PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

リセット ......











120cm水槽をそろそろリセットしようかと.....................



b0192199_18004515.jpg

アクアリウムについて、ずぶの素人から始めた割にはそれなりに綺麗に仕上がって............



わたくしのオフィスを訪れる方々からはとても好評を博していた120cm水槽.......








当初、熱帯魚をやるにあたって..........



淡水なのか海水なのか..........


古代魚などの大型魚なのか、小魚なのか.............


ワンメイクで仕上げるのか、いろいろな種類を混泳させるのか..........

などなど.................





なんといっても、その世界の常識を何一つ知らずして踏み込んでしまったので、あらゆる情報を自分なりに集めながら......



それでも、確信めいた根拠のない自信を持って(^_^;)................





よくばりなわたくしは..................





青々と茂る美しい水草と輝く水の中を..................


華麗に泳ぐ赤や黄色の熱帯魚(^^♪..................





というシチュエーションを絶対的に心の中に浮かべていて...................





熱帯魚だけならば、それほど手間も難しさもないのでしょうが、 ‶ 青々と茂る美しい水草 ” という事柄が調べれば調べるほど、それなりのものを揃えていかなければならないという...............


そして、それなりの知識とそれなりの手間暇をかけていかなければならないことだと..............




さらに、いつだれが見ても癒されるような美しさを保っていなければ気がすまないと................





振り返れば、120cm水槽を立ちあげてから二年半近くも過ぎていて...............



よくも、毎日お手入れを欠かさずしてきたものだと........


わたくしったら、本当に真面目な(^^♪..................







6月の時点ではとても綺麗に繁茂していた水草たち.................


b0192199_18202983.jpg

ここにきて、グリーンロタラなどの葉の歪曲化が進み、ソイル中に含まれる栄養がだいぶ失われてきたように感じます..........


b0192199_18285631.jpg


わたくしの水槽は二酸化炭素も随時加えてあり、光も蛍光灯6本という比較的多めの光量で育てています.............


夏場は、透明な遮熱シートと透明なブルーフィルムをアクリル板に挟んで熱を遮ったりしていますが、二酸化炭素と光のバランスで、水草の生育も健やかで................


欠かさず剪定を行わないと、水槽が水草でいっぱいになってしまいます...............



当初は、様子を見ながら少しずつ水草の種類や量を増やしたりして、調整していましたが、時と共に、変化を求めて、最終的に水草の範囲がとても多くなってしまいました................



水草のレイアウトや木の立て方、石の場所やソイルの色、デザインなど.................



水槽を立ちあげていくという行為は、その水槽の中の世界をすべて自分の好みに仕上げ、育っていく水草たちの姿を想像しながら、最終的に水の中の風景をこういう形にしてみようと..............


それらを想像しながらレイアウトを決めていく行為です................



もちろん、水草によっては、うまく育たなかったり..........


濾過バクテリアの働きや水との相性が悪くて、水槽の世界が安定するまでに時間がかかってしまったりと........




一朝一夕にはいきません..........




今回は、前回と違い経験値が増えたので、水草の種類などの育てやすさ、増える速度、量などが想像ができるので、比較的、安易に構えています...............




しかし、ソイル選びからしてもなかなか難しく...............



前回使用したADA のアマゾニア系でいくのか、最近流行の吸着系のソイル、ペーハー安定系のソイルで行くのかと.......



はじめの一歩からして、迷いどころは満載です(^_^;)...............





さらに、選んだソイルによっては、水質が偏る(軟水・硬水、酸性・アルカリ性など)ケースが多いので、水草によっては全滅しかねません..........


これも、やってみなければわからないので...................


そこがまた面白いところなのですが.........




いずれにせよ、現在使用している外部フィルターをそのまま使用して始めることと、水草なども、今のものをカットして植えていってみようと..................


b0192199_13572151.jpg


そうすることによって、濾過バクテリアがある状態から.........そして少しでも増やせることができ、しいては、早期の水質の安定化を図っていくことができます...............



b0192199_13574179.jpg



水質の安定化が早く進めば、それだけ熱帯魚の投入も早められ、避けては通れない苔の発生を最低限に抑えられるからです..........




水槽という小宇宙を創造していくうえで、その世界の生態系に一番大切なのが濾過バクテリアで、彼らは水槽立ち上げ時は存在していません..............だんだんと湧いていくように増えていくのですが、濾過バクテリアの中にもいろんな種類がいて、魚などの排せつ物のアンモニアを亜硝酸塩に変えてくれるものや亜硝酸塩を硝酸塩に変えてくれるものなどがいます。これらが増えて安定することによって、生物濾過が完成します............


アンモニアや亜硝酸塩は特に生物にとって毒性が強く、これらを分解してくれる微生物がいなければ、熱帯魚たちは生きていくことができません..........




さらに、最終的には、亜硝酸塩をチッソに還元してくれる微生物などまではびこってくれれば、自然の川と同じような生態系が出来上がるのですが、そこは、閉ざされた水槽の中の事.............


水質が安定したとしても、どちらかというと毒性は弱いのですが、硝酸塩過多に陥りやすいのがクローズドされた水槽で..........



そのために二週間に一度ぐらいは1/3ほどの水を入れ替える必要があります...........



私は、250Lも入る120cm水槽を設置するに当たり、まずはその重量に耐えられるようなフレームを作成し、それらの管理がやりやすいように、水がすぐに捨てられるように壁に排水のためのパイプを通したり、水が投入しやすいように、同じ温度にした水を蓄える水槽をフレーム内に設置したり.........さらには、水道水では塩素が入っているためにカルキ抜きを行わなくてはならないので、地下水を投入したりと(地下水の水質によっては、熱帯魚が死滅してしまう場合もあります)..........


水槽内のレイアウトも、万人の人の観賞に耐えうる美しさを維持するために掃除しやすいレイアウトにしたりと............






物事は、作り上げることよりも、その状態を試行錯誤をしながら、いかに自分が考えるベストな状態に持っていくか.........



そしてその完成されたものをいかに維持し続けていくかが大切なことだと思っています................





それは、人間関係においても仕事も車も走りも..............



すべて同じです............







お金にものを言わせて買ったものも、維持や大切にする行為を怠ると、全てが価値のないものになってしまいます.........



人の感情が関与する事柄などは  是非に非ず  です.........






アクアリウムのみに集中するならば、水質検査キットなどを揃えればいいのですが、わたくしの場合は、そこまではしていません.............



熱帯魚がすぐに死なない程度の水質が維持できれば、安定させることができれば、あとは自然に任せた方がいいと思っています.....



基本に忠実な立ち上げ手法に、最初だけ様子を見ながら少しずつ慣らしていく...........


後は感覚で判断しています..........


生物が死なずに、苔が発生しないようになれば、それでバランスが取れてきていると思っているからです.........


そして、そのぐらいの感覚がわたくしがアクアリウムに割ける時間の範疇だからです............





さらに今回は、前回の経験値があるので特に迷う必要もありませんが.................








どんな事柄でもそうですが、わたくしの場合、基本的に人に習うとか師事することはあまりありません.................





必要な情報、信頼できる情報を集めて、一から全て自分で取り組んでいき、ものにしていく...............


そういうことをとても大切にしています..............



例え、どんなに時間がかかろうと、時に失敗をしようと、自分で体験してきたことは全て積みあがっていくからです.........



さらに、わからないことに取り組んでいくということは、全ての事に意味のあることに気づくことができるからです........



あらゆることは、小さな条件が一つ変われば、全て違う結果になります...............




ドライビングにせよ、ゴルフのスイング一つとっても、同じやり方が全て正しいとは限りません.........



誰かにものを教える時や話しをする時でも、相手によって教え方や内容をどこまで理解させるか、どこまで話をするか、どう話すかはその時によってみんな違います..............






いろいろなことに興味を持ち様々なことに手を出しますが、そのスタイルが変わることはありません.........









何かをやるときにまず習いに行ったり、資格を取ったり............



そういうことに熱心な人も世の中にはたくさんいますが、人に習うことや教えてもらうことばかりに慣れてしまうと、何か新しいことを始めるときの 大切な 1 を自分では作り出せない人間になってしまいます..................



できない理由を当然というような顔つきで、 知らない 聞いてない 教えてもらってない という言葉で返すことしかできない 足りない人間 と化してしまう場合があります......




安易な方法ほど、物事の真髄から外れていることもたくさんあり......




物事が洗練されるということは、洗練されたものを受け入れるのではなく、自らが無駄をそぎ落とし、その必要性を理解し、そして残ったものこそが洗練されたものになるのだと...............



そう思っています..............





話がだいぶそれましたが、前回の経験を生かして、美しいと思えるアクアリウムを創造していければ今回も楽しみながらできるかなと...............








美しいと思えるもの..............






人は美しいものを眺めていると幸せな気持ちになれます...................




全ての美しさは、それを眺める人の瞳の中にあります............




ひとりでも多くの人が、その水槽を眺めて  美しい  と思える水槽を造ることができればいいかなと(^^♪..............






そう思っています....................






さて....................



やり直してみよう...........................




b0192199_14120468.jpg





























[PR]
by porschewbs | 2014-10-21 21:25 | アクアリウム | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。