PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

疾風 ウイニング・ラン .......








b0192199_17291588.jpg





23年前に出版された  寺本浩之 氏の自伝 .................


F1 における マクラーレン・ホンダ の 黄金期 を支えた、サスペンションの魔術師と呼ばれた 寺本氏 .....







我々の時代の........... F1青春時代 の象徴......



アイルトン・セナ と アラン・プロスト の時代にその足回りの全てに関わった男の リアルストーリー です......




我々の世代は、彼らのリアルなレースシーンを画面を通してですがまんま観ることができ、そしてまさに衝撃の最後のシーンまで観てしまったので.....


そして、それ以降 F1観戦 から離れてしまったわたくしなどにとっては、F1 と言えば、セナ・プロスト...1980年代後半から90年代初頭のマクラーレンホンダ時代が全てになります...........




今となっては、 アラン・プロスト のプロフェッショナルな戦い方や生き方も十分に理解できますし、セナがいなくなってから後に出版された様々な書物も読む機会もありましたので、あの世界の想像もできない複雑な人間関係や巨額なお金の動き方など....単純に外から観ているものとは全く違うビジネスの世界が絡まった世界観も織り込みながらの考え方もできますが......



そういうことを抜きにしても世界の並み居るトップレベルのレーシングドライバーが集まるあの世界で、本当にぶっちぎりの....


同じマシーンに乗っているあの アラン・プロスト さえも追従できないほどのぶっちぎりの速さを見せつける アイルトン・セナ の煌きは、それこそがぶっちぎりでした....




当時破竹の勢いの ホンダパワー を誇る マクラーレン に移籍した時のあの走りは、鮮烈でした...



最初から最後まで踏みっぱなし.....



勝ちが解っていても、最後まで全開............



あの姿勢は、観ている方からすると心を鷲掴みにされるほどの輝きに満ちていました....



その当時の彼らの様子を、当時のメカニックの立場でピットの中から ダンパー屋 として、当時 SHOWA に所属していた....


寺本氏が、その視線で当時の彼ら様子や F1 の世界観を書いている本です........


物書きでない粗削りな表現がまたいい.............



b0192199_17292271.jpg


いろいろな視点で面白いこの本は、読み始めて、一瞬であの頃のドキドキ感を蘇らせてくれます.....



仲間と集まって、F1 を観た後にそのまま、走りに行くという......そして、その時のバックミュージックは、いつも スクエア の TRUTH であったり ロビン・サンダー の in this country であったりと......




この何十年も前に出版された本を、前触れもなく Amazon便で わたくしに送りつけてきたのは、 エージェント・ルーフ ちゃんで.....





紛れも無く、その 寺本氏 が携わった テラモトダンパー Fine attitude を入れているのが、この CR0 で.................





b0192199_22562140.jpg





この物語を読んでしまうと、さらにその良さがわかってしまうわけで(^_^;)...........



いいわけだよな(^^♪......



と....二人で納得してしまうわけです.................
































[PR]
by porschewbs | 2016-08-17 23:03 | My Favorite | Comments(2)
Commented at 2016-12-19 18:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by porschewbs at 2016-12-19 21:09
鍵コメさん こんばんは~

そうでしたか~。よかったですね!話は聞いていましたが、タイミングがよくて
良かったですね。993は、いまなかなか出物もないですし(^^♪!
PCCBは、おかげさまで、バッチリ仕上げさせていただきました。
ありがとうございます。どうぞ993ライフを楽しんでください(*^^)v
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。