PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

J.S Bach ......







ここのところずっとはまっている クラッシック ...........


J.S Bach 無伴奏組曲チェロ組曲第2番二短調BWV1008 ~ By YO-YO MA



お友達のところでコーヒーを戴いた時にバックミュージックで流れていた曲で...............




もっぱら眠る前に聴いているということなのだけれども、わたくし的には以前から欲しかった音域と音色で..........


その場でCDを拝借してきて..........




HDDに落としこんで...........






この音楽.........

ビジネスモデルの日本車の中で高速道路をゆっくりと流しながら聴いているとたまらなく優雅な気持ちにさせてくれたりします...........

私は、ワインディングを走るためにポルシェというメーカーの車を好んで走らせていますが、日本の道路をパッセンジャー優先で走る場合は、断然日本車を選びます.......

ある一定以上の高価な日本メーカーの車の室内におけるビックリするくらいの静けさや......

良くも悪くもドライバーよりも乗せる人向けの足のセッティングなど....

それはそれで一つの文化だと思いますし、それらを好む人たちの方が圧倒的に多いことも選択の要因の一つです....



わたくしの車は、高速走行(超高速走行(^_^;))で安定化を図るために足回りをやや走り向けに振っていますが、それでも32段階調整のセッティングは、もっぱら乗り心地優先方向です..........


一昔前の日本車におけるカーステレオの音質は、とても聴けたものではないようなチープな音でしたので、その手の車には、平気で¥50万~¥100万ぐらいのお金をつぎ込んで音作りをしたこともありましたが...........


今の高級車に.....さらにオプション設定されているようなステレオ関係の音質の良さは、よっぽど専門的な知識を持ってそれなりのお金をつぎこまなければ、音場を含めたバランスを超えることはできません......


私のビジネスモデルの車についているメーカーオプションのオーディオシステムは 5.1サラウンドが再生可能で、18個もスピーカーがついているのですが、なかなか...............

バカにできるどころか、これ以上はいらないよな(^_^;)と.........


もともと、音場もノイズも....走っている車の中というのは、音響性能を追求するには、無理がある空間で..............


その中において、これだけの性能をきちんと出しているのはたいしたものだなと.....



単品でいい音を出すスピーカーは当たり前のようにたくさんありますが、世の中すべての事において大切なことは バランス で.....



この純正メーカーオプションで ¥70万円 ほどするシアターサウンドシステムは、音響メーカーのそれなりの人たちがこの空間の中で真剣に音を捉えながら音場を創り上げた代物なので、それはそれで、とてもいいものだと思います.....



純正品というのは、コストはそれなりに絞られてしまうのはしょうがないところなのですが、ここまでのものならば必要にして十分過ぎる音質です....



これらのシステムをバックボーンとして聴く音楽........



夜の首都高や海を眺めながらの高速道路を滑るように流しながら聴くこの音楽の優雅さは、350年の時を超えても心の琴線に触れるものがあります.............



先日交換したばかりの ブリジストンのレグノブランドのタイヤのしっとりとした走りもそれらをさらに助長するところもありますが....



普段、聴き流すような音楽を聴くときもあれば....


こういクラッシックをあえてゆっくりと聴いていると、自然と心の中に染みわたっていくようなところが我々の中にはそういうDNAが形作られているのかなと.........


バッハは、昔シンセサイザーに興味を持っていた時に、そのパイプオルガンの曲に触発されて、その音色に近い音を創って1曲だけオリジナルの曲を完成させて、ひたすら弾いていた時期がありまた.........


今となっては、自分で作ったその曲も.....サビの部分しか思い出せませんが.....




幼いころにバックにクラッシックが流れていた家庭環境もありますが......



何気にモーツァルトやショパンなど......


それぞれ好きな曲もあり...........


‶ 別れの曲 ” をバックミュージックに 夜中の峠を走りまくっていた時もあったくらいで..........





 
クラッシック の曲の中には、 ‶ 秩序 ” というものがあり...................



最近特に、 その ‶ 秩序 ” に強く惹かれることがあります.....





形ばかりの 自由 を求めたり、怒りにまかせてガスペダルを踏むことも経験してきたわたくしですが、物事の成り立ちには、全て秩序があり、そういうことの大切さに気付いてくると、これらの音楽の心地よさにも気づくものなのかと........



まあ、そういうわたくしは、周りから見ると ‶ 無秩序 ” の典型だと言われそうですが(^_^;)............



必ずしも、一見した外見と内面は同じような性質のものではないと........






そして、何よりわたくしのワインディングロードの ‶ ダウンヒル ” 時のテーマ曲は...............



BEST CLASSIC 100 TRANCE  だったりします(^^♪..............


b0192199_21474874.jpg


このCDは、クラッシクの有名どころの曲を トランス調やユーロビート調で演奏されている珍しいもので.......


月光 や 英雄、 ノクターン、 G線上のアリア、 ジュピター などがノリノリのビートで奏でられています.....



飽きのこないそれらの曲をノリのいいビートで刻まれると.................



それはもう..........







特に気にいった曲をリピートして構築された走りのリズムは...............



最高の瞬間を味あわせてくれます(^^♪..................























[PR]
by porschewbs | 2016-04-26 21:50 | My Favorite | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。