞かれない限り書かないようにしています(*^^)。
素人の人に最低限想像できる範囲で言葉にしてますので、知ってる人には正確に言うと間違いにとれるところもあるかも知れませんね。
コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。