PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

チューンド 993 と 戦う .........




993のノーマルカレラを 3.8L にボアアップして、モーテックで制御する............

空冷最後の911..............

b0192199_932107.jpg
 




300馬力を優に超えるそのパワー..............

重量でボクスターSと同じくらいでしょうか.....................

短いホイールベースとその魅力的なリアビューが心を躍らせます...................



b0192199_2204615.jpg





この993をドライブする男は....................




いつもカレラGTを駆り..............

HAKONEを走るときのわたくしのパートナーのK氏です............


964RS 996GT3 997GT3RS と乗り継いだ過去を持ちながら、993には縁がなかったという.........


たまたま、見つけて買ってしまったと................



その余裕が羨ましい(^_^;)...................




ということで.................

いつもHAKONE走りの時、私のボクスタースパイダーに対して+300馬力のカレラGTと戦わされているわたくしは..........


今回、排気量の差はありますが、数値上同じようなパワーの993を相手に.........


ぶっちぎりの心意気で...........



 “ 天界 ” バトルです(^^♪................



なんたって................

わたくしには、 “ 天翔る龍の閃き ” ....................

PCCB があるんですもの(o ̄ー ̄o) ニヤリ..........

b0192199_2251274.jpg



俄然、 “ やる気モード ” で、夜明けのランデブーポイントに向かいます.............


少し遅れてきたK氏の993をバックミラー越しに確認しながら、一路80km先の “ 天界 ” を目指します............



暗黙の了解で.........それぞれのホームコースの人間が、先導を務めます........



以前、K氏の駆る991のカレラSのドライブに付き合ったことがありますが......


http://porschewbs.exblog.jp/18960242


ナビシートから見る流れる風景の動きに.............


“ ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ..........頭おかしすぎ............( ̄Д ̄;; ”

と......................

b0192199_22121733.jpg



もともと “ 911使い ” なK氏.................







カレラGTを駆る時の速いと言っても丁寧なドライブとは違う..................

b0192199_2219388.jpg


いろんな意味で、全てにおいて遠慮のないその走りは.........



走りそのもは........ 素晴らしい (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-.........................


普通の人から見ると........ 馬鹿らしい w( ̄▽ ̄;)wオオッ!!....................



911を踏んで曲げていくその技術の高さは、折り紙つきです......



私は、先頭を走るときは、いつもその速度域で走る車の動きをバックミラー越しに確認しながら踏んでいくのですが、K氏が後ろにいるときは、その戦闘的な鬼気迫る気迫もさることながら、後ろなど気にしなくても常に背後霊のようについてくるその気配で、前方に集中して走ることができるのでとても助かります.........




これもまた、いろいろな意味で...........

安心して、ドライビングに集中することができます............





私は、ずっと “ 峠人 ” (とうげびと) としてドライビング人生を歩んできました.........


いわゆる陽の当たらない道です..............


今よりもずっとチューニングという愚かな行為に理解がなかった時代に......闇に紛れて、ひたすら山の中を走っていたわけです.............



それに対してK氏は、陽のあたる走りの世界に出て......公の場で結果を出してきました......


ここでいう公の場とは、草レースレベルなどではない、そのもっと先の世界です..........




その時点で、私には持っていないものを彼は確実に持っているわけです...........



そして、そういうキャリアを持ちながらも、ストリートでもいまだに走りきる姿を見せてくれることに、とても感銘を受けてしまいます........




私には、峠を走り続ける強い意思とそれなりのバックボーンがありましたので、ここまで走り続けて来れたのですが.................



所詮、 “ 峠の走り屋 ” の域を出ていないわけで...........



私の走りは、彼の持つ “ サーキットでレースをすること ” に裏付けされた技術や経験値とは、まるで異なる.............


限られた世界だけの集約的な経験値が軸になっているわけです.......






それでも、ステアリングの扱い方一つとっても違うその正統派のスタイルに...............


ダークサイトで培った................

アウトローなドライブでどこまで戦えるかが............



その一点のみがとても重要な要素なわけで........

彼と走りあううえで最も大切な、私の楽しみの一つなわけです(^^♪.......




さらにストリートという、こっちサイトで戦うならば............


ここ一番のターニングポイントで、スプリントな勝負に出ることができるわけです(*^^)v.........




通常、ワインディングロードなど、走りなれていない道を走るときは、道を熟知している人間の後ろについて、その走りをトレースするという走り方が一番間違いがなく、負担が大きくありません..........


さらに、そこそこ同じレベルの人間が走る場合、後ろを走る時のプレッシャーは少なく、ブレーキポイントの目安にもなります..........


逆に、同じレベル、さらにより上のレベルのドライバーが後ろから来た時の先導車のプレッシャーは相当なものです(^_^;).............




それは、 “ 峠 ” を走る以上、誰もが経験したことのあることだと思いますが.......... 





ただし、例え同じレベル以上のドライバーが来たとしても、ホームコースにおいては、走りこんでいる分だけ、走りなれていない人に比べれば、遥かに優位な展開を作ることができるわけです...........


ストリートである以上、路面のアンジェレーション、ブラインドコーナー、局単にミューの低い路面........落石.....鹿との対面.........


決してセオリー通りにはいかない........


私の走っている “ 天界 ” のフルコースは27kmほどの長丁場ですが、その中に、ここ一番....という....... “ Separate Point ” をいくつか養っています..........


いわゆる “ 勝負所 ” です.................



私の車は、320馬力の非力なマシンですので.............

その場所は、もちろんダウンヒル時における “ Separate Point ” です..............


普通なら、絶対にそのスピードでそのコーナーはやばいだろう(>_<)!!.......... という風に見えるコーナーに自分の持てる最高のテンションで飛び込んでいき..........そこからの10個程のコーナーを全身全霊を込めて駆け抜けます...........



そして、それをやってのけるだけのそのゾーン限定の走り込みをします............



そのわずか、ピンポイントのセクションのために全神経を研ぎ澄まして、テンションを高めていき.......


レイトブレーキングからの飛び込みです.........







(*^_^*)................



ここまで書いてきて.................


こんなことをすらすらと文章に書いている私もどうかしている...............


と思ったりもするわけです( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ..........................




我ながらおバカ丸出しです......................


でも、しょうがない........




だって、僕たち..........とっても真剣なのだから (* v v)。 ハズカシ...................





だから、それで何を得られるのと?.........聞かれれば...........


求め続けてきたもの.................


とでも答えましょうか (*μ_μ)σ| モジモジ......................









話は戻って.......まだ語るのか(>_<)!!





ただし..................


そのゾーンを同じように飛び込んでこられたら、もう大変です.....(;^_^A アセアセ・・・






と.........................


いうようなポケットの中の スペシャルゾーン も用意できるのが、ホームコースの強みでしょうか..........




そんな思いを胸に..........


 “ ヒルクライム ” です...................



この993..............さすがにいい加速します...............

b0192199_22275659.jpg


さらにそれをドライブするK氏のアグレッシブな走りに.................

とても20年前のマシンとは思えない勢いを見せてくれます......................


さすがに、タイトコーナーの続くセクションでは、重量によるアドバンテージがこちら側にありますが、全体としての走りのリズムは素晴らしい...............


このコースは中低速メインのコーナーに、時折フルアクセルのストレート、プラスアップダウンに逆バンクと..............その変化に富んだコースレイアウトは、走りなれていても、ある領域を超えてくると息つく暇も与えてくれません....................


きちんとセッティングが出れば、横剛性が強く路面追従性のいい、マルチリンクを纏ったこのチューンド993は、最高の走りをしてくれるでしょう..........


ヒルクライム中盤..........ラスト10kmぐらいで、ちょっとおかしい993..............




そのまま、頂につき.........



ドアガラス越しに顔を合わせて......大笑いして.................


“ お腹いっぱい ( ̄Д ̄;;.................. ” と..........


“ でしょう~(^^♪ ? 久しぶりに本気で走りきるとタフでしょう?このコースは? HAKONE は、楽でしょう?(^^♪? ここと比べると? ”
  



“ もう、今日はいいかな ヾ(;´▽`A``アセアセ .......... って、なんか途中から、ランプ点きまくってたんだけど、大丈夫かな・・・(゚_゚i)タラー・・・ ?? ”



と話していると.............

RUF子ちゃん登場..........................

b0192199_2258036.jpg


“ 遅いだろう(^^♪???.......... 寝坊か? ”


“ (〃´o`)=3 フゥ........ 実は待ち伏せしていたんですよ.......... 目の前を嵐のような御一行が通り過ぎて行ったので、すぐに飛び出したんですけど、一台パスするのに手こずっていたら、もう追いつかなかった┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~...... 頭おかしい.......... ”



“ そうなの~? 緑色はミラー越しには見えなかったな~(^_^;) ”



と言ってるそばから、K氏が993のエンジンルームを開けると..........



白い煙が モワァ~ っと..................



モワァ~ っと ..........................



“ なんか、いい匂いがするな アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー ちょっと焦げた ( ̄_ ̄ i)タラー? ”


3人で覗いてみると..............

b0192199_2315917.jpg





“ (・_・)......ン?? ”


“ (・_・)......ン?? ”


“ ン~ ......... 最近の空冷は、ベルトがなくてもいいのか? (・_・)......ン? ” 



“ 964は? ................ ”


“ 私のはついてますよ (゚ペ) ”



“ (._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)アレ?...........................
   

..........................................................ですよね~  ┐(^-^;)┌ ”



“ おかしいな~ たしかついてたと思うんだけどな~ (・・*)。。oO(想像中) ”



“ なんか、残骸が........これは.........


ベルトの破片だな......(;一_一)....... ”








ということで........................................



この物語は............ “ お盆休み ” という、日本が全国的にお休みに入っている期間の出来事なのですが..........................




とりあえず、 “ いかがわしい海外旅行 ” から帰ってきてさらにどこかに遊びに行っているメカニックのOさんに電話攻撃です(>_<)!!!


休み中、申し訳ないと思いながらも.......心から申し訳ないと思いながらも.............


何の迷いもなくサクサク電話をかけます...............


留守電に........


すぐに折り返し電話が入ります\(^o^)/


“ Oちゃん!! こうこうこういう訳なんだけど!(;_:)! ......... ”


K氏とかわって、相談..................


全国的なお休みの中............Oさんは遠くに出掛けていて..............ポルシェセンターは、もちろんお休み......レッカー屋さんに預かってもらうわけにもいかず............


結果的には、私の会社まで運んでもらい..........休み明けにポルシェセンターに持ち込むことに..........




この時点で、周到に準備してきた............

ダウンヒルにおける私の “ ぎゃふんと言わせたい野望 ” は遠のき..........



レッカーが来るまで、お茶をしながら車談義になったわけです^_^;...............

b0192199_2213126.jpg





修理が終わったら、この場所に納車してもらおう!





“ ダウンヒル ” は...............




仕切り直しだな ( ̄∇+ ̄)vキラーン...............


b0192199_22185857.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-08-27 22:32 | ポルシェ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。