PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

カテゴリ:ガレージング( 16 )

ガレージングアイテム Ⅲ


少しずつ装飾物が増えてきてはいますが、初期に集めたものは、ほとんどネット購入品です。最近では、オリジナルものに凝ってきています。


ポルシェフラッグはお約束品ですが、色も何種類かありましたが、ガレージが暗くなるのは嫌だったので、ホワイトフラッグにしました

b0192199_1211829.jpg


立体風ステッカーもせっかくなので、額に入れて飾っています。これはいずれ、写真か、絵画に変わる予定です。

b0192199_1218023.jpg


画像処理した写真を結構飾っています。

b0192199_12203198.jpg


本当は、タイヤ止めとして、作成した三角柱の形状で造った板金製作物.......。

b0192199_12224828.jpg


板金製作した後に、床のタイルと同じ砂目調粉体塗装で塗装し、その後シルバーのカッティングシートで作ったポルシェのロゴを貼り、最後にツヤ有クリアー塗装を何コートもして、ステッカーごとくるみました。

b0192199_12302965.jpg


出来上がると、あまりに綺麗に仕上がってしまったので、タイヤで踏めません(;O;)!

すっかり、オブジェと化してます(^_^;)。


椅子も、木のものにしたり、布製にしたりと.......。以前は986ボクスターSの17インチのホイール・タイヤをテーブルとして使っていたので、その大きさ・形に、ガラスを切ってもらいガラス越しに、ホイールが見えるようにしてました(^^♪。

当ガレージは、除湿機まで備えております。(^o^)丿。幌をしないので、梅雨の時期には、重宝します(^^ゞ。


b0192199_1233433.jpg

[PR]
by porschewbs | 2010-11-01 12:41 | ガレージング | Comments(5)

ガレージングアイテム Ⅱ


b0192199_2114128.jpg


お約束ですか(~o~)。"ここはポルシェしか停めてはいけません看板"です。このアイテムも、ガレージング初期に手にいれたものなので、ネット購入です。色々な種類がありましたが、とてもシンプルでしたので、これにしました。

このての看板系は、壁に取り付ける際は少し浮かせて、取り付けるようにしています。そうすると平面的ではなくライトの光によって、陰影ができ、趣があります(^^♪。撮影時は真正面から、撮っているので、少しわかりにくいですが.........。

オリジナルPORSCHEプレートです。

b0192199_21261677.jpg


ガレージの突き当たりの壁が寂しかったので、作成しました。アルミ製で、幅は2mほどあります。四角いと芸がないので、レーザーで細長い楕円に切ってもらい、シルバーメタリックで塗装し、カッティングマシーンで切ったポルシェロゴを貼りました(^^♪

このガレージには、色合い的には、焦げ茶色に塗って、クリーム色の抜き文字かな......?と思いましたが、あまりやり過ぎるとカントリー調になってしまいそうだったので、ここは、ポルシェらしくと、機械的なこの色合いにしました。また、取り付けてみると、幅があるので、かなり存在感があり、これはこれでいいかなと。

このプレートも壁から少し浮かせて取り付けています。私的には、エナメルクレストとあいまって、とてもいい感じについたかなと思っています(^^♪
[PR]
by porschewbs | 2010-10-31 21:48 | ガレージング | Comments(0)

ガレージングアイテム Ⅰ



ポルシェクレスト
b0192199_2322760.jpg


ガレージングをするうえで欠かせないのが、そのブランドの象徴です。ポルシェでいえば、いわゆる

“ポルシェクレスト”であります。

ポルシェに乗り始めた時は、とりあえず、見栄えのいい、わかりやすい、装飾的なものを探しました。ガレージの壁がなにもついていなかったので、壁が広く寂しい感じがしたので、手っ取り早く場所を稼げる、大きめのものをつけていきました。

真っ先に来るのが ”ポルシェクレスト” で、しかもポルシェ純正です。ただ、このポルシェ純正のクレストですが、鉄板に印刷してあるもので、残念ながら、ポルシェセンターに飾ってあるものほどの質感はありません(>_<)。

ということで、少しでも.........という思いから、そのクレストを入れるケースを自作です(^^♪

単純に絵を飾る額縁を買ってきて、その周りを木材で囲い、塗装し、お洒落な金具を付けて開閉ができるようにして、立体的な額を作りました。


その中に“ポルシェクレスト”を取り付けて完成です。こういうアイテムを飾るうえで、平面的なものはなんとなく、のっぺりとして、ちょびっと安く見えがちですが、立体的に見えるように奥行きのあるケースに入れて飾ると、結構、それなりに見えるものです。

いわゆる、孫にも衣装的な感覚です(*^_^*)。

さらにインターネットで買える、プラスティックを重ねて作られている ”ポシェクレスト”を購入し、これはさらに質感はありませんが(+_+)、それも同じように、ただ、少し浅めのケースを作り、その中に入れて、飾ってみました。

b0192199_2304074.jpg


購入してきたものをただ、飾るよりも、ひと手間かけて飾るだけで、ずいぶんイメージが変わります。そして、それもまた楽しいものです。

どういう風に飾って、どういう風にガレージを見せたいのかと、いろいろ考えて、ガレージという一つの空間を作りあげていくのはとても楽しい行為です。

あくまで自己満足の世界ですが(^_^;).........。
[PR]
by porschewbs | 2010-10-22 23:11 | ガレージング | Comments(0)

ガレージング Ⅲ


いろいろと手をかけてきたガレージですが、入れる車・色によっても、イメージが全然変わります。もともと、大きさもさほど広くないガレージなので、ルーフがある無し、また、色合いによっても圧迫感・雰囲気などがぜんぜん違います。

986ボクスターS ブラックの場合

b0192199_11514531.jpg




ケイマン後期型 イエローの場合

b0192199_11522845.jpg

 


987ボクスター後期 ブラックの場合

b0192199_11532089.jpg




ケイマン後期型 ホワイトの場合

b0192199_11542638.jpg




ボクスタースパイダー ホワイトの場合

b0192199_11592883.jpg



986の写真の当初はスポットライトが6発でしたが、少し暗かったので2発増やして、現在は8発です。また、写真の撮りかたが若干違うので光源の感じも違いますが、だいたいこんな感じです。911を入れてるところをとるのを忘れました^_^;。

こうしてみると、停める車、色によって、ガレージもいろいろな顔を見せてくれるので、面白いですね。

それなりにみんな、いい感じですが、やはり黒系のクルマは存在感がすごいですね。逆に、白は本当に室内が明るくなり、また、クルマがすごく大きく見えます。黄色は、壁の色と多少かぶりますが、これも、停めて見ると、とても綺麗で、他の人が見ると、オーナーはきっと黄色が大好きなんだろうと思われる感じです(^_^.)

私の家は閑静な住宅街にあり、大通りからも離れているので、また、私の家で道が終わっているので、クルマの通りがありません。ガレージの中に入って、中からシャッターを閉めると、室内は本当に静かになります。

ですので、  爆音マフラーは禁止です!!

コーヒーを飲みながら、ゆっくり小説を読んだり、車の雑誌を読んだりするときはとても集中できます。今となっては、ステレオまで設置しているので(音響効果抜群です)、幸せなひと時を過ごしています。ふと見上げた時にそこに愛車があると、つい話しかけたくなります^_^;

そんな人は近所にはいませんが(^_^;)

まあ、好きなことなので、自分の出来る範囲でコストをかけずに労力をかけて、作っていけたら、とても楽しいのではないかと思っています(*^_^*)。
[PR]
by porschewbs | 2010-10-16 12:28 | ガレージング | Comments(0)

ガレージング Ⅱ


今回、BOXカルバートの床に砂目模様の粉体塗装を施した鉄板を張っていったわけですが、ガレージの床は、既存の床の上にさらに水が入らないように、モルタルを流し込んで床に傾斜がつけられています。

そのせいで、結構、床がでこぼこしています。建築の世界は、素材自体が遠めで見るものが多いので、精度という点では全てにおいてラフに出来ているので、比較的精度が高い板金・金物類とあわせるときは、そこのところの緩衝材やレベル合わせが結構難しいです^_^;。

ただ、ものづくりの中で、ある程度ラフな方向でつくりあげていくことは、結構ごまかしもきくので、全体としてのバランスが取れればいいのかなと………。

こんな感じで張っていきます。

b0192199_161273.jpg


四隅の四角い穴は、ちょっとしたデザインとして、入れてみました、これはタイルではできません。せっかくオリジナルで、しかも好きなように作れるのでやりたいほうだいです…….^_^;

b0192199_16122574.jpg


塗装は、ツヤアリだと滑るので、艶を落とした、砂目模様調で(*^^)v。メタリック等、何でもありでしたが、こういうのも、やり過ぎるとよくないので、ガレージの中に調和していくようにこの色、この模様で。

裏側に、ちょっと厚めの両面テープを張ります。床自体はすでに塗装していたので、それだけで固定できます。ここら辺は、モルタルを塗りながらタイルを張るという行為とは全く別の世界です(^.^)。

b0192199_16125410.jpg


直線を出しながら張っていって、次に四隅をマスキングしていきます。その後にクリーム色のシーリングをいれていって、マスクをはずして完成です。ここで、シーリングも白よりもクリームを使ったほうが、今回の全体の色調からすると、色合いがなじみます。このシーリングは、後から塗装ののるタイプなので、色を変えることもできるので、気が向いたら、上から違う色を塗ることもできます。

b0192199_16131534.jpg


思い出しただけでも楽しい作業でした(*^_^*)!!   こういうことも大好きです。 基本的に何かを作り上げること、イメージを作り上げて…どんな材料を選択して……どのような色を選んで……どのように組み合わせて………………どういう風に作っていくか。

出来る限り綺麗に、調和を保って、いかにイメージどおりに、物を描けるか(^^♪。

私が目指していたガレージとしては、ほぼ理想どおりに仕上がりました。サイズなど、きちんと決まっている中での作業でしたので、それなりに収まりもつき、まあまあかなと。

この作業だけで3日を費やしましたが………(^_^;)

b0192199_16202469.jpg


すでに、壁にはいくつかのアイテムがついていますが、この後は、ひたすら装飾アイテムに走っていきます。ただし、やり過ぎない程度に………(*^_^*)
[PR]
by porschewbs | 2010-10-15 16:29 | ガレージング | Comments(0)

ガレージング

986ボクスターSを購入するに当たって、ガレージも少し手をかけていこうと思いました.........。

いわゆる ガレージング です

“ポルシェ”……  手に入れる前は、そうは言っても憧れのブランドです。自分が乗れるとは思っていませんでしたので、かなりテンションは上がりました。走りが、ここまでとは思っていませんでしたが、見ているだけでも幸せになれそうだったので、その姿を、思う存分眺められる環境を作り上げようと………。

前述したとおりで、今のところ、プライベートで、本気でいく車は、一台きりと!ですから、ガレージも、そのクルマを維持する最低限の世界で仕上げていこうと思っていました。

他のガレージのほうが広いのですが、ポルシェ専用ということで、こじんまりとまとめていくつもりで、このガレージにちょっとずつ手を入れていったわけです。といっても、まだまだ、志半ばで、やりたいことがたくさんあるので、あくまで、夢の途中ですが……。

b0192199_180338.jpg


私がポルシェ用に手を加えているガレージは、いわゆるBOXカルバートといわれる、ドーナツのように造られたコンクリートを持って来てつなげていき、正面にシャッターをつけたタイプです。

私の家は、一階がガレージになっているタイプで、その上に家が建っています。家の中から直接ガレージにはいけませんが、完全な地下ガレージというスタイルになっています。

特にポルシェをとめているガレージは、私の家が住宅地の一番上にあることもあり、我が家で道が終わっています。ですから、ガレージの前に車を止めて、ガレージの中から、外のポルシェを眺めることも出来、ロケーションとしては、かなり気に入っています。

家を建てた時には、ポルシェを購入する予定などまったくなかったので、ガレージを基本にした家作りをしていませんでした。それでも、愛車を野ざらしにはしたくなかったので、ガレージが地下に作れるタイプの土地を購入しました。

家自体は注文住宅でしたので、今思えば、家の中からガレージが見えるような設計にすればよかったかなと思っていました。
しかし、そうなると、最後はきっと、そこに布団を敷いてしまいそうです……添い寝とかしちゃいそうだし(^。^)y-.。o○……….これでよかったのかなと(^_^;)。

BOXカルバートというのは、そのまんまコンクリートなので、とても冷たい感じがします。

既存のガレージを装飾していく上で、私が基本にしたのは、部屋の中にいるような環境を、そういう雰囲気で作っていこうと考えました。

ですから、よくある、チェッカーフラッグの床に真っ赤なSnap-onのツールを並べて黒やシルバーの色の壁でとか、クルマ関係のポスターとか看板が、所狭ましと壁に貼られているようなガレージとかではなく、シャッターを閉めてしまえば、そこが一つの部屋になるような、落ち着ける場所にしようと考えました。

しかしながら、基本は、 限りなくお金をかけないで! です。

まず、最初にやったのは、壁の色と床の色を変えることです。


b0192199_17582023.jpg


基本的に、暖色系の色が好きなので、壁はイエローオレンジ、床はブラウンレッドでと…….
しかし、基本的には床などはタイル系で仕上げたかったので、いまひとつだなと……。

ということで、板金加工で、タイル上の板をぬいてもらい、せっかくなので四隅にさらに、デザインとして四角い穴を開けてもらい、その後にブラウン系の砂目調塗装を施し、それを床に張り、あいだをシーリングで埋めて、床をデザインしちゃおう!!!


しかもただでヽ(^。^)ノ!!


ということを考えました\(◎o◎)/ 



で、出来上がったのがこれです!!


b0192199_17584489.jpg



ご協力していただいた皆様、誠に感謝しております。今後のガレージングに関するパーツを発注する際も、決してお金など請求せずに、芸術作品として、また、自己満足品として、夢を見ていきましょう(^o^)/.......。


おいらのためだけジャン(^_^;)..........。
[PR]
by porschewbs | 2010-10-14 18:14 | ガレージング | Comments(0)