PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

カテゴリ:ポルシェ( 219 )

GT3の誘惑.....Ⅱ



GT3....GT3....GT3


b0192199_2203953.jpg


一時は寝ても覚めても、GT3でした(*^_^*)
とにかく、あらゆる記事を読み倒して、DVDからなにから、手に入いるものはすべて手に入れて、来たる時に準備をしていました。

カレラSのことも調べ上げていたので、スペック的な、数値的なものを比較し、ひたすら想像をふくらましていきました。あのコーナーを抜けるためには、どういう風に旋回していけばいいんだろうと?どこでブレーキを抜き始めるのか.......?986Sボクスターと比べて車重がほとんど変わらないのに150馬力ちがうということは、どういうことなんだろう........?はたして走らせることはできるのだろうか?

カレラSでさえ、コーナー脱出時のあの怒涛のトラクション・トルク・剛性.......それよりも、もっとシャープで、+1000回転以上回るエンジン.......。

夢にまで出てくるそのヴィジョンに.....

........僕は.....恋をしているのだろうか.....?

と.......ポッ....(*^。^*)......

おい、おい!と

ポルシェという車は、たとえ日本で売れているポルシェの80パーセントがオートマであろうとも、やはり走りの車で、ポルシェを購入する人のほとんどが走りを求めて購入していると思います。

快適性や、ラグジュアリー性を求めるならば、もっと安くてそっち方面に素敵な車はたくさんあるからです。

その走りのイメージを持っているポルシェというブランドの中で、本当にポルシェが造りたかったであろう車が GT3 なんだろうと思います。

ポルシェの良さを知ってしまったら、一度は見上げてしまう、頂点が、憧れが GT3 であろうと思っています。

カレラSもGT3も2回ほど、買いに動いたのですが、寸前で売れてしまったり、欲しいオプションがついてなかったりと、なかなかタイミングがあいませんでした。

なんせ、ポルシェといえどもマニュアル車は圧倒的に少なく、まして色やオプションを絞っていくと、とてもとても、理想通りにはいきませんでした。まして、あらゆる資料を集めていたので、自分の中では、色も仕様も、これは絶対に譲れないというのができていたので.....。

そうこうしているうちに、986Sボクスターの二度目の車検が近づいてきます..........。

そして秋も深まるころに、ボクスタースパイダーの登場です.........。

新たな恋の始まりです........(●^o^●)。

その衝撃的な出逢いは、まさに  恋に落ちて  でした(*^。^*)


惚れやすい私は....でも、この後姿を忘れることはいつまでもできないことでしょう.....


b0192199_22394061.jpg

[PR]
by porschewbs | 2010-09-04 22:43 | ポルシェ | Comments(0)

GT3の誘惑.....



GT3....

b0192199_14165045.jpg


ボクスタースパイダーに行く寸前までGT3を探していました。漠然とですが、多くの人がそうであるように、次は911かなと....。

ちょうど986Sボクスターの2速のギアが欠けたあたりで、修理はもちろんするつもりでしたが、そのまま986Sでいくか、それとも次かと....。

私的には911カレラSで十分かなと思っていたのですが、何回かGT3に触れる機会にもめぐまれ、その圧等的なスパルタンな装い......心に響き渡るようなエンジン音.......クラッチを切った瞬間のあの反発力.......。

何をとっても、そこにいるのは、まさしく.............GT3

b0192199_14245820.jpg


走りのGT3.....

ポルシェに関わる人間でGT3を否定する人に、会ったことがない........。

それこそがGT3の真実だと思います...........。

エンジンをかけた瞬間から濃密な空気が漂う独特な空間に変わっていく...車...マシン...



踏み抜いた瞬間.........

b0192199_14332815.jpg


何度か登場してくれるアリミツコちゃん!世にもまれなキャラクターを持つこの人....。
昨日も、とてもおいしいブドウを送ってきてくれました\(◎o◎)/!

ポルシェを購入すると、真っ先に私に電話をくれて、”wbsさん~wbsさん~すごくいいんだよ~全然違うんだよ~とりあえず乗ってみてよ~コメントしてよ~”と.........
とても粋なことを私に言ってくれます(*^_^*)

この車の時は........

b0192199_14525753.jpg


私のガレージの前に車を停めて、降りてくるなり、”wbsさ~ん、今日は運転して~。私隣でいいから~ここまで運転してきたらなんか、疲れちゃったんだよね~”   ....(・。・)

そそくさと、隣に座って、”行こうか?”と.....。”踏んでいから”と......。
とりあえず、そのまま運転して、高速のゲートを抜けて、そのままガスペダルを踏みぬいてみると、
”う~ん....wbsさ~ん、これ、いま何km/h出てるの??”
”えーと○○○km/hぐらいですね”
”う~ん...すごく早いねー....。私の出したことないスピードだな~。これ何km/hぐらい出るのかな~”
”このまま踏み抜けば、たぶん、○○○km/hは出るみたいですよ”
”(*^_^*)う~ん。す、すごいね。ねぇーいいよね~。で、でも、○○○km/hは出さなくていいよー。ちょっと、ちょっと..........速いよね.......。”

”いいですねー。最高です(*^_^*)。飽きたら、ください(*^_^*)”

といった感じで.....

で、この車の時は.........

b0192199_15132932.jpg


"wbsさ~ん、Wbsさ~ん、すごく、いいんだよ!同じ911とは思えないよ~。濃い~いんだよ。濃い~の!とりあえず乗ってみてよ~。明日?明日行こうよ~。でも、wbsさんの家まで行くから、後運転してね~。疲れちゃうからさ~(~o~)”

と..........。いうような愛すべき、キャラクターなアリミツコちゃんは、今日も愛車のGT3を磨いているはずです!!

このGT3、ドライバーズシートの後ろはジャングルジムがあったり、助手席には消火活動ができるタンクが置いてあったり、もちろんシートは倒れなかったりと、とっても、スパルタンな仕様です。

そして、いつものように、いつものコースで、そして、さらにスピードののるコースで.........。

997前期型GT3には、ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステムは付いていません。ちょっと慎重にガスペダルを開けながらペースをあげていきます。音は抜群によく、ついついその気にさせられます。全てのレスポンスが緊張感を高めていきます。そうはいっても、まともに購入したら2000諭吉ぐらいになりそうなので、さすがにちょっと.......でも、踏んじゃいます(^v^)。

”wbsさ~ん!なんか私、酔いそうだよ~。この車!すごく速くない~?(◎o◎)!”

だから、あなたの車です!!

”ちょっ、ちょっ、と、今集中してるんで、は、話しかけないでください.....あっ、す、滑った....
あっ、また滑った...。ちゃんとつかまっていてください!その、ロールバーとかに.....。”

”こ、こんなに、スピード出るの~この車~。は、は、速いね~(゜o゜)”

ま、まあ、あなたの車ですが!

そんなやり取りをしながら、GT3を踏んでいきます(^_^;)。とにかくレスポンスがすごいです。それと、PSMがついてなくても、あまりにもリアルな動きに、こちらも反応しやすいので、とてもドライブしやすい車です。ただ、PSMは本当に最後の保険なので、付いていたほうが安心だと思います。

それと、感じたのは、ちょっと、普通のスポーツカーと楽しめるスピード領域が違う気がします。ボクスター、ケイマンの楽しいスピード領域より、はるか上で、GT3の一番楽しい領域は200km/h前後ではないでしょうか?

車自体がそういう領域に向けて造られているように思えます。レースを前提として、また、他の一流のスポーツカーと戦えるためには、そうであるべきなのでしょう。

b0192199_15455749.jpg


とにかく、右に左に、そして真剣に走らせるという行為に、真摯にこたえてくれる車だろうと.....。

あと何年今のテンションで車に乗れるだろう......。?ならば、ここで、これに行くか.....?行くべきか........?と、何度思ったことでしょう.....。

私にとって、GT3は、今でも....この先もずっと........絶対に目をそらすことのできないポルシェの一台です..........。
[PR]
by porschewbs | 2010-09-04 15:36 | ポルシェ | Comments(0)

987 ボクスター



987ボクスター PDK ノーマルサスペンション 回想......


b0192199_20135735.jpg


年代の違う同じポルシェに乗るときには、確実に以前のモデルから乗るべきだと思っています。


最新は最良という、使い古された言葉を使わせてもらえば、まさにそうで、あの時、あれほどいいと思えたものが、一気に色あせてしまうような衝撃をいつも受けます。

それは、マイナーチェンジといわれるフェイスリフトにおいても変わりません。こんなによかったっけ?こんな足の動き方だったっけ?と.......。

経年劣化によるボディの緩みや、ショックの抜け具合等も考慮に入れても明らかに違う、そのフィール........。

パワーの違いは解りやすいのですが、走りそのもが違うと思わせるような、フィールの違いにいつも驚かされます。

b0192199_20242067.jpg


まして、フルモデルチェンジともなると、あれだけ十分だと思っていたボディ剛性やトラクション、サスペンション、ハンドリングに至るまで、全否定されているような気さえ起きます......。

しばらく、自分の車に乗っていると、また、これもいいじゃん.....。または、こ・れ・で・も・  いいじゃん!という風になって、それなりにまた、楽しめるのですが、それがまた、ポルシェの良さであって、年式が違えど、慣れてしまうと、また、その車がとてもよく感じます....。


でも.......それでも......最新が最良........という言葉が頭をよぎることがあります。

986Sの最終型とこの987の素のボクスターには5年の開きがあります。排気量は3200ccと2900ccと違いますが、馬力で5馬力しか違いません。もっともトルクは排気量なりに違いますが、それでも、重量を差し引いたら、いい勝負です。

しかも、決定的に違うのはボディが違います。リアの追従性やフロントのしっかり感というか、インフォメーションの伝わり方のリアルさは本当に別物です。

晴れの日も雨の日も走ってみましたが、やはり雨の日のような路面のミューが低い時のステアリングに伝わってくるフィールは、まったく.....これがボクスターか?と思うほどです。

b0192199_20385810.jpg


この現実を、ポルシェの技術は素晴らしい!と言えばいいのか.................。

実は10年先まで造っていて、小出しに出しているんじゃないかと、いつも疑っています(^_^;)

フェイスリフトのスタイリングの違いなどは、最終候補に残した2~3のものを、悪い順からだしているんじゃないかと、心から疑っています(^_^.)。

ここまで技術が進歩している世の中で、本当にあれほど、これでもかと新しい技術を開発できるものなのでしょうか?

今度の911GT3にオプション設定されている、”アクティブエンジンマウント”みたいなものや、ターボの新しいシステムも.......実は、みんーな、みんーな、まとめて造っていて........実は、ポルシェの創始者がみーんな造っていて、それを今頃出しているなんてことは.........

ないか(^_^;)......。


でも、かゆい所に手が届くというか、今までどうしてなかったのか?ものにしなかったのか?というものが随所に盛り込んでくるところが、本当に、憎いです(*^_^*)。

そして、そういう、これだよ、これ!というようなものにすぐにだまされてしまって、車に対しては、いつまでたっても、免疫ができない、純真な僕チンは、すぐにだまされてしまって、


ころっと恋に落ちてしまいます........(●^o^●)



やはり、いつもポルシェは確信犯だと.....私は思っています。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-28 21:00 | ポルシェ | Comments(0)

ケイマン.....ケイマン.....ケイマン




ケイマン PDK ノーマルサスペンション 回想.....


b0192199_2116454.jpg


PASMの誰が乗っても、その変化がはっきり解るギミックとはちがう、そのものの足回り........。

これが結構いいんです.....。さすがと思わせる、その味付けに納得させられます。
ストロークをたっぷり取って、そのくせ、しなやかです。

ストリートならではの、コーナリング中でも常にアンジェレーションがあるような場所では、きちんと足が動いてくれないと、怖くて踏めません。そこの所がとても解ってらっしゃる!!というような足です。

b0192199_21261822.jpg



走りこんだ後に、ケイマンから降りて、振り返った時に、気になるのは、その車高の高さですか(^_^;)。走りも大事だけど........見た目も大事だよな.........後、音とか........。

きりがないです(^_^.)。

b0192199_21302742.jpg


直噴ではないけど、このケイマンの2900ccのエンジンはとてもいいです。軽快に回ります。

オプションのスポーツクロノによるアクセルレスポンスはとても好感が持てます。普段はオフのほうが乗りやすいですが、本気でコーナーを抜けていくときは、気もちをとても乗せてくれるアイテムです。




もし、保障のことも考えて、新車で、初めてのポルシェならば、ノーマルケイマンにスポーツクロノとフロアマットを付けて、社外のビルシュタインのサスペンションキット(スプリングとダンパーのセットで車高が30mmほど落ちて、倒立式のもの)だけを付けて走る!!これが、コストパフォーマンスが一番で、ポルシェのすごさを思う存分楽しめるのではないでしょうか??

あくまで主観ですが、本当に走りが好きな人で、それなりに走る車を乗り継いできた人、それでも、ポルシェは値段が高すぎると思う人が、この仕様に乗ったら、ポルシェ“ 安っ!!! ”
と思うのではないでしょうか.......?


それでも高いか.............(^_^;)


私がそうであったように、触れなければ気がつかないもの......乗らなければ解らないものが......この世の中にはたくさんあって、すべて物事は、やはり.....自分の感覚で判断すべきだろうと......。

本当にスポーツカーが好きな人には、レンタカーでもいいので一日乗り倒してもらいたい車です....

きっと思うところがあると思います.........。


これが、文化の違いなのかと.......。


b0192199_21523064.jpg



ケイマンのこのリアフェンダーのラインが........とても好きです.......(*^_^*)
[PR]
by porschewbs | 2010-08-27 21:36 | ポルシェ | Comments(0)

ケイマン.......ケイマン.....




ケイマン PDK PASM 回想.......

b0192199_1617582.jpg


屋根があるか...ないか....それ以外は同じ.....。

ケイマンと一週間ほど暮らした時、ボクスターが勝るものは、オープン以外には見つけられませんでした。

そのくらいに走れるクルマでした....。

特に雨の日などのミューが低い路面を攻め込んでいった時に、はっきりとわかります。ボディ剛性の高さからくるインフォメーションの明確さ、リアの追従性、ボクスターよりずっとソリッドで、挙動変化が手のひらに伝わってくるような感覚.....。


スポーツモードにして、足回りを硬く、ガスペダルのレスポンスを上げて走り抜ける感覚は、楽しくて、楽しくてしょうがないという感じです。

私が乗ったモデルはPDKだったのですが、この2ペダルといわれるMTも、同じドライバーが乗れば間違いなく2ペダルのほうが速いだろうというのが、痛いほどわかります。


b0192199_16321873.jpg


ボクスターとの決定的な違いは、ボディ剛性はもちろんのこと、ルーフがあることにより、ドライバーがものすごく運転に集中できることではないかと思います。さらにPDKがクラッチによるストレスから開放してくれるので、その分ステアリング操作、ガスペダル、ブレーキペダル操作に、全神経を集中させることが出来ます。


選択肢というものは常にあったほうがいいし、よいものはさらによくなるべきだと思っています....。

911.......ケイマン.......ボクスター.......


しかし......みんな欲しい......(;O;).......

ぜ~んぶ欲しい!!!!

ということになります(^_^;).


まるで、松嶋菜々子と食事をしていると時に伊東美咲から今からドライブにいかない?\(◎o◎)/!とメールが入って、杉本彩からすぐに迎えに来て(・_・;)と電話が入ったような状態です。

このたとえは、わかりずらいかな(;O;)??

い~やそんなことはない!!<`ヘ´>!!

ポルシェというメーカーは、本当に罪なメーカーです。

でも、選ぶのは1台でありたい......本当に選ぶのは1台だけ......。

手のひらや、足の裏や、腰から伝わって来る感覚が、冷静さを失わせます.......。

b0192199_1655512.jpg


しかし、今回だけは、ポルシェの後だしジャンケンに出し抜かれなかった気がします。

たぶん......今のところ........今のところ......。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-26 18:25 | ポルシェ | Comments(0)

カレラS......911へのIzanai



ポルシェ 911 カレラS タイプ997


b0192199_21485877.jpg




3824cc 355ps/6600rpm 40.8kgm/4600rpm 1460kg 0-100km/h 4.8秒      

最高速度 293km/h



b0192199_21544453.jpg




カレラS........初めて、ガスペダルを踏み込んだ時の感動は、今も覚えています。

ポルシェに初めて乗ったのは......そう、初めて乗ったのは19の時だった.....友達が真っ赤な911カレラ タイプ964 MTに乗ってきて、乗っていいよと、置いて帰ってしまった時だった.........。
その頃は、そのすごさに、全く気付かずに、交差点を曲がるたびにワイパーを動かしていた.......。

あれから時が過ぎ、久しぶりの911は、すごかった。

もうすでに986Sが体になじんで、その素晴らしさに、すっかり心酔している時に、高速、ワインディング、一般道と、300km程の道程を走らせてもらった。


b0192199_2235177.jpg






高速のゲートをくぐり、踏み込んだ瞬間のトラクションのすごさと、3800㏄のもたらすトルクの太さに、これは.....と。アッというまに、・・・Km/hに達してしまう動力性能に、びっくりしました。

その後のワインディングを攻め込んだ時のコーナリング中のブレーキ操作に対する独特の挙動、ガスペダルを開けるタイミングによるカウンターのあてかた.........知識としては心得ていましたが、その面白さ、ドキドキ感に、心躍りました。


ポルシェ・スタビリティ・マネージメント.........基本的に、このお守りがある限り、意識的なオーバーアクションをとっても、今のポルシェはスピンモードには入りません。それは986Sで、散々試しているので、そこらへんの恐怖感は全くなかったのですが、とにかく、3200ccのボクスターと比べた時のパワー感が段違いで、アベレージスピードがついついあがってしまい、自制心が壊れそうになるのを必死で押さえていました。



そのコントロール感というか、コーナーを上手く回れた時の征服感・達成感は.....これか?....本当に必要なのは、これなのか.....?と




b0192199_22243927.jpg




このカレラSにはスポーツシャーシーが組み込まれていて、専用の足回り、しかもLSD付きでした。その旋回性能、そして911の命ともいうべきトラクション能力のすごさに、思わず舌を巻きました。

後で、986Sに改めて乗った時に、なんてライトな.......。911を基準にすると、これはライトウエイトスポーツなんだと。カレラSに乗って、一番強く感じたのは、トルク・トラクション・ボディ剛性......ですか。


b0192199_22341420.jpg



次は、これか......。その時はそう思っていました......。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-24 22:38 | ポルシェ | Comments(0)

アリミツコさんが待ち伏せ......




とても過ごしやすい天界から降りてくると............



b0192199_1959427.jpg




いました。いました(*^_^*)。


アリミツコさんです。暇を持て余して、やってきました。



b0192199_2004073.jpg




しかし.......二台並べてみると、なかなか、かっこいいです(*^_^*)。



b0192199_2064654.jpg




次回は、ターボな方を呼んでキャララホワイト、スペシャルバージョン、そろい踏みを撮りたいです。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-22 20:07 | ポルシェ | Comments(0)

カイエンS........




洗練されたスタイル




b0192199_22424019.jpg




パナメーラと合わせた素敵な内装..........



b0192199_22444029.jpg




ステアリング周りは911かと.......


b0192199_22452714.jpg





リアフェンダーのプレスはとても綺麗でした。乗ってみると、とても静かでブレーキは抜群に効きますし、乗り心地もとてもとても.....。知り合いのランクルに乗って行ったので、日本でいうRVとは、全く違うカテゴリーの車に思えました。



室内もすごく広く感じました。運転すると、大きさもさほど感じませんし、いい車だと思います。


値段はとてもいいお値段でした。


人が4人以上乗る車には、どちらかというとパッセンジャーのための装備や快適性を求めてしまうので、パワーは必要最低限でいいかなと。買うならば3.6で十分かなと思ってしまいました。



パナメーラも3.6が出ましたが、カイエンとは違って、ポルシェオリジナルのエンジンなのですね。単に、パナメーラの低いボンネットに、はいらなかったからということみたいでしたが、今回のカイエンのフルモデルチェンジには、パナメーラのエンジンは積まれなかったとのことです。


単純にフォルクスワーゲンとの間で二世代にわたってフォルクスワーゲン製のエンジンを積むというサプライヤー契約があったというのが真実のようです。


でも、カイエンもパナメーラも、911やボクスターと並べると異様に大きいですね。


圧倒されます。



ポルシェはもう、これ以上大きく、そして、重くならないで欲しいと思うのは私だけでしょうか.....




ベイビーミッドシップも出るような話もありますが、できるかぎり、グループの圧力に負けないで造ってほしいものです。



ボクスタースパイダーがこのタイミングで出たことについて、いろいろな憶測がありましたが、検討してきた素材だが、止められたら大変だから、さっさと出しちゃえ!!

という感じでポルシェが出したのではないかと密かに思ってます(*^_^*)


組織というものは大きくなると、挑戦より保守にまわる意見のほうがずっと強くなります。解りやすく、間違いがない方法。

それはそれで間違ってはいませんが、少し時間がたつと、牙をぬかれてしまった獣のように、異を唱えていた人たちも、声をあげなくなってしまうことが多々あります。


組織の中にいて、なおかつ上に立つ立場の人間、旗を振る人間は、どんなに上手くいっている時でも、いつでも、これでいいのか?このままでいいのか?と自分に厳しく問える人間であって欲しいものです。


必要とされた時に、自分はそうでありたいと思っています。




b0192199_2319143.jpg





ポルシェが進化し続けてきたように、常に進化していきたいものです。
[PR]
by porschewbs | 2010-08-19 23:25 | ポルシェ | Comments(0)

GT3 来襲



さわやかな朝の静けさを壊すように.....

あの人がやって来ました........。

そう!


アリミツコ ちゃん  登場!!!



b0192199_211094.jpg




相変わらず.....


うるさすぎます!!   GT3エクゾースト!!   


見た目も、音色も 乗り味も.......

100人中99人が理解しないでしょう(^_^;)


でもわたくしは支持します!!!♪


深く深く、支持します(●^o^●)


b0192199_2151372.jpg



その.....見た目にも、音色にも 乗り味にも.........


すべてに、意味があると........。

もともと、この方、BMWを乗り継いでいて、最後に5シリーズに乗っていたのですが、ある日友達のポルシェに乗ったとたん、ポルシェしかないじゃないと!一年かけて禁煙を約束に奥様を説得して、996カレラを購入。(禁煙はポルシェを手に入れた途端喫煙になりましたが(^_^;))

その後996後期型カレラ4Sを購入。

その後997カレラSを購入。

そして、GT3にたどり着いた、生粋の ポルシェフリーク  です。



妹さんも987ボクスターSに乗っている、素敵なおじさん.....でなくて、孫ができたので、


おじいちゃん  です!!


GT3に乗る  おじいちゃん!! です..........。


GT3に乗る  おじいちゃん!! どうよ!(*^^)v


 (^_^;)やれやれ.....。


その方と知り合ったお陰で......同じ道に足を踏み入れてしまいました(^_^.)


この道は......案外簡単にわけ入ることができましたが.....

引返すこのできない道でした.....。とても........深く....深く....味わい深いその道は、

永遠に続く螺旋階段のように........私を導いていきます。

でも、引き返す気など、決しておきない.........素敵な....素敵な....道でした♪

[PR]
by porschewbs | 2010-08-13 23:55 | ポルシェ | Comments(2)