PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

987 スパイダー ノーマルフィール ....









b0192199_19053863.jpg




ここのところタイヤがヤバくなっているので、わたくしのもとで眠っている ‶ 真紅の987スパイダー ”  ...



ここにきて寒さが厳しくなってきているので、バッテリーもあがってしまうといけないので....




というより、ガレージの中にしまいっぱなしはかわいそうで、かわいそうで.........



ポルシェによって走るために造られた ワインディング専用ミッドシップポルシェ....




とりあえず、内外装をピカピカにしてあげて..........




b0192199_19064567.jpg




ガソリン満タン.....空気圧も調整して.....





ちょっと走らせてみる..........



もうちょっと走らせてみる................



もうちょっとでは済まなくなる......................




走り比べに入ってしまう............





このモデルは、足回りがビルシュタインの車高調にレカロのフルバケ.........


疑似カーボン被膜生成ブレーキパッド......



変更点はそのくらいで......それ以外はきわめてノーマルな仕様.............




改めて走らせてみると......



もちろんわたくしの車と比べてしまうわけですが、今となってはだいぶ変わったんだな~と............




b0192199_19110831.jpg





というより、かなり変わったなと..............



特にエンジンフィールが...........



私自身も、走らせながら少しずついろいろなものを変更していき、今に至るわけですが........


エンジンに関しては、IPDプレナムへの変更とロムチューンが、思ったよりも効いていることに....



良くなっていることがはっきりとわかります....



ドノーマル状態でも何年か走らせていたので、その時には全く満足していたそのスペックも.....



吸気系やマッピング調整のライトチューンとはいえ、エンジンのレスポンスや回転フィールがここまで変わるとは.....



エンジン自体に手を入れずして、NAモデルのフィーリングを....印象を、これほど変えることげできる今の電子制御の技術というのは本当にすごいなと....



というより、そういうエンジンに造られてきているんだなと....



あらためて感じてしまいます.....





人間の進化....慣れというものもたいしたもので.....



変えた瞬間に感動したパワーアップもすぐに慣れてしまい、それが当たり前になってしまう.....



それでも、排気系をやって.....吸気系をやって.....ロムチューンできちんとセッティングを出して........



あまりにもスムーズになった回転フィールが、それが当たり前になってしまい.....



今回ノーマルのスパイダーと比べてみて、そのすごさに....より良くなった回転フィールに感動してしまう.....




ポルシェというクルマを常に踏み込み系でいく人間にはたまらない......



そういう種類のことで....



普通に走らせるなら、ここまでしなくてもいいのかとも思えることでもあるのですが....



あれほど ノーマルのボクスターS と比べて進化させた走りが、さらに詰めていけるのは、全く持って素材の良さが光ります...






動き一つ一つ、タイヤの転がり始めからの動きも、エアコンレスやリチウムイオンバッテリー、PCCBなどのさらなる軽量化も効いているのも感じ取ることができ.....




軽量化・低重心化というアプローチがスポーツカーに与えるプラス方向の影響は計り知れないことなのだと.....






b0192199_19071518.jpg




足回りに関してだけは、この真紅のスパイダーは、ビルシュタインの車高調KITが入っているので、雰囲気が全く違います.....


ファーストコンタクトがいつもソフトで、乗り心地が良く、低速からでも路面追従性に優れています.....




低速域では、スパイダーのノーマルの足回りよりもはるかに乗り心地が良く.......



一流のアフターパーツメーカーとしての資質を感じるところです.....




ノーマルの足は、専用セッティングとはいえ、ある一定以上の速度域に持っていくまでは、細かい路面の凹凸をこまめに拾っていきます.....


一線を越えてからの身のこなしに重きを置くセッティングなのがはっきりとわかる足の動き.........




ハンドリングに重きを置くならば、ノーマルの足回りのほうがレスポンスが良く......



わたくしの好みです.....



そして、この専用サスペンションのセッティングこそが、 987ボクスタースパイダー の性格を決定づける大きな要素であったと、わたくしは感じています.....






これは好みの問題ですので、ワインディングという上限がある程度あるストリートならば、自分のペースで走らせられれば、どちらでもいいと思います.....



懐事情にも寄りますが、何もアフターの車高調が絶対にいいということもありませんし、ポルシェの造る足回りを越えるセッティングを出せるほどのメーカーやチューナーもそうそういるわけでもありません....


自分がどれほどの走りをして、どういう風な足の動きがあっているのかは、試してみないとわかりませんので、とても高額な話になってもしまいますし....



さんざんやって、ノーマルの足のほうが良かったというのはよくある話でもあります.....



ただ、今回この50万円ほどする足回りを改めて試してみましたが、やはり値段なりでさすがのビルシュタインだなと.....


スパイダーの個性を殺さずにこれを使うならば、フロントの減衰力をもう少しだけ強めにセッティングできれば、かなり私好みになるかなと........


普段使いも含めたうえでのセッティングなのか、よりスポーツ走行に振った走りを求めるのか....



そういうことも楽しむならば、減衰力調整式の車高調などは、本当に楽しいアイテムでもあります.....




それでも、この真紅のスパイダ―のセッティングは、ポルシェセンターの変態メカニックのO君がアライメントから車高までこだわってセッティングしただけあって、とても良い乗り味になっています....



b0192199_19072650.jpg




わたくし的には、勝手知ったる......


というより、知り尽くしているこの モデル ....................


もう6年以上も離れられずに一緒に暮らしているわけですが............




縁あって、水冷系のポルシェのスポーツモデルは、ほとんど自ら走らせることができ....


さらに、ほとんどホームコースのワインディングに持ち込んで全快走行をさせていただいているので......


モデルごとの自分なりの基準は全て持ち合わせていますが、ストリートベースのワインディングを走らせるうえで、ハンドリングの軽快感では 987ボクスタースパイダー を凌ぐモデルは、今のところ出てきていません.....


そこがわたくしを捕らえ続けている......



 〝 987スパイダー の 呪縛 ” になるわけですが...........



基本的には、987ボクスターSと同じシャーシーとエンジンを持ちながらも、軽量化による低重心化とそれに伴う動力性能UP.....それらを引き出すための足回りのセッティングの妙...........


全く別物と思わせるほどの印象を抱かせ....


事実、走りそのものを劇的に変えてしまうというのは 流石はポルシェ のなせる業で....



昔からポルシェがとり続けてきた当たり前の手法とはいえ、安全性や環境問題など....



走りとは違う側面からの昨今の縛りの中にあっては、同じようなやり方だけでは、単純にマイナスのない走行性能UPをはかるのも難しい中....




良く造ったなと........




人によっては、あり得ないといわれる使い勝手の悪い手動の幌も.....


エアコンのオプション設定も....



わたくし的にはとても素晴らしい決断で..............




この車は、本当に手に入れといてよかったなと.....



そんな事ばかり思っていると、もう次にはいけなくなってしまうのですが......




それでも、さらに、あれとこれをやってみたい気もするし.....とか............


さらなる高みへと昇華させていきたいという野望も...........




覚めない夢ばかりを見ているわたくしもいるわけです........




b0192199_20100010.jpg



























[PR]
by porschewbs | 2016-11-15 20:19 | ボクスタースパイダー