PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

リセット Ⅱ  ............










120cm 水槽のリセット.............................




前回、立ち上げた時でもレイアウトにはそうとうこだわり..............



こだわり過ぎた感もあったのですが............




アクアリウムというものはソイルの量や水草の繁茂状態によって、景観はリアルタイムで変化していき..........



その変化自体は見ていてとても楽しいのですが、初めてレイアウト構成を考えた時というのは、止まった時間の中でしかアクアリウムの姿をとらえることができず........



水草という生き物が、目に見えるよう形で刻々と姿を変え成長していき........



そして、その成長速度は種類や大きさもまちまちで、それらすべてのバランスを考えて、植栽し、手入れを行っていかなければならないのだと...........




セッティングしてあとはおまかせ.......という風にはいきません..........



立ち上げ当初のイメージとリセット前のイメージは、かなりかけ離れてしまいました.........




ビジュアル的には、そこそこ綺麗に落ち着いたのでよかったのですが...........






インターネットにあふれる賞などを撮ったアクアリウムの写真や車のかっこいい写真などもそうですが、一番いい時期、一番上手に撮れた写真を載せているわけで................



ドラマや映画などの寝起きの女優さんが化粧をしているのと同じで、そんなことありえないでしょう!!ということを求めてもしょうがありません(^^;)/................







今回は、立ち上げ時から水草たちが繁茂していく過程で水槽内の水景がどう変わっていくか...............



そして、どこで落ち着かせていくか.............



また、メンテナンスのことも考慮して、水槽内の掃除のしやすさなども考えてレイアウト構成を練ります........






アクアリウムは...................



イメージを作り上げていくときが一番楽しく...............



そして、迷う時でもあります............






水槽を模った白い紙に.........


走り書きで、レイアウトや植える水草の名前を構図の中に書き込む作業を何度もやります.......





森林風......草原風........亜熱帯風............などなど(^^♪..................




さらに、水草たちも背が伸びるものを後ろに.......底を這うように広がるものは前にと...........



そして色合いのバランスをどうとるかなど............





前回、初めてアクアリウムに取り組んだときは、できる限り鮮やかなグリーンでと考えていましたが..........




いろいろな水草に接しているうちに赤やオレンジを差し色で入れていくことによる美しさに気付いてしまい(^^;).......




熱帯魚を中心とするならば、背景の色は統一した方がいいのですが.......




どんなことも始めてしまうと、あれもこれもと............






しかしながら、




デザイン という観念がそうですが、常にやり過ぎてはいけないと...............




何かを作り上げていくとき、難しいことでも、高等なテクニックうを使うことは.......できるけどあえてやらない、しない、使わない..........



という...................




いかにシンプルで行くか.........高等テクニックや技術力に至る過程のノウハウは存分に反映させるが、見せつけるようなことはしない......



いかに無駄をそぎ落としていくかが、最も大切なこと だと..............





それでもついついやってしまいますが(^^;)................



欲張りなので(^^;).............











そして、 リセット  ..........................






今回は、水槽自体も新しい物 ........ ブランド物に......................



b0192199_10161055.jpg


前回の水槽も新品でしたが、激安セールで、¥12000円でした(^^;).............


120cm水槽が ¥12000円ならいっそのことやっちゃいましょう!、というきっかけのもとに大型水槽に取り組んだわけですが、今回は、長く続ける自身も経験値も確認できたので、よりクリア度、歪みの少ない国産メーカー品に.........


この水槽自体は、海外生産品ですが、KOTOBUKI という会社自体が歴史と信頼性のある国産メーカーなので、迷わず.......



b0192199_10161567.jpg


さらに、流通価格もリーズナブル...........



本当は、2000cm ぐらいの水槽でやりたいのですが、すべてのものがそうですが、標準サイズ、ベーシックものが、品質もコストも一番よく安定しています.................



標準サイズの一番大きなものが 1200mm×450mm×450mm というサイズなので、どうしてもこれが基準になります.......




さて..............



今回のレイアウト................



わたくしの120cm水槽は、水槽を設置する台枠から完全にワンオフで作りましたので.........



さらに、水槽全面と面一になるようにパネルをはめ込むタイプにしたので、アクアリウムは基本的に正面からのみの鑑賞ということになります......
 



それを前提にいろいろと考えていくと、水草の種類や色あいは多少変えますが、散々妄想を膨らましたにも関わらず、基本的には初期モデルと似たような形になってしまいました.......




芸がないですね~(^^;)................



まあ、どちらかというと不特定多数の人たちを対象とした見せるアクアリウムなので、万人受けする感じに落ち着いてしまいます(^^♪....................



間違っても肉食魚はないですね(^^;)...............




b0192199_10162570.jpg



石組は、どちらかというとソイルを止めたり崩れたりするのを防止するためのものです..........



さらに、水草が覆い茂れば、ほとんど目につかなくなってしまうのではないかと.......




初期モデルは、メインにシンボルツリーを植えましたが、今回は周りと同じ直立系のシンボルツリーを...........



これはこれで、なかなか素敵な雰囲気を醸し出しています............





前回の立ち上げ時に湖や渓流で拾ってきた流木や石が山ほど備蓄してあるので、足りないものはありません(^^♪.....




一気にソイルを敷き詰めます.....................


b0192199_10593713.jpg


ソイルも、いろいろ調べましたが、ここはやはり実績から ADAのアマゾニア を主体にします............


栄養系ソイルの定番です.............



使い方や立ち上げ時間等々......ネット上でいろんなことを書いている人はいますが、水草を長く美しく保つことを前提にすれば抜群の能力を持っています...........



今回は、若干の パワーサンド も下に敷いて、その上に アマゾニア ................


そして、センターにアフリカーナ ............



これは、わたくしが アフリカーナ の色合いが好きというだけの選択です...............



アマゾニアの黒い水底の雰囲気が好みであれば、アフリカーナを入れるメリットはありません...............





とりあえず、熱帯魚たちを隣の予備水槽にみんな非難させて.................



b0192199_10594224.jpg




ソイルが舞い上がらないように新聞紙をダンパーにしてゆっくりと水を張ります............


この時点で、植えられる水草はあらかじめ植えていきます.............



b0192199_11235988.jpg



栄養系のソイルは、立ち上げ時に凝縮された余分な栄養分が水中に溶出されるので、立ち上げ初期2週間ぐらいの毎日の換水が、後々のコケの発生等を抑えるうえで肝となります........


私の場合は、管理のいい熱帯魚ショップ等の装飾用の水槽などの管理の仕方も聞いたりしているので、立ち上げ当日と、翌日は、水を入れっぱなし、排水しっぱなしで回してしまいます...........


良質な地下水を使っていることによるなせる業ですが、なるべくそこで余分な栄養分を出し切って、その後二週間は、毎日半分の換水をします...........


それが終わってからは、通常の換水パターンでいきます................





今回、植えていった水草たちは、ニューパールグラス、 グロッソスティグマ、 グリーンロタラ、 オレンジミリオフィラム、 アヌビアス・ナナ、 アヌビアス・ナナ ゴールデン、アヌビアス・ナナ ミニ、 ウォーターバコパ、 ルドウィジア ペネルンシス、 ウォーターカーナミン、 ロタラ ロトンディフォリア コロラタ クリプトコリネ ウェンディ グリーン、 クリプトコリネ・パルバ 

などです...................







二週間後には、水草の成長も軌道に乗って.....................



様子を見ながら随時、予備水槽から避難させていた熱帯魚を移していきます.............



なるべく生体的に強いものから移していき、少しずつ熱帯魚の数を増やしていきます.................


新規水槽の立ち上げ時の水質に生体がついていけない場合、亡くなってしまう場合があるからです............



それでも、今回は前回の水槽から使用している外部フィルターをそのまま使いまわしているので、その中に住んでいる微生物が一生懸命働いてくれているようで..........


なかなか、頑張ってくれているようです.................



b0192199_16112877.jpg


流木や石にコケがいい感じでついてしまっていますが、これもやがて、対コケ要員たちが食べつくしてくれることでしょう...............







一か月後には、全景としてはほぼいい感じに................




b0192199_16140668.jpg


この写真はブルーフィルムを蛍光灯と水槽の間に挟んであるので、幾分ブルーがかっていますが、水草たちの繁殖力はすさまじいものがあります(^^;)................







種類によっては、予想以上に成長の早い種類もあり..........





バランスのとり方が難しいところもありますが、そこは剪定作業をまめにやって、素敵なアクアリウムを完成させたいと思います......




流木や石だけにもとどまらず、種類的に生育の遅い水草にも苔が付き始めているので、生物兵器を大量投入です........



なんだかんだで、ヤマトヌマエビがコケ対策では最強なので、彼らに任せて................



後は、すべてのバランスが取れてくるのを待つだけです(^^♪...........










リセット ......

http://porschewbs.exblog.jp/23554767/



























[PR]
by porschewbs | 2014-11-28 21:18 | アクアリウム | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。