PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

真紅のボクスタースパイダーで.........






RUFE 3400K のタイヤ交換が終わったというので、車検が近づいた真紅のボクスタースパイダーで引き取りに................



私の車ではありませんが^_^;.........



せっかくなので、撮影しながら...............




さらに、飛ばさせていただいて(^^♪...............



最近、お気に入りの撮影ポイントで............................

b0192199_22503167.jpg





赤いいなー(*^_^*)................


こうしてあらためてみると、真っ赤なポルシェの醸し出す雰囲気の艶のあること.........


真っ赤なポルシェは好き嫌いがはっきりしていますが、わたくしは結構好きだったりします(^^♪.......

b0192199_9511965.jpg


さらに山口百恵世代は、もっと好きなことでしょう(*^_^*)...........
 

“ 緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ~♪ ”

という幼いころに聴いたフレーズは、十数年たった今でも耳から離れません..........

b0192199_9455455.jpg




スーパーカーブームのなかで育ったわたくしの中で、鮮明に思い出されるシーンの一つに、米軍の横田基地の前に停車していた金色のホイールを履いた真っ赤なポルシェがあります........

いわゆる934と呼ばれる911で............

今となっては、それが本物なのか934ルックなのかは、わかりませんが、そのただならぬ雰囲気に、子供ながらに視線が釘付けになってしまったことを覚えています.............


当時は、憧れとしての対象だったメーカーの車に、恵まれた環境のおかげでいろいろと乗ることができるのは、幸せの極みです...........



さらに、現代においては、ポルシェの中の空冷にしろ水冷にしろ、さらにはRRもミッドシップもあるという選択肢の中で好きなものを選べるというのは、“ 至福の迷走 ” にはまり込んでしまいます.........



同じボクスタースパイダーであっても、対照的な色合いがもたらす印象はまったく違ってしまうので、この 真紅のボクスタースパイダー の魅力もたまらないものがあります..........

b0192199_7392099.jpg




さらに、このボディが 真っ赤 というだけで、高速道路の追い越し車線が走りやすいこと走りやすいこと.....



高速道路をよく使うので、最近特に感じることですが、某ハイブリッド車が増えてからというもの、ゆっくりと追い越し車線を走る某ハイブリッド車の多いこと多いこと......


先日も大阪からの帰りに暇につけて数えてみたら、100台以上の某ハイブリッド車を追い抜いていました.....


マイペースで走りたいなら、走行車線を走ればいいのにな~と思いながら、左に出てかわすわけですが、そういった車も 真っ赤 なポルシェで走っていると、ほとんど走行車線に移ってくれるという......


真っ赤なスポーツカー効果 凄いです(^_^;)............




このボクスタースパイダー............


ビルシュタインの一番高い車高調が奢られています.................


ポルシェセンターの変態メカニックのOさんが、アライメントフェチのプライドをかけてセッティングしたこの足回り..............


悪くはないのですが、スパイダーの走りの方向性とは少し違ってしまっています.........


角が取れて丸くなったような味付け......シャープさが売りのスパイダーの性格を丸くしてどうする(;一_一)............と、いった感じで...........


ストラットでは剛性が上がるといわれている倒立式...........


ストリートでそれが体感できる人はそれほどいないのでは?と思います..........


さらに、スプリングと減衰力の調整も、吊るしで販売している状態は、ストリート用としてメーカーも出していると思いますが、このキットが純正の足回りよりもはるかにいいかというと.........

???です...........

b0192199_18152996.jpg





過去にさんざん、車高調のセッティングを試してきましたが、ボクスタースパイダーの足回りは、純正の出来が素晴らしく.........走りやすいです..........そう思います..........


まあ、この車高調はボクスター、ケイマン用ということで販売されているので、それよりも少しハードな方向のボクスタースパイダー向けにするならば、オーバーホールして減衰力の設定を伸び側も縮み側も特に伸び側を変更して、様子を見てスプリングも変更するかどうかというところでしょうか.......

しかし、そこまでお金をかけるなら、わたくしはノーマルダンパーを2セット買っておきます(^^♪......


いろいろ試して、自分の気に入った状態にする労力とコストを考えるとポルシェが造った専用足回りのほうがずっといいですし、さんざんやって自分がいいと思っていても、何かの拍子にノーマルと交換した時に、こっちの方がトータルでいいんじゃない(;一_一)??

ということが過去に何度もあったからです(^_^;)....


特にストリートのセッティングは難しい........


素人の手には負えません(;O;)..................




ボクスタースパイダーにおいては、ポルシェがエアコンまでもオプション設定とし、軽量化を最大の武器として走りを極めた.........

サーキットではなくストリートに的を絞ったスペシャルです........



足回りの味付けに関しては絶妙です..........



私のボクスタースパイダーは、すでに2セット目のダンパーに交換してありますが、交換した時のその距離におけるヤレ感や減衰力の低下からくる、挙動の変化も体で覚えています.........


私のようなワインディングオンリーで、6000kmごとにタイヤを交換をするような走り方で、どのぐらい持つものなのかも記憶の中に叩きこまれている感覚で語るならば、それよりも複雑にできていて、なおかつ減衰力調整式、賞味期限は減衰力固定式ストラットに遠く及ばない車高調は、やはり無用の長物かなと...........


また、ノーマルアッパーマウントをそのまま使っているのですが、低速でステアリングを深く切った時の、おそらくノーマルアッパーマウント部のよじれなのか、しなくてもいい異音が出るのも気になってしまいます.....



ジャッキアップした時は雰囲気があって、無茶苦茶カッコいいのですが(^_^;).................



高速域を走らせているときはそれほどの不満もなく、路面追従性も優れています..........


しかし、つづら折りのコーナーでステアリングさばきをこなすときなどは、ノーマルの足回りのほうが、ずっと俊敏に答えてくれます..........



まあ、それもこれも、比べることで理解できてきたことばかりなのですが.............



走りの世界は、ステージごとでまったく違う文化があります...............


同じステージにおいても足回り一つで、これほど車の印象が変わるのは.........そして、走らせ方も変えなければいけないのは、とても奥深く面白いことです............



これだから、この愚かな行為はやめられない(^^♪................


いまだ、道半ばです................


b0192199_18282955.jpg

[PR]
by porschewbs | 2014-01-28 18:38 | ポルシェ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。