PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

カテゴリ:アクアリウム( 22 )

LED 間接照明 .......







ポルシェに乗り始めた頃..........


雑誌を含めていろいろとポルシェのことを調べまくって、986に乗っているいろんな人のブログに訪問しては、いろいろと学んでいたわたくし......


時代は流れて発信手段や通信手段は多岐にわたり....フェイスブックやインスタ.....LINEなど.....



表現、伝達方法も様々で...........


フェイスブックもインスタもラインも使っていないわたくしは、今となっては化石化状態に陥いっていますが............




当時からブログを続けている数少ない人のところはたまに訪問させてもらっています.....



その中の bpspit さんの記事に LEDテープ照明の記事があり...........




そうだそうだ、私もこれが欲しかったんだと.............




しかも調べてみると話の通りに、メチャメチャ安くなっている................




LED照明関係 ......いつの間にこんなに安くなっていたのか.......



b0192199_16490029.jpg



防水のLED照明テープ5m.................



コンセントからリモコンまでついて.............





b0192199_16491328.jpg


さらにリモコンの見た目通りで、プリセットで20色ほど....さらに好きな色合いを作りメモリー可能....



要は、繋げてコンセントにさすだけでほらこの通り~♪...という代物です.....




b0192199_17100320.jpg






さらに、電源は100V用もシガライター用もUSB用もあり.....


家でも車でも外でも中でも..........



テープなのでどこにでも簡単に貼りつけられてしまう....




これで¥2000ぐらい(^^;)..........



ここまで安いなら何でもありだなと思ってしまう....さらに言えば防水仕様でないともっと安い.....




そして、5mのLED照明テープをアクアリウム水槽の照明を消し........背面、下部で折り返して置いただけで.......



こんな感じ.................



b0192199_17332559.jpg


何とも言えない雰囲気で..................




シルエットな感じの世界が素敵です..................



b0192199_17373205.jpg


アクアリウムなので ブルー照明 にしてますが、赤は怪しく紫やグリーンも結構いけてたりします...........




b0192199_17370220.jpg



とってもいい感じです(^^♪...........



難点は、思ったより発熱量が高いということでしょうか..............



これ大丈夫か?....と思うくらい熱くなります...............



が..............


そこは、 made in china ということで.....



自己責任(*^^)v............

























[PR]
by porschewbs | 2017-10-18 20:05 | アクアリウム | Comments(2)

癒し ..........












b0192199_18382463.jpg



安定していてとてもいい状態の水草&熱帯魚の水槽......................



立ち上げ時の状態からは、比べ物にならないほど生い茂った水草たち.............




立ち上げ後一カ月ほどではまばらだった水草ですが...............




b0192199_18413127.jpg




月日の経過と共に理想的な水景に..................







一日の終わりにほんの少しだけ眺めるだけでもホッとする....................




美しいものには訳があり....................



美しくあり続けるものにも理由がある...............................



世に生まれたばかりのものは全て美しいが............



b0192199_18420644.jpg



大切なことは美しい状態をいかに維持し続けることができるか........




ということなのではないかと..............
































[PR]
by porschewbs | 2017-06-16 20:30 | アクアリウム | Comments(0)

生体投入 ......












新たに立ち上げた 120cm水槽の生体をどうするのか.................



結構いろいろと考えましたが.................





水景がシンプルなだけに、生体のほうもなるべくワンメイクで行こうと.............




さらに、背の高い水草もあまり入れる予定もないのでその分生体の数も増やして......



穏やかな性格のものをと...............





b0192199_15181798.jpg


ということで定番の ネオンテトラ ....................


写真で見ると少なく見えますが 200匹 投入 ................




さらに ゴールデンハニードワーフグラミー を20匹 ........



b0192199_15452415.jpg



しばらくこれで様子を見ようかと.................




それでも、生体を入れると水槽内は一気に華やぎます....................




ハーフムーンのベタもワンポイントでよく効いています................



b0192199_15372805.jpg


もう二週間ほどすれば..... グロッソスティグマがソイル全体を覆い..........



緑の絨毯の中にメインツリーと.................



当初の計画通りの............素敵なアクアリウムの完成です(^^♪...................




b0192199_15514714.jpg



今現在でも、かなりの癒しの空間を提供してくれているのですが...................



理想を追求していく中で......



水草という生き物の成長とともに、さらに周りの細かい点を詰めていけば、限りなく美しい水景を創造できていけそうです...




b0192199_15520011.jpg


よいよい(^^♪.................


























[PR]
by porschewbs | 2017-01-12 19:15 | アクアリウム | Comments(0)

深みにはまっていく .......











さて......


アクアリウムのこと..............



今回大がかりなリセットをして.....



とっても満足感でいっぱいな120cm水槽のアクアリウム.................



b0192199_10411044.jpg



水草の状態が想像以上に理想的に仕上がってしまったので.........



http://userconf.exblog.jp/entry/?srl=26300017







癒されモード全開で眺めていると..................






これは..........



これならもっともっとできるだろう.............



さらに素敵な素敵な世界観を描けるのではないだろうかと..............





よからぬ妄想がバシバシ頭を過ぎり.......................





創造力が頭と心の中の許容量を遙かに超えてしまい..........................



これはもう...........



さらに踏み込んでみるかと...........





この水槽を設置している金属製のワンオフボード.....................



5年ほど前にトミタケコちゃんとデザイン・製作・塗装....組立、設置と...



一からバリッと作ってみたのですが.............



b0192199_11335385.jpg



このアクアボード.......横幅が2800mmあります......................



2800mm..................



ってことは1200mmの水槽二つ置けるんじゃないか(-ω-)????........



と.........



とっても良からぬ妄想が..................






世の中に出回っているガラス製の水槽...............



標準サイズで一番大きなものは1200mm×450mm×450mm..........



それ以上になると特注で....金額も一気に何十倍にも跳ね上がり、まったくもって現実的ではなくなってしまい....



それでは、とても素人が手を出すものではなくなってしまいます.............




本当は3000mmぐらいの水槽を創り上げたいのですが、あくまでわたくしは素人で..........



世界平和のため......


人々の癒しのために行っているアクアリウム活動なので.....



さらに、アクアリウムが趣味というわけでもないので(^^;)........


(それは違うだろうといつもみんなに突っ込まれますが(^^;)....)








ということで、1200mm水槽二基がけ~(^^♪!!!!!!............



で決まり!!!!................





アクアリウムをやるにあたっては.........



〝 出来る限り美しいところだけに的を絞って魅せたい ” .................



というコンセプトのもとに始めたこの創作活動...........




実際、水草や熱帯魚を繁茂させ優雅に生育させるためには、それなりの設備や備品......


メンテナンス作業がいるわけです............



わたくし的には..............


それらを目の前のアクアリウムの水槽に付随するものとして目の見えるところから遠ざけ、さらにはそれを感じさせないビジュアルにしなければ気が済みません........







ディズニーランドで、清掃行為が閉園後も含めて24時間行われているのと同じ感覚で.......




汚れたら清掃するのではなく、汚れる前から清掃するという概念................



もともと、アクアリウムというものを趣味としてやろうとも思っていなかったですし......


きっかけも、 トミタケコちゃん から、ぜひ一緒にやりましょう!と声がかかって始めたことに過ぎなかったのですが....


(誘った本人はまったくもってやる気がないのですが....)





はじめるならば、どういうコンセプトでやって何を目的とするかと...........




わたくし的には、それを眺めた人たちが少しでも心が癒されて幸せになれればいいのではないかと........




Happiness の 提供 ..............



的な感覚で...................




ただ、どうせやるならばそれらの周囲の環境も含めて美しく整えていこうと.................






テレビ一つ設置するにあたっても、配線コードが見えるのは我慢ならないわたくし..........



水槽設置も、まずはアクアボードの製作からと...........




そんなかんなで、当初もボード作りから始めたわけですが、水槽周りだけは細かく指示を出しておきましたが、あとは恐怖の トミタケコちゃんセンス に任せておいたので、ボードの機能としてはなかなかのものが造られてきたのですが..........


水槽より上部はデザイン....というよりは単なる箱をのせただけの状態になってしまっていて......



今回は、細部のディティールにわたって、徹底的に細かく指示を出し...........



ほぼ理想的なデザインに仕上がりました..........



ボード自体のサイズ的な制約があるので、ギリギリのラインを引きながらの デザイン・製作 となりましたが、前回妥協した部分を含めてほぼ予定通りの造りこみに仕上がっています.........




基本、エッジを効かせた作りこみで.............



出来る限り水槽前面と点検パネル扉関係のパネルを面一で攻めていき.......



パネル部の取っ手一つとってもこだわり.....



点検口上部の空間は、観葉植物などを吊るして見せるスペースに仕上げています.....




120CM水槽二基を設置するだけで.....さらには交換用の水を温める60cm水槽を上部に二つ設置することを含めて700kgに耐える架台にそれらを仕上げていき....



さらに500L近い水をいかにメンテナンスしやすい状況下に置くかが何よりも大切で..............




そのための架台設置前の排水管の設置......



地下水の引き込み管の接地....など...............



壁に穴を空けて.............





全てその場所で定期的な水の入れ替え交換から日々のメンテナンスまでも細かくできるように仕上げていきます....




何事も美しさを持続することが大切なことであり....大変なことであって.....



そのためには、日々のメンテナンスにどれだけの工数を割けるか...それらをいかに簡単に効率よくストレスなく行えるかが大事な要素です.....




そのための造り込みです............





何にしても、これだけの重量に耐えられるだけのボード造りが大変で.....



強度的には基本的に角パイプ構造です...........






ことデザインに限っては...........



アンドロメダ星雲までの距離よりも遠い  センスの無さ  をほこる トミタケコちゃん製造部 なのですが.......




板金構造体においては、本当に素晴らしい仕事をしてくれて......



というより、仕事の時よりも素晴らしいものを作り上げるこのモノ作り屋は、まったくもって不思議な会社で....



今回も3mクラスの水槽ボードを...


そして、細かいチリの合わせ目を含めた素晴らしい出来映えを披露してくれて.............



出来上がったアクアボードは..............


ツヤ消しブラックメタリックの外観と相まって、素晴らしい質感を放ってくれています.............




b0192199_15472977.jpg




たぶんこれは..........



その手の人達にしてみれば喉から手が出てしまうほど欲しくなるであろうクオリティーの高さに仕上がっています.............



本当に素晴らしい.........



かっこよすぎです(^^♪..................



b0192199_16203873.jpg



前回仕上がった水槽の水草をやむなく切りそろえて、ギリギリまで水位を下げてからとりあえず設置します.....



さらに同じブランドの同じ水槽をとりあえず並べてみます......


最初から120cm水槽二基がけで行く予定でしたら、水の中の風景も右から左に流れるように仕上げていくのですが、今回は一つ先に仕上げてしまっていたので、全く違う内容で仕上げてみます.....



また、結果的には巨大な水槽が一つ追加になってしまったため、水草のメンテナンスの大変さ加減が増えることが予想されるのでそちらを軽減するためにシンプルな仕上げにしてみました....




ソイルは、前回の実績に基づいて JUN の PHS ...........




b0192199_16265558.jpg


メインツリーを左端に置いて、基本的にグロッソスティグマで全体を覆い.............


最近お気に入りのピグミーマッシュルームをランダムに植えていき......


右端に石で囲った一段高い場所を作り、そこにベトナムゴマノハグサを植えこむシンプルな仕上げです......





b0192199_16441454.jpg


アヌビアスナナ・プチやミニ などで仕上げてあるメインツリーの下は、影になって光りが当たらないので、それほど光が届かなくても成長するクリプトコリネやウエンディー・グリーンなどを植えこみます......


ただ、これらは条件さえそろうと地下茎で爆発的に増える可能性があり、水槽内のいたるところから芽を出してきてしまうので、ソイル内の幹の周りにステンレスで作った枠を埋めて、柵代わりにし、その中に封じ込める目論見です.............




アクアボードの塗装までと建物の屋外壁面の給排水配管までをあらかじめ終わらせていたのにもかかわらず、朝8時から4人がかりで始めた屋内の配管、組み立て、電気器具の配線取り付け..........水槽の設置まで...



ここままでで夜の22時までかかるというビッグ作業(^_^;)......



トミタケコちゃんはお休みの中、ここまで付き合ってくれて.......この時間から東京から静岡に帰るという強行軍..................




そして、ここから次の日の明け方近く......4時ごろまでかけて地道にグロッソスティグマを一人で植えていきます......




久々の疲れをまったく感じないで集中した植栽作業...............




最後の片づけ作業まで終わらせたときには夜が明けていて..................




やりきった感満載です(*^^)v................





ここからはいつものように1週間から10日かけて、ひたすらバクテリア任せで......


ソイルから水中にしみでた余剰な栄養分だけは対苔対策として減らしていくために、毎日換水を行いますが、基本的には少しずつ目に余るように増える茶ゴケなどからは目をそらし...........


植栽した水草たちが根を張り巡らしていくのをじっと待ちます.........



水に関してはあらかじめ以前に立ち上げた120cm水槽の水を半分投入し、二基掛けで使用していた外部フィルターの一つをそのまま流用したので、バクテリアの繁殖はあっという間のはずです........



そのため、まったくの新規立ち上げではないために パイロットフィッシュなどの気も使わなくてすみます......




そして、満を持しての ‶ 生物兵器 ” の投入です.................



いつものように、とりあえず ヤマトヌマエビ 40匹 に オトシンクルス5匹 サイアミーズフライングフォックス5匹 等....





そして、ちょうど二週間後の水景がこちら~(^^♪..............






b0192199_20450975.jpg



この細かい水草を一本一本丁寧に植えていく作業への集中力が、成功への架け橋です(*^^)v......



ブルーメタリックのベタ も 優雅に泳がせて~..................






やむなくカットしたとなりの120cm水槽の水草も盛り返してきて......................



b0192199_21070067.jpg


オフィスの一画に.................



ちょっとしたムーディーなエリアの完成です.......................




b0192199_21065411.jpg



仕事終わりに、全ての電気を消してコーヒーでも一杯................




ガラスの向こう側の美しい世界に...................






癒されちゃうんだなこれが(^^♪...................



































[PR]
by porschewbs | 2017-01-09 19:21 | アクアリウム | Comments(0)

120cm水槽 リセット 2016 .....






アクアリウム関係は、毎日の小さな手入れで、結構な期間美しい状態を保つことができます.....


高光量とCO2の随時添加で、リセット時のソイルの栄養を使い切っても、そこそこいい感じで美しい水景を見せてくれます....



特に追加の肥料を投入しなくても、ちょっとした日々の手入れを行うことで、二年ほどは全体としては鑑賞に堪えられるほどの姿で水草は育ち続けてくれます....



そして、より強い水草が、他の水草のテリトリーを侵食しながら水槽中の水景を変えていきます..........



b0192199_17223488.jpg



それはそれで、季節を楽しむように変化を楽しんでいければ面白く.....


それなりに観れるのですが、創作ごころが湧いてきてしまうとわたくしのほうがリセットしたいのを我慢できなくなり....





寒くなる前にやってしまおうと......



と言っても大した時間もかからないのですが、120cmともなると一人では水槽を持ち上げることもきついので.....



水槽の清掃と水草の植える水草の細かい切り刻みだけ助手を呼んで手伝ってもらいます.....




今回は、ソイルの設定からいつもと変えてみます.....



基本的に、この4~5年の二回ほどのリセットでは、ADAのマゾニアなどの栄養系のソイルを使ってきました....


水草メインで考えるなら、こちらの方が良いはずで....


実績としても、立ち上げ時期の水の管理さえきちんとすれば特に問題はなかったので....




他には吸着系のソイルというものもあり、こちらは、比較的水槽の立ち上げ時に気を遣わなくてもよく、水もすぐに綺麗になります....


ただし、もともと栄養分が少ないので、すぐに水草がやせ細ってしまうということで....


水草用ではない、Baby用の水槽にしか使ったことはありませんでした.....



一概にソイルと言ってもいろいろと種類も出ていて、それぞれの目的に合わせて選択していけばいいのですが、最近になって、‶ ハイブリット ” 型が登場していて.............




b0192199_20564153.jpg


栄養系と吸着系のいいとこどりな性能......


さらに値段の割には、お値段もリーズナブル............



ということで、今回はこれを使って、初期イメージ的にはこんな感じで................



b0192199_21040290.jpg



今回は、石は一つも入れずに.............



メインツリーを一本だけセンターより右寄りに立たせて、あとは全て水草なアクアリウムを.............




生態を多めに投入することもあってどうせ崩れてしまうので、ソイルも平らにしき詰めて、あとは水草たちで 美しい水景を創り上げて行こうと......



とってもベーシックなスタイル...........




今回投入する水草は、前景はグロッソスティグマに、べトナムゴマノハグサ、ピグミーマッシュルーム.........

中景は、ニューパールグラス、キューピーアマゾン、ミニテンプルプラント、アヌビアス、クリプトコリネ、ウェンディ―グリーン、 ........

後景には、ニューオランダプラント、グリーン・ロタラ、ロタラ・ロトンディフォリア・コロラタ、パンタナルレッドピンネイト、ウォーターマッシュルーム .....     


メインツリーにアヌビアス・ナナ ミニなどを活着させます.....






クリプトコリネやウェンディ―グリーンは、成長力がとても強く地下茎で広がり、水槽内のいろいろなところから顔を出してしまうので、今回どれだけ効果があるかわかりませんが、ステンレスの枠を作って、その中に植えて広がりを抑えてみます....




b0192199_21311621.jpg


リセット前にはびこっていた水草の中から使えるものは新たに購入することなく、植えていきます......



120cm水槽内にそれらの水草が成長しきった ‶ 情景 ” を思い描き.......



ひたすらイメージを重ねながら、植栽していきます..........




b0192199_21514313.jpg


何種類もの水草たちを必要な分だけ細かく切ってわけていきます............


b0192199_21535881.jpg


その小さな葉を一房一房...一本一本...



b0192199_21563865.jpg



イメージ通りに区分けした範囲に植えていきます.....



b0192199_22043259.jpg


初っ端はこんな感じで................



b0192199_22051123.jpg


これから2週間ほどかけて、当初のイメージに足りない水草を購入して植えながら全体のバランスをとっていきます.....



水槽立ち上げ時は、水槽内の過剰な栄養分を出し切るために毎日小まめに水替えをして行くのですが、一週間もたたないうちに苔が蔓延してきます.........


それでも、さらにもう一週間だけは、植栽した水草が十分に根を張るまではじっと我慢です.......




 ‶ 苔取り生物兵器 ” の ヤマトヌマエビやオトシンクルス、サイアミーズ・フライングフォックスたちに引き抜かれないようにそのまま見て見ぬふりをします...(これが一番つらいのですが...)



リセット後、二週間後でここまで水草たちははびこり................



b0192199_10141755.jpg


そこからさらに二週間後には、イメージ通りの雰囲気を醸し出してきてくれます..............




b0192199_10524545.jpg


さらに10日程経過すると、成長の早い有茎系の水草は、あっという間に水面まで届いてしまいます......



b0192199_11002889.jpg


ここまで来れば、あとは延びた水草をトリミングしながら、全体を理想的な形に整えていきます.....



b0192199_14492707.jpg



今回は、シンボルツリーの周りに植えていった ベトナムゴマノハグサ の 魅せる雰囲気が素晴らしく.....


その美しい鮮やかなグリーンと質感に惚れ惚れしてしまいました.....



b0192199_11145073.jpg


なかなか立体的な柔らかさやを伴った質感は、映像からは伝わらないのですが、作り物ではない 生き物 としての植物の美しさをあらためて感じてしまう水草です.....



今回は、ほぼ理想的に物事が進んでいきましたが、アクアリウムの場合は、美しい状態を保つのも仕上げるのもバランスがとても大切で、今回の水草たちに関しては圧倒的に光量かなと......


二酸化炭素の添加やソイルの栄養価ももちろん必要ですが、他の水槽で試みてみても光量がそれなりでは、ここまでの美しい繁殖は難しいのが現実です.....




何事も経験値がものを言うのが世の中ですが、せっかくなのでさらに踏み込んだアクアリウムの世界に足を踏み入れてみようかと....




思ってしまうこのごろです............









前回 リセットストーリー


http://porschewbs.exblog.jp/23601358/































[PR]
by porschewbs | 2016-11-21 20:27 | アクアリウム | Comments(0)

草原の中の一本の木...........






久しぶりに60cm水槽のリフレッシュ.......立ち上げを....................



今回は限りなくシンプルに..........



b0192199_21270075.jpg



ソイルは、今まではほとんど ADA を使用していましたが、たまには違うものをと.....



 マスターソイル を..........




グロッソを絨毯上に........





二酸化炭素を追加で、ライトはテトラ製の60cm用を二基使用.........................






このままうまく根付けば、素敵な素敵な水の中の草原と..................



素敵な素敵な気になる木.............










ポツポツと植えたグロッソスティグマ................



4日後にはすでにこの成長............



b0192199_15261152.jpg







10日後には......................




b0192199_15345645.jpg




一週間もたたないうちに、やはり苔の発生が目立ってきたので、サイアミーズフライングフォックスとオトシンクルスを数匹投入.....


コケ取りの生物兵器としての最強軍団のヤマトヌマエビは、グロッソスティグマがきちんと根を張る前には投入できないのでもうしばらく様子見で.............



さらに、油膜対応にモーリー系を投入............


ついでに紅白ソードテールも............





結構賑やかになってきました(^^♪..........






さらに、12日目には、ここまで......................



b0192199_15301285.jpg


今回は、外部フィルターも水さえもそのまま使いましたので、全くの新規立ち上げではないので、あまり気にせずに行けます.....


バクテリアの生息状況もいい感じだと思いますので、一カ月もすれば、予想通りの状態になるのではと........




仕上がりが楽しみです..................(^^♪




































[PR]
by porschewbs | 2015-11-28 22:22 | アクアリウム | Comments(0)

癒してくれるものたち.........







眺めているだけで.................



ほっとさせてくれる種類のもの...............








b0192199_09044157.jpg






120cm 水槽をリセットしてから、早半年........................



途中追加の水草も増えて...............




あっという間に安定してしまった水槽内..................




どんなこともそうですが、やってみないと解らないことも多く..............


光量が多く、二酸化炭素を添加している120cm水槽では、思ったよりも成長が早い水草も多く.........




本来ならば、背丈や成長の度合いで決めなければならない水草レイアウトのバランスが少し崩れています........



背丈の低い順、成長の遅い順に前面から植え揃えていくと、奥行き感も出ていい感じになるのですが、成長の早い水草たちがいくつかあり.........ジャングル状態です(^^;)......................




それでも、美しくそして可憐な生き物は、眺めているだけで気持ちをほっとさせてくれます.............






さらに、私のデスクの横にある60cm水槽......................



b0192199_09310240.jpg



こちらはいつの間にかスッキリ................




どちらかというと、120cm 水槽内にいた妊婦さんを中心に................





そして、ここで生まれた稚魚たちはこちらの水槽で.......................




b0192199_09310878.jpg




すくすくと育っています(^^♪................




さらに病気になってしまったり、一時的に弱ってしまった熱帯魚のために予備水槽を...........




現在は、全員お元気なので、こちらの方が(*^^)v...................



b0192199_21242252.jpg




なんだかんだで25cm水槽と30cm水槽が追加されて...........




すっかり素敵なオフィスに(^^♪............



美しい色の水草の中の美しい熱帯魚の姿は..............



いつだって心を和ませてくれます(*^_^*).............

































[PR]
by porschewbs | 2015-05-12 21:40 | アクアリウム | Comments(0)

リセット Ⅱ  ............










120cm 水槽のリセット.............................




前回、立ち上げた時でもレイアウトにはそうとうこだわり..............



こだわり過ぎた感もあったのですが............




アクアリウムというものはソイルの量や水草の繁茂状態によって、景観はリアルタイムで変化していき..........



その変化自体は見ていてとても楽しいのですが、初めてレイアウト構成を考えた時というのは、止まった時間の中でしかアクアリウムの姿をとらえることができず........



水草という生き物が、目に見えるよう形で刻々と姿を変え成長していき........



そして、その成長速度は種類や大きさもまちまちで、それらすべてのバランスを考えて、植栽し、手入れを行っていかなければならないのだと...........




セッティングしてあとはおまかせ.......という風にはいきません..........



立ち上げ当初のイメージとリセット前のイメージは、かなりかけ離れてしまいました.........




ビジュアル的には、そこそこ綺麗に落ち着いたのでよかったのですが...........






インターネットにあふれる賞などを撮ったアクアリウムの写真や車のかっこいい写真などもそうですが、一番いい時期、一番上手に撮れた写真を載せているわけで................



ドラマや映画などの寝起きの女優さんが化粧をしているのと同じで、そんなことありえないでしょう!!ということを求めてもしょうがありません(^^;)/................







今回は、立ち上げ時から水草たちが繁茂していく過程で水槽内の水景がどう変わっていくか...............



そして、どこで落ち着かせていくか.............



また、メンテナンスのことも考慮して、水槽内の掃除のしやすさなども考えてレイアウト構成を練ります........






アクアリウムは...................



イメージを作り上げていくときが一番楽しく...............



そして、迷う時でもあります............






水槽を模った白い紙に.........


走り書きで、レイアウトや植える水草の名前を構図の中に書き込む作業を何度もやります.......





森林風......草原風........亜熱帯風............などなど(^^♪..................




さらに、水草たちも背が伸びるものを後ろに.......底を這うように広がるものは前にと...........



そして色合いのバランスをどうとるかなど............





前回、初めてアクアリウムに取り組んだときは、できる限り鮮やかなグリーンでと考えていましたが..........




いろいろな水草に接しているうちに赤やオレンジを差し色で入れていくことによる美しさに気付いてしまい(^^;).......




熱帯魚を中心とするならば、背景の色は統一した方がいいのですが.......




どんなことも始めてしまうと、あれもこれもと............






しかしながら、




デザイン という観念がそうですが、常にやり過ぎてはいけないと...............




何かを作り上げていくとき、難しいことでも、高等なテクニックうを使うことは.......できるけどあえてやらない、しない、使わない..........



という...................




いかにシンプルで行くか.........高等テクニックや技術力に至る過程のノウハウは存分に反映させるが、見せつけるようなことはしない......



いかに無駄をそぎ落としていくかが、最も大切なこと だと..............





それでもついついやってしまいますが(^^;)................



欲張りなので(^^;).............











そして、 リセット  ..........................






今回は、水槽自体も新しい物 ........ ブランド物に......................



b0192199_10161055.jpg


前回の水槽も新品でしたが、激安セールで、¥12000円でした(^^;).............


120cm水槽が ¥12000円ならいっそのことやっちゃいましょう!、というきっかけのもとに大型水槽に取り組んだわけですが、今回は、長く続ける自身も経験値も確認できたので、よりクリア度、歪みの少ない国産メーカー品に.........


この水槽自体は、海外生産品ですが、KOTOBUKI という会社自体が歴史と信頼性のある国産メーカーなので、迷わず.......



b0192199_10161567.jpg


さらに、流通価格もリーズナブル...........



本当は、2000cm ぐらいの水槽でやりたいのですが、すべてのものがそうですが、標準サイズ、ベーシックものが、品質もコストも一番よく安定しています.................



標準サイズの一番大きなものが 1200mm×450mm×450mm というサイズなので、どうしてもこれが基準になります.......




さて..............



今回のレイアウト................



わたくしの120cm水槽は、水槽を設置する台枠から完全にワンオフで作りましたので.........



さらに、水槽全面と面一になるようにパネルをはめ込むタイプにしたので、アクアリウムは基本的に正面からのみの鑑賞ということになります......
 



それを前提にいろいろと考えていくと、水草の種類や色あいは多少変えますが、散々妄想を膨らましたにも関わらず、基本的には初期モデルと似たような形になってしまいました.......




芸がないですね~(^^;)................



まあ、どちらかというと不特定多数の人たちを対象とした見せるアクアリウムなので、万人受けする感じに落ち着いてしまいます(^^♪....................



間違っても肉食魚はないですね(^^;)...............




b0192199_10162570.jpg



石組は、どちらかというとソイルを止めたり崩れたりするのを防止するためのものです..........



さらに、水草が覆い茂れば、ほとんど目につかなくなってしまうのではないかと.......




初期モデルは、メインにシンボルツリーを植えましたが、今回は周りと同じ直立系のシンボルツリーを...........



これはこれで、なかなか素敵な雰囲気を醸し出しています............





前回の立ち上げ時に湖や渓流で拾ってきた流木や石が山ほど備蓄してあるので、足りないものはありません(^^♪.....




一気にソイルを敷き詰めます.....................


b0192199_10593713.jpg


ソイルも、いろいろ調べましたが、ここはやはり実績から ADAのアマゾニア を主体にします............


栄養系ソイルの定番です.............



使い方や立ち上げ時間等々......ネット上でいろんなことを書いている人はいますが、水草を長く美しく保つことを前提にすれば抜群の能力を持っています...........



今回は、若干の パワーサンド も下に敷いて、その上に アマゾニア ................


そして、センターにアフリカーナ ............



これは、わたくしが アフリカーナ の色合いが好きというだけの選択です...............



アマゾニアの黒い水底の雰囲気が好みであれば、アフリカーナを入れるメリットはありません...............





とりあえず、熱帯魚たちを隣の予備水槽にみんな非難させて.................



b0192199_10594224.jpg




ソイルが舞い上がらないように新聞紙をダンパーにしてゆっくりと水を張ります............


この時点で、植えられる水草はあらかじめ植えていきます.............



b0192199_11235988.jpg



栄養系のソイルは、立ち上げ時に凝縮された余分な栄養分が水中に溶出されるので、立ち上げ初期2週間ぐらいの毎日の換水が、後々のコケの発生等を抑えるうえで肝となります........


私の場合は、管理のいい熱帯魚ショップ等の装飾用の水槽などの管理の仕方も聞いたりしているので、立ち上げ当日と、翌日は、水を入れっぱなし、排水しっぱなしで回してしまいます...........


良質な地下水を使っていることによるなせる業ですが、なるべくそこで余分な栄養分を出し切って、その後二週間は、毎日半分の換水をします...........


それが終わってからは、通常の換水パターンでいきます................





今回、植えていった水草たちは、ニューパールグラス、 グロッソスティグマ、 グリーンロタラ、 オレンジミリオフィラム、 アヌビアス・ナナ、 アヌビアス・ナナ ゴールデン、アヌビアス・ナナ ミニ、 ウォーターバコパ、 ルドウィジア ペネルンシス、 ウォーターカーナミン、 ロタラ ロトンディフォリア コロラタ クリプトコリネ ウェンディ グリーン、 クリプトコリネ・パルバ 

などです...................







二週間後には、水草の成長も軌道に乗って.....................



様子を見ながら随時、予備水槽から避難させていた熱帯魚を移していきます.............



なるべく生体的に強いものから移していき、少しずつ熱帯魚の数を増やしていきます.................


新規水槽の立ち上げ時の水質に生体がついていけない場合、亡くなってしまう場合があるからです............



それでも、今回は前回の水槽から使用している外部フィルターをそのまま使いまわしているので、その中に住んでいる微生物が一生懸命働いてくれているようで..........


なかなか、頑張ってくれているようです.................



b0192199_16112877.jpg


流木や石にコケがいい感じでついてしまっていますが、これもやがて、対コケ要員たちが食べつくしてくれることでしょう...............







一か月後には、全景としてはほぼいい感じに................




b0192199_16140668.jpg


この写真はブルーフィルムを蛍光灯と水槽の間に挟んであるので、幾分ブルーがかっていますが、水草たちの繁殖力はすさまじいものがあります(^^;)................







種類によっては、予想以上に成長の早い種類もあり..........





バランスのとり方が難しいところもありますが、そこは剪定作業をまめにやって、素敵なアクアリウムを完成させたいと思います......




流木や石だけにもとどまらず、種類的に生育の遅い水草にも苔が付き始めているので、生物兵器を大量投入です........



なんだかんだで、ヤマトヌマエビがコケ対策では最強なので、彼らに任せて................



後は、すべてのバランスが取れてくるのを待つだけです(^^♪...........










リセット ......

http://porschewbs.exblog.jp/23554767/



























[PR]
by porschewbs | 2014-11-28 21:18 | アクアリウム | Comments(0)

リセット ......











120cm水槽をそろそろリセットしようかと.....................



b0192199_18004515.jpg

アクアリウムについて、ずぶの素人から始めた割にはそれなりに綺麗に仕上がって............



わたくしのオフィスを訪れる方々からはとても好評を博していた120cm水槽.......








当初、熱帯魚をやるにあたって..........



淡水なのか海水なのか..........


古代魚などの大型魚なのか、小魚なのか.............


ワンメイクで仕上げるのか、いろいろな種類を混泳させるのか..........

などなど.................





なんといっても、その世界の常識を何一つ知らずして踏み込んでしまったので、あらゆる情報を自分なりに集めながら......



それでも、確信めいた根拠のない自信を持って(^_^;)................





よくばりなわたくしは..................





青々と茂る美しい水草と輝く水の中を..................


華麗に泳ぐ赤や黄色の熱帯魚(^^♪..................





というシチュエーションを絶対的に心の中に浮かべていて...................





熱帯魚だけならば、それほど手間も難しさもないのでしょうが、 ‶ 青々と茂る美しい水草 ” という事柄が調べれば調べるほど、それなりのものを揃えていかなければならないという...............


そして、それなりの知識とそれなりの手間暇をかけていかなければならないことだと..............




さらに、いつだれが見ても癒されるような美しさを保っていなければ気がすまないと................





振り返れば、120cm水槽を立ちあげてから二年半近くも過ぎていて...............



よくも、毎日お手入れを欠かさずしてきたものだと........


わたくしったら、本当に真面目な(^^♪..................







6月の時点ではとても綺麗に繁茂していた水草たち.................


b0192199_18202983.jpg

ここにきて、グリーンロタラなどの葉の歪曲化が進み、ソイル中に含まれる栄養がだいぶ失われてきたように感じます..........


b0192199_18285631.jpg


わたくしの水槽は二酸化炭素も随時加えてあり、光も蛍光灯6本という比較的多めの光量で育てています.............


夏場は、透明な遮熱シートと透明なブルーフィルムをアクリル板に挟んで熱を遮ったりしていますが、二酸化炭素と光のバランスで、水草の生育も健やかで................


欠かさず剪定を行わないと、水槽が水草でいっぱいになってしまいます...............



当初は、様子を見ながら少しずつ水草の種類や量を増やしたりして、調整していましたが、時と共に、変化を求めて、最終的に水草の範囲がとても多くなってしまいました................



水草のレイアウトや木の立て方、石の場所やソイルの色、デザインなど.................



水槽を立ちあげていくという行為は、その水槽の中の世界をすべて自分の好みに仕上げ、育っていく水草たちの姿を想像しながら、最終的に水の中の風景をこういう形にしてみようと..............


それらを想像しながらレイアウトを決めていく行為です................



もちろん、水草によっては、うまく育たなかったり..........


濾過バクテリアの働きや水との相性が悪くて、水槽の世界が安定するまでに時間がかかってしまったりと........




一朝一夕にはいきません..........




今回は、前回と違い経験値が増えたので、水草の種類などの育てやすさ、増える速度、量などが想像ができるので、比較的、安易に構えています...............




しかし、ソイル選びからしてもなかなか難しく...............



前回使用したADA のアマゾニア系でいくのか、最近流行の吸着系のソイル、ペーハー安定系のソイルで行くのかと.......



はじめの一歩からして、迷いどころは満載です(^_^;)...............





さらに、選んだソイルによっては、水質が偏る(軟水・硬水、酸性・アルカリ性など)ケースが多いので、水草によっては全滅しかねません..........


これも、やってみなければわからないので...................


そこがまた面白いところなのですが.........




いずれにせよ、現在使用している外部フィルターをそのまま使用して始めることと、水草なども、今のものをカットして植えていってみようと..................


b0192199_13572151.jpg


そうすることによって、濾過バクテリアがある状態から.........そして少しでも増やせることができ、しいては、早期の水質の安定化を図っていくことができます...............



b0192199_13574179.jpg



水質の安定化が早く進めば、それだけ熱帯魚の投入も早められ、避けては通れない苔の発生を最低限に抑えられるからです..........




水槽という小宇宙を創造していくうえで、その世界の生態系に一番大切なのが濾過バクテリアで、彼らは水槽立ち上げ時は存在していません..............だんだんと湧いていくように増えていくのですが、濾過バクテリアの中にもいろんな種類がいて、魚などの排せつ物のアンモニアを亜硝酸塩に変えてくれるものや亜硝酸塩を硝酸塩に変えてくれるものなどがいます。これらが増えて安定することによって、生物濾過が完成します............


アンモニアや亜硝酸塩は特に生物にとって毒性が強く、これらを分解してくれる微生物がいなければ、熱帯魚たちは生きていくことができません..........




さらに、最終的には、亜硝酸塩をチッソに還元してくれる微生物などまではびこってくれれば、自然の川と同じような生態系が出来上がるのですが、そこは、閉ざされた水槽の中の事.............


水質が安定したとしても、どちらかというと毒性は弱いのですが、硝酸塩過多に陥りやすいのがクローズドされた水槽で..........



そのために二週間に一度ぐらいは1/3ほどの水を入れ替える必要があります...........



私は、250Lも入る120cm水槽を設置するに当たり、まずはその重量に耐えられるようなフレームを作成し、それらの管理がやりやすいように、水がすぐに捨てられるように壁に排水のためのパイプを通したり、水が投入しやすいように、同じ温度にした水を蓄える水槽をフレーム内に設置したり.........さらには、水道水では塩素が入っているためにカルキ抜きを行わなくてはならないので、地下水を投入したりと(地下水の水質によっては、熱帯魚が死滅してしまう場合もあります)..........


水槽内のレイアウトも、万人の人の観賞に耐えうる美しさを維持するために掃除しやすいレイアウトにしたりと............






物事は、作り上げることよりも、その状態を試行錯誤をしながら、いかに自分が考えるベストな状態に持っていくか.........



そしてその完成されたものをいかに維持し続けていくかが大切なことだと思っています................





それは、人間関係においても仕事も車も走りも..............



すべて同じです............







お金にものを言わせて買ったものも、維持や大切にする行為を怠ると、全てが価値のないものになってしまいます.........



人の感情が関与する事柄などは  是非に非ず  です.........






アクアリウムのみに集中するならば、水質検査キットなどを揃えればいいのですが、わたくしの場合は、そこまではしていません.............



熱帯魚がすぐに死なない程度の水質が維持できれば、安定させることができれば、あとは自然に任せた方がいいと思っています.....



基本に忠実な立ち上げ手法に、最初だけ様子を見ながら少しずつ慣らしていく...........


後は感覚で判断しています..........


生物が死なずに、苔が発生しないようになれば、それでバランスが取れてきていると思っているからです.........


そして、そのぐらいの感覚がわたくしがアクアリウムに割ける時間の範疇だからです............





さらに今回は、前回の経験値があるので特に迷う必要もありませんが.................








どんな事柄でもそうですが、わたくしの場合、基本的に人に習うとか師事することはあまりありません.................





必要な情報、信頼できる情報を集めて、一から全て自分で取り組んでいき、ものにしていく...............


そういうことをとても大切にしています..............



例え、どんなに時間がかかろうと、時に失敗をしようと、自分で体験してきたことは全て積みあがっていくからです.........



さらに、わからないことに取り組んでいくということは、全ての事に意味のあることに気づくことができるからです........



あらゆることは、小さな条件が一つ変われば、全て違う結果になります...............




ドライビングにせよ、ゴルフのスイング一つとっても、同じやり方が全て正しいとは限りません.........



誰かにものを教える時や話しをする時でも、相手によって教え方や内容をどこまで理解させるか、どこまで話をするか、どう話すかはその時によってみんな違います..............






いろいろなことに興味を持ち様々なことに手を出しますが、そのスタイルが変わることはありません.........









何かをやるときにまず習いに行ったり、資格を取ったり............



そういうことに熱心な人も世の中にはたくさんいますが、人に習うことや教えてもらうことばかりに慣れてしまうと、何か新しいことを始めるときの 大切な 1 を自分では作り出せない人間になってしまいます..................



できない理由を当然というような顔つきで、 知らない 聞いてない 教えてもらってない という言葉で返すことしかできない 足りない人間 と化してしまう場合があります......




安易な方法ほど、物事の真髄から外れていることもたくさんあり......




物事が洗練されるということは、洗練されたものを受け入れるのではなく、自らが無駄をそぎ落とし、その必要性を理解し、そして残ったものこそが洗練されたものになるのだと...............



そう思っています..............





話がだいぶそれましたが、前回の経験を生かして、美しいと思えるアクアリウムを創造していければ今回も楽しみながらできるかなと...............








美しいと思えるもの..............






人は美しいものを眺めていると幸せな気持ちになれます...................




全ての美しさは、それを眺める人の瞳の中にあります............




ひとりでも多くの人が、その水槽を眺めて  美しい  と思える水槽を造ることができればいいかなと(^^♪..............






そう思っています....................






さて....................



やり直してみよう...........................




b0192199_14120468.jpg





























[PR]
by porschewbs | 2014-10-21 21:25 | アクアリウム | Comments(0)

Mizukusa ..........









ここにきて、怒涛の成長を見せる水草たち..............
b0192199_22211656.jpg


勢いを増して水草の絨毯と化すパールグラスのライトグリーンな装いに............

解っていても、思う存分成長させてしまう...........


本当は、ある程度のところでカットしていかないと、後々、ざっくり刈ることになって、とてもみすぼらしくなってしまうのですが..........


どんなものでも勢いのある様を眺めているのは心地よいもので..........


ここまで伸ばし放題に................



アクアリウムの世界も、とても奥が深いのですが、ここら辺をキープしていて.........

あとは楽しむ方向で付き合っていければ、いいかなと.........



この前のソファーに座ると、相変わらず見惚れてしまって................

しっとりと癒されてしまう空間です.....


b0192199_22594259.jpg






小さな熱帯魚なので、寿命もそんなに長くはないのですが、種類によって、逞しさは違っていて......


本人は本能なのでしょうが、ひたすらコケを食べ続けるコケ取り専用の魚やエビちゃんなど...


一生懸命な様子が、働き者にみえてならなかったり......



いつもボーっとしているくせに、近づくと餌がもらえると思い飛んでくる、ちゃっかり屋さんなど.........

観ていて、飽きることはありません(^^;)...........



グリーンの種類を楽しんでいた初期から........赤を入れ........オレンジを入れ........

ガーデニングの花と一緒で、初めはもっぱら好きな花、好きな色のワンメイクで揃えていても.......

時と共にカラフルな装いになってしまって............


b0192199_22595986.jpg



水草がグリーンで統一している方が熱帯魚がずっと映えて綺麗なのですが、ついつい(^_^;).....




人は、美しいものには、魅入られてしまうわけがあるわけです(*^_^*).................
[PR]
by porschewbs | 2014-04-22 22:31 | アクアリウム | Comments(0)