PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ゼットンの光と影 ..............





b0192199_21504518.jpg



まるで、セッティングを出しているレーシングカーのように................


ニュルブルクリンク.........


そういうコースだけでタイムを出すように......

だせるように造られたマシーン.......


それが R-35 という “ GT-R ” なのでしょう.............


解り切っていたことだし..............

予想はできていたことですが...........



それでも、TOYO TIRE の坂道 で見せたあの速さは...............

ディープインパクトで................


ASHINOKO SKYLINE で、冷静に分析できるようになれば............


ステージごとの優位性や.........何よりも重量と過給機から来る弱点が、はっきりと見えてきます......

b0192199_2158632.jpg




立ち上がり重視な破壊的な戦闘力をもつターボマシンを相手に戦うならば、後ろを走るより前を走るべきだと.........


後ろを走ると、どうしても前を走るブレーキランプに惑わされてしまいますが、重量級のターボ車を相手にする時は、突っ込み重視のドライビングで行けば勝機は必ずあると............



NAであり...........インフィールドに強く、そして遥かに軽量なミッドシップ.........例えパワー的なハンデがあったとしても、やりようはあると.........


ある程度長い距離を走るワインディングロードの場合、その都度のコーナー、路面、安全マージンを考えると、追走するときの走り方も、前の車に合わせてしまうことが多く..........


しかし、まったくタイプの違うエンジン特性、ラインの違いを持つ車同士の走りならば.......


むしろ、その先を見て走りのリズムを構築していかないと、惑わされてしまいます.........


そして、何よりもハイパワーターボ車は、必ずターボラグがある...........


どんなに緻密に制御されたターボ車でも、NAのスポーツエンジンを積んだ車と走ると、ストリートでさえも必ずそのわずかなラグにジレンマを感じてしまう.........




K氏曰く.............

前を走っている時に、まったく感じなかった、そのターボラグや............

不満要素が............

後ろを走ると、途端に気付かされると.......................




さらに、重量級の車では、絶対に越えられない.........

タイトコーナーが続くセクションでは、そのジレンマはより顕著になります.............





b0192199_2205314.jpg



この日の天界からのMt.Fujiは素晴らしく綺麗で.................

たなびく雲と............

深くたちこめた霧がとても素敵で...................


頂まで駆け上がると..................

自然と、ため息と笑みがこぼれます..................



この日は、ボクスタースパイダーとR-35こと “ ゼットン ” と トムス “ W123 ” の三台体制です.............

b0192199_222617100.jpg



b0192199_22273253.jpg



b0192199_22264698.jpg






先導車はわたくしのボクスタースパイダーで、もちろん追撃態勢に入っているのは “ ゼットン ” です..........


最後尾から “ W123 ” が気づいた点を後でコメントしてくれます......


あまりのパワー差に...........

あとで、 “ ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ  ” とだけのコメントにとどまってしまいましたが(^_^;).............




全快走行は、憩いの場から天界の頂までの27km弱の区間です............

タイトコーナーから中・高速コーナー、アンジェレーションを伴ったタフなコースで、標高差は約1000mです............


前回の HAKONE走り を参考にすれば、高速ストレートさえ気をつければ、登りでも結構行けてしまうはず.............

そのまま登り切ったとしても、下りでは、負けるはずがないと<`ヘ´>!!!




全てのコーナーを全快走行できなかったのですが、やはり “ ゼットン ” の イケテルところ と イケテナイ ところは、はっきりとしていて...............


登りといえども、TOYO TIRE の坂道 で見せてくれた後姿を想うと精彩にかけます............


登りでさえも、タイトコーナーの続くテクニカルセクションでは、背後から息苦しい息遣いが聞こえてくるようです..........






GT-R ...............


R-32 GT-R は、その時代で日本のみで4万4000台以上販売され...............

その同じ数の人達が、 新車の GT-R という車に酔いしれました.........

我々の世代のスポーツカー好きの人間達の心に最も印象に残った車だと言っても過言ではないでしょう........

それほど、その存在感もパワーも人気も圧倒的なものがありました...........




R-35 GT-R は、3年間で日本だけで6000台ちょっと..........

多分、国内で流通したGT-Rは現在まででも8000台は越えていないでしょう..........


R-35 もインパクトとしては、 R-32 なみの登場の仕方で............

さらに、その動力性能から造り込み、結果を持ってしてもいまだ国産最強............

しかも圧倒的に.......です............


値段が多少高いところもありますが、そこは本気で欲しい人間の心に響けばたいしたことではありません............


それを考えると..........R-32程、愛される車ではなかったのかなと..............



R-32 は、日産のGT-Rファンのみならず、スポーツカーファンのほとんどを虜にしました.........

打倒 R-32 を掲げていた私でさえ、R-32には、特別な思い入れがあります..........


GT-R と言えば、今でも R-32 がすぐに心に浮かんでしまいます.......... 



ニュルブルクリンク 北コースにおけるポルシェターボよりも速いラップタイム..........


それのみの勲章にこだわっていったことは、悪いことではないと思いますが..........



ドライビングの楽しみというのはそういうことだけではないのではないかと..........



“ 愛されない理由 ” がそこにあるように思えます...........



マニュアルシフトを駆使して走るアナログな世界も...........

最後は物理がまかり通るタイヤの世界も........


それは、やはりスポーツドライビングの妙であり........

真髄ではないでしょうか...........



R-32 の時でさえ、弱点は重さでありブレーキだと言われました............

それでも、その当時としては、どのステージでも他を圧倒することができました..........



今は、ある種、性能差が拮抗しています..........


全てのカテゴリーを圧倒するほどの存在はいません.............


そういう意味では、 R-35 という GT-R の存在は、その異質なステージのみでの速さゆえに、日本ではサーキット以外では少々優越感には浸れない車になってしまっているのかもしれません.........


一定以上のスピードにのせられないステージでは、その性能を発揮することができない.......

まして、下りではなおさらのこと...............



日本では、ストリートにおいてニュルブルクリンクのようなステージは、そうそうありません........


そして、そういうコースを走らせられる腕の人間もそうそういない.............



“ ゼットン星人 ” ぐらい狂っている人間がそんなにいたら、世の中は大変なことになってしまいますし(^_^;)............


ある種、特定のウイルスに侵されてしまった人達の一人なのですから.............

b0192199_10191194.jpg






R-35の...............

下りにおける走りも、なかなか渋いものがあります..........

足回りを替えればまだいいのかも知れませんが、その重量ハンデは、どうにもなりません.......



先日、918スパイダーがニュルブルクリンク北コースで6分57秒というタイムを叩きだしました...........

1640kgの重量をもってして、そのタイムは素晴らしい..........



ニュルブルクリンクを走りなれている “ ゼットン星人 ” でさえ、その動画を見て、考えられない速さだと..............



それでも、たぶんそれはそのカテゴリーの速さであって、日本では中・高速域サーキットの世界での速さなのでしょう......




そういう意味では..........

GT3はすごい車なんだなと改めて思ったりもします............


GT3の本当に楽しめる速度域もサーキットレベルの領域ですが、あの車だけは、 “ 本物のGT3乗り ” が走らせたらサーキットでもワインディングでもさすがの領域を見せてくれます.........



ここにきて、PDKのみとなってしまって、重量も重くなってしまいましたが、歴代のマニュアルモデルは、軒並み1300㎏代の車重に抑えているところが本当に素晴らしい............



軽さだけを求めてしまえばいいというわけではありませんが、高排気量の高回転型のNA、1200~1300kgぐらいの車が、わたくしの走らせる範疇では一番ドライバーに優しくて、質感もあるかなと思っています......



今回、R-35と走ってみて...............


“ ゼットン ” を生かせる世界は、サーキットしかないだろう..............


というのが、私の感じたところです................


あらゆる意味で結果を出している車なので、実際走ってみても速いのですが、走っているときのフォルムやイメージ、音がいま一つピンとこない........というところでしょうか......



同じK氏がドライブする車でも “ カレラGT ” や “ チューンド993 ” とは、まったく違った雰囲気を醸し出します............


走り合うと、とても刺激的なのですが、そこに生命感がないような.........


もちろん車は機械なのですが、走らせて生き生きとするオーラを出す車とそうでない車があり........

“ ゼットン ” は、わたくしにとっては、後者にあたる車です..............



車単体としては............

インテリアはあまり好みではなく、エクステリアは個性があって存在感もあり、いいと思います.........

b0192199_20514075.jpg


悪役限定ですが(^^♪、写真映えもして...........

そういう対象としては、素晴らしく様になります(*^_^*)..............



こういう面構えの車に挑まれるのは、俄然燃えてしまいます(*^^)v..........


2013年モデルは熟成の域に達していると、特集を組んでいる記事を読むと書いてたりもしますが、根本的なところは変わっていないので、我々の走るステージでは初期モデルとそれほどの性能差はないでしょう.......


いずれにしても、スピードが乗り続けるような極端なワインディングロードでない限り.........

また、 “ ゼットン星人 ” なみのドライバーがドライブしない限り、我々のステージでは見えなくなってしまうような絶対的速さは出しきれない車だと思います.........




このメーカーが、同じようなシステムのNAであと500kg軽い車でも作ってくれたら、それはまた違う世界を見せてくれる気がしますが..............それも現実的ではありません..........


まだ、当分 “ ゼットン ” とは、走る機会があると思うので、まだまだ新しい発見があるかもしれません(^^♪..................




そう思うと、楽しみはまだ始まったばかりです......................

b0192199_21254512.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-09-30 21:27 | Another car | Comments(0)

儚い夏の空を見上げる..........






今年は、極端に暑い日が続きましたが、わたくしの好きな夏らしい青い空と白い雲のコラボレーションはあまり見ることができず...........

今一つ、魅了されない夏の空が続きました...........

それでも、9月に入って、ほんの少しだけ涼しい風が吹くころから台風が日本列島を通り過ぎるまでのわずかな間だけ、魅力的な夏の空が広がりました.............

b0192199_22293915.jpg





立体感のある雲と青い空のコンビネーションは最高です.............

b0192199_8433283.jpg





この時期特有の現象ですが、不思議と大きな台風が来ると、一気に空気感が変わってしまって、あの暑い日々は何だったのだろうと..........

b0192199_8363966.jpg





雲一つない真っ青な空よりも..........

流れゆく雲が劇的に変化させていく空のほうがずっと好きです............



b0192199_8524239.jpg




青空と光のスパイスが織り込まれるとさらに素敵です(^^♪...........

b0192199_8575645.jpg






そして........秋の到来を予告するように、空の表情が変化していくと..........

b0192199_91552.jpg






オープンエア・シーズンの到来です...............

b0192199_910595.jpg





そして........

秋が来る前に..........

やり残したバトルを..........

b0192199_9145428.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-09-28 18:41 | その他 | Comments(0)

真夏のタンタローバ.........



そういえば、8月の終わりにタンタローバでランチを..............

b0192199_22343062.jpg




最近は、いつもポルシェ・プレミアム・ブレックファースト で寄らしてもらうのですが、仕事の途中でトミタケコちゃんと二人でランチです(^_^;)..............


少し遅いランチになってしまったので..........


ランチ終了2分前に電話を入れて、あと5分でつきますので、ランチを食べられますか?

という問い合わせに、快く対応していただいたスタッフに感謝です(^^♪.........



平日のランチだというのに、ギリギリの時間に入っても、なかなか繁盛しています.........

ほとんどが女性同士や、異性の食卓です...............



男二人で、贅沢な雰囲気でパスタを食べるのは我々ぐらいなもの(^_^;)..............


b0192199_22502295.jpg





素敵なランチコースをいただきますが.............

b0192199_22533538.jpg





これが美味しい\(◎o◎)/!...................

b0192199_22532537.jpg





せっかくなので、二人で違うものを頼んで半分ずついただきます(*^_^*).......

なんだか、とっても仲良しなオヤジ(^_^;)..................


それもどうかと........

ちょっと寒い(;一_一).....................



まあ、素敵なLADYを連れてくることもあろう............

ないか(^_^;)..........


b0192199_22561683.jpg






しかし、タンタローバも壁にポルシェの絵など飾られて...........

すっかり素敵なポルシェレストランになりつつあります(*^_^*).......................




思いだしたら、また食べたくなってきた(^^♪!!!




ぜひ!また寄らしてもらおう(*^^)v...............


b0192199_22592459.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-09-27 23:02 | My Favorite spot | Comments(0)

TRD ダンパー .........






車の挙動を正確につかむのに最も大事なパーツの一つがダンパーと呼ばれるパーツです...........



私のビジネスモデルはすでに8万kmを軽く超える距離を走破していて........


思いたったら香川.............

気づいたら秋田.........


気晴らしに大阪・京都.............博多.................


という具合に......全て車で動いていく私にとって、トータルの耐久性や信頼性は、やはり made in japan なわけで.........

さらに、ビジネスシーンもファミリーシーンも贅沢な移動空間も全て、提供してくれるこのビジネスモデルは、私にとって、ボクスタースパイダーとはまた違った愛すべき要素を備えているわけです.........

毎週欠かさず洗車をし......いつでもピカピカなそのボディ......エンジンオイルの交換のペースは、その距離からわかるとおり、ポルシェ以上です.........


足まりにはTRDのサスペンションキットが奢られていて..............


少し前から高速域での収まりが気になってきていたので、ここにきてダンパーのみ交換です.............




18歳の頃からお世話になっているSHOPで..............

しばし時を過ごします..............

b0192199_22303626.jpg


仲間内も含めれば100本以上のアルミホイールを購入し...........

その倍以上のタイヤを購入し.............

ショックにブレーキ............

オーディオにあらゆるチューニングパーツ....................


いつのまにか.............

超常連になってしまっているところです............


スタッフが入れ換わるたびに名前を覚えるのも大変ですが、それでも国産モデルは、全てここをべースにいじってきました.............

b0192199_22391960.jpg




今回は、私の走り方を考えると、少し距離を走り過ぎてからのダンパー交換でしたが、それだけに交換後の走りの質感向上は格別です(^^♪.............


b0192199_22512395.jpg


しかし.................

国産とはいえ............3500ccの車のダンパー1セット分の値段が、ボクスタースパイダーのダンパー1本分と同じなのはどうかと(^_^;).................

このダンパーキットはTRDモデルなので...........

純正品はもっと安いんだろうな...............


さすが made in japan ! 

それは、世界の頂点に立つだろう.................


しかも、このダンパーは多分カヤバのOEM供給品....TRDが味付けに関わっているとは思いますが............消耗品のダンパーのケースにも下塗りに電着塗装をして、メタリックブルーの塗装で仕上げているという念の入れようです..........

b0192199_232434.jpg


日本という国は、物づくりに対しての姿勢が、本当に素晴らしい(*^_^*).........



せっかくなので、タイヤも4本とも交換です...............

ブリジストンのレグノを選択です...............


高速を走ることが多い私のビジネスモデルは、足回りこそ少ししっかりしたものを選んでいますが、あとは全てパッセンジャーのための選択です..............

アルミもやみくもにインチアップせず、純正のスポーティモデルと同じサイズで..........

タイヤは、ブリジストンが誇るSUV最高級タイヤです(*^^)v.............


静粛性と乗り心地、さらにWET性能が抜群です...........

b0192199_2314999.jpg


それでも、ボクスタースパイダーに比べれば半分の値段です(^_^;)......................


ポルシェのあの走りのクオリティからすれば、それらのコストは破格の安さだと、私は正直に思っています........


ただ、同じ車という観点から見ると、そのランニングコストの差は歴然です..........


車に走りを求めないほとんどの一般ピープルからしてみれば、それは、まったくもって理解できない値段だろうと...........



ポルシェのそれと比較すれば、国産のスポーツモデルではない車のランニングコストは、距離を走れば走るほど安くつきます......

ただ走ればいいというレベルならば、タイヤの価格も含めて、さらに安くなります.............



根本的に求めているもが全く逆のベクトルなので、それに対する対価としては適正価格だと私は思いますが.....


それを加味したうえでも..........



それでもポルシェという車は、本当に私一人の幸せのためだけにある車であるわけです......



それも、価値観のなせるわざですが...............








足回りを一新した私のビジネスモデルは..................

私だけを幸せにしてくれていると言っても過言ではないボクスタースパイダーと違い.............



私の周りの全ての人に安らぎを与えてくれます..............

b0192199_23253234.jpg




5.1サラウンドシステムを備えた16個のスピーカーと二つのモニターは、素敵な音楽と映像をその空間にもたらし..............


大人7人を飲み込む室内の静粛性・居住空間は.......本当に素晴らしく............


280馬力.......35kgのトルクは、必要にして十分で...............






そして、そして................



なんといっても..............


エアコンがついているのですから(^_^;)...................

b0192199_23311166.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-09-25 21:22 | その他 | Comments(0)

Iding Time ................





久しぶりに Iding Power へ......................

b0192199_9152299.jpg


相変わらず、I社長の話は面白い........面白すぎる(*^_^*)..............


エンジンだけでなく、人を介して得てきた人生経験の話がまったくもって面白い(^^♪........


ここに来ると、ついつい何時間も過ごしてしまう...........

というか仕事を邪魔してしまう(^_^;)..................


さらに、スーパーカーなピット内..............

b0192199_21111239.jpg




自分のカテゴリーの中で必要な車ではないものばかりですが、その佇まいやインパクトには........

スーパーカー世代のわたくしは..........思わず笑みがこぼれてしまいます........



ちょうど車検で入っていた カレラGT の下周りを見ることができ.............

b0192199_21161971.jpg




カーボンモノコックとはいえ、あらゆるパーツを固定するためにはビスやボルトがいるわけで.......

その部分の耐久性を含めた信頼性はどこまであるのだろうと.........

ふと疑問に思う...............

b0192199_21214694.jpg





“ そういう車に乗る以上は、定期的なメンテナンスは不可欠なんですよ ” と...........


当たり前の話を、まじめにきちんとする.........


例えば..........

6000万円する車のクラッチ交換は430万..........


当たり前か(^_^;)........それはそうだ............................




フェラーリにせよランボルギーニ、最近では1800ccの1000万弱のアルファロメオでさえ、カーボンボディを纏う................


雑誌で必ず声高に言われるボディ剛性.............

その裏に隠れた、危うさや長期的な耐久性には一言も触れない............



それは、本当にユーザー側の問題なのだろうか...........................



何かを選べば、必ず引き換えに何かを失う...........

世の中にいいとこどりはない...........


GTシルバーに包まれたデザインに目を惹かれているうちには解らない、覚悟の造りが下周りにはある................

b0192199_21372797.jpg





私達が普段見慣れている下周りとは異質な光景が目の前に広がり...............


そこにポルシェの走りへの哲学を感じてしまう................



この車を選ぶ以上、走りへの欲求に伴う代償は当たり前だと.....................

ジャッキアップされた カレラGT の無垢のドライカーボンが............


ポルシェからの伝言を伝える..........


b0192199_21494344.jpg


 

あらゆる意味で選ばれし者が走らせるべき PORSCHE が.................

カレラ GT なのだろう............


憧れだけでは走らせられない無言のプレッシャーが、この車にはある.............


b0192199_21544475.jpg



K氏との走りのなかで.........今となっては見慣れた カレラGT ですが.............

また違った側面を見せてくれます...........................




Iding Power のような実体験からの言葉.....社長の愛すべきキャラクターに触れると............

あらゆる意味で刺激が満載です(*^_^*)..................


b0192199_2212071.jpg



また来ないと(^^♪........................
[PR]
by porschewbs | 2013-09-24 22:06 | My Favorite spot | Comments(0)

Z8 .............




Z8 は素敵だ..................

b0192199_21261199.jpg



古典的なデザイン..............

そのクラシカルなイメージからは、程遠い、猛々しいエキゾーストノート..............

4900cc の排気量に400馬力・51kgのパワー.............

生産台数の半分がアメリカに渡り...........日本には、何台あるのだろう..............

b0192199_21271928.jpg






走っている姿を初めて見る.......................

オーナーの愛情が真摯に伝わるコンディションの良さ.......................

b0192199_21283251.jpg





内装はまるでコンセプトカーのような現実離れしたデザイン.................

細かいディティールに美しさを感じてしまいます...........

b0192199_21301264.jpg





ロングノーズ・ショートデッキのFRスポーツ................

ノスタルジックな出で立ち............

しかし、中身はオールアルミシャーシーにアルミボディ..........

5000CC弱のエンジンを積みながら1630kgのボディ...........


b0192199_213398.jpg



言わずと知れた007......ボンドカー.................

映画では、Z8の生産が間に合わなく、中身はコルベットだったとか.....



そして、この素敵な光り方をするテールライト..................

b0192199_21464984.jpg



ネオン管を採用しているとのこと..............

そういうマニアックな情報に本当詳しいRUF子ちゃんからの情報..............

オーナーにわざわざ、ブレーキを踏んでもらう(^_^;)


さすが “ うどん博士 ” です............(^_^;)..............
[PR]
by porschewbs | 2013-09-23 21:56 | My Favorite spot | Comments(0)

HAKONE IN THE RAIN ............






b0192199_22435469.jpg


ゼットン星人の策略で大雨の中のHAKONEを走る.............




先日、TOYO TIRE の坂道と ASHINOKO SKYLINE をラップした後に、話していると雨がポツポツと..........

天気予報が、まったくあてにならない状況で..............



空を見上げると.............

ゼットンの黒い魔の手がボクスタースパイダーの白い清らかな心に忍び寄っているようです(>_<)!

b0192199_21522418.jpg






“ 大観山 へ向かいましょう ” というゼットン星人の一言で、一同にわか雨の中を走りだしたわけですが..........



この日、走った面々...............

b0192199_21435964.jpg




ハイパワー悪役セダン 対 紅白オープンカーという設定(^^♪.............

久しぶりの再会のM3も重量級のボディを...........そのパワーをもってよく走らせます(*^_^*).........



芦ノ湖まで降りて、もういちど大観山を目指したのですが................

走れば走るほど、雨足は強まり.................


走っている分には、雨は入ってこないのですが、信号で停まった時は..........

思わず傘をさしてしまおうかと思うほどです"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック............



通り雨を信じて、大観山まで一同ノンストップで.............

そして、大観山は.............



土砂降り(。>0<。)ビェェン...................



さすがに、二台のボクスタースパイダーは幌を張りましたが...................


エアコンレスのわたくしのフロントウインドゥは曇る曇る・・・( ̄  ̄;) .......


窓を拭き拭き、走るようです(^_^;)..............



そのまま、とりあえず TOYO TIRE の坂道を下り................

御所のコーナーまで降りたところで、ぱたりと雨がやんだので.................


ちょっと撮影です.....................

b0192199_22294232.jpg



雨の日の撮影は、滅多にないことで..................

b0192199_22314762.jpg




ゼットンの魔力がいっそう引き立ちます..............

b0192199_22312817.jpg




さらに、幌をかけたままのボクスタースパイダーもそうそうじっくり撮影することもなく.........

しかもこの素敵な場所で...............

b0192199_22363694.jpg






幌の付け根のガーターベルトな感じと、リアのラインが何とも艶めかしい((ミ ̄エ ̄ミ)) ...........

b0192199_22375738.jpg





悪役軍団も素敵(*^_^*)/................

b0192199_2239201.jpg



帰り際にも雨に会いましたが...........

この場所で、話しに花が咲きました.................



私の頭の中は、次回のゼットン対策のことで、いっぱいになっていましたが(;一_一)......

b0192199_22512784.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-09-22 22:52 | 聖地での出来事 | Comments(0)

ゼットンの速さ...............



相変わらず............

物語の始まりは................

K氏からの前日のお誘いメールから始まります...............





ブラックのR-35 GT-R........通称 “ ゼットン ” を駆り、気合十分なK氏..........

b0192199_13453980.jpg



セミプロレーサーなこのオヤジ.......

素人相手に、あくまで自分の有利なステージを選択する悪名高き負けず嫌いなオヤジは.........


悪役らしい登場の仕方で.........


今回は寝坊はしませんでしたが、我々の待つパーキングへゆっくりと.....これもまた、悪役にぴったりの雰囲気をたなびかせて登場します...........

b0192199_1350792.jpg



この黒光りした “ ゼットン ” のバンパーに静かに映りこむボクスタースパイダーがお気に入りです......


お誘いのステージは、もちろんハイパワーターボ車有利の高速セクションの設定で................



そして、当然のように...............


“ ゼットン ” のリミッターは解除されていて........本気で踏めばオーバー300km/hの世界を垣間見ることができます.......




ODAATSU の高速ステージからTOYO TIRE の坂道........ASHINOKO SKYLINE へ.....



ボクスタースパイダーで、対抗できるのはASHINOKO SKYLINE ぐらいか(^_^;).....?


と思いながら........

呑気にタバコを吸っているK氏に.........



“ さ、初めましょうか! ”


と..............

まるで 人生ゲーム の始まりのように...............



ODAATSU にライン参加した瞬間に踏み込んでいく “ ゼットン ” !!


〟 ほう~( ̄ω ̄;).........さすがに速い.......ポルシェターボ並みの加速だ..... 〟



 予想通りの瞬発力.......スピードに乗ってからの中間トルクの分厚さをこれでもかと感じさせる加速力で...............いやっというほど踏んでいかれる.............


ストレートが多い ODAATSU でも、無人の野を行くようにはいかず、一般車の多さも手伝ってそこそこのペースで走る “ ゼットン ” .............



それでも、ひとたび前方がひらけた時のストレートの加速力は素晴らしく.......

フルブレーキングからのコーナーアプローチのないこの場所では、トータル性能の判断はできませんが、こういう限定されたステージでは、かなりの戦闘能力をもっていることは否めないほどの速さを見せつけてくれます...........



しかし このR-35 ..........2008年モデルの個体ですが、ODAATSU レベルの速度域におけるアンジェレーションによるボディーの動きは、後ろから見ていてかなりの危うさも見せます......


k氏のコメントにもありましたが、路面の凹凸に対してダンパーの収束が悪い.........


それが、ランフラットタイヤのせいなのか、サスペンションのヘタリなのか、ボディの重さからくるものなのかわかりませんが..............


実際こういうセッティングなのかもしれませんが.........


ODAATSU の路面は、場所によってかなり路面が悪いところがあり、連続して凹凸が続く場所での “ ゼットン ” の挙動は、一度目の入力が収まる前に来た二度目、三度目の入力で.........さらにその相乗効果で..........かなりの上下動を余儀なくされます............


それは、この速度域を考えると、後ろから見ていて不安になるくらいです...........


いずれにせよ、今後の展開を込めて、K氏はすでに鈴木利男氏渾身のサスペンションキット “ NordRing Special Edition ” の装着を準備していて..........


それを期にランフラットタイヤで行くのか、それとも通常のタイヤで行くのかと..........

我々、外野の騒音を小耳にはさみながら.......................

ああでもないこうでもないと................






そしてなにより..................


私も含めて、K氏のドライビングライフの常識を覆す “ ニュルブルクリンク北コースにおける7分20秒台のラップタイム ” の解答を求めて..................


ただそれだけを求めてのお買いもの.................

b0192199_22305919.jpg




それが、今回の “ ゼットン ” の存在意義であり.........


K氏が乗りこなそうとしているただ一つの理由です..............


あらゆる批判を跳ね除けての.......自ら理解していこうとするその贅沢過ぎる犠牲に...........


かあちゃん、ごめんよ~ ヾ(_ _*)ハンセイ・・・



たまたま、その場にいたわたくし........我々は..........

ただ乗りしちゃうわけです(^^♪........................




“ ゼットン ” を操るK氏........................

ウルトラマン的には、ゼットンを操っていたのは..........ゼットン星人なので.............

ここでいうK氏は、ゼットン星人な訳で.........


あっさりと “ ゼットン ” を手に入れたK氏へ (≧∇≦)ъ ナイス! と ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ


という気持ちを込めて...................


今後、ゼットン星人と呼ばせてもらおう(*^_^*)..........




ということで、“ ゼットン星人 ” がどうしてここまで R-35 にこだわるかというのは...........彼がイヤッと言うほど、ニュルブルクリンクの北コース+GPコースを走っているからです............


実際、本当に “ イヤッ (≧ヘ≦)  ” と言ったらしい(^_^;)..........


そこまで過酷なそのコースで..........彼が認め続けている PORSCHE が作り出す車のトップモデルのラップを一瞬でも凌駕し..........


通常では、理解しがたいそのスペック............特にその1730kgという重量をもってして..........彼が体で理解したコースで........... “ そのタイム ” をたたき出したことへの解答を知りたいと.............



少しずつ “ ゼットン ” を理解していく “ ゼットン星人 ” のその感覚が.............

その言動が............私にさえも、薄々実はこうではないかという予想を構築させていきます..............


ゼットン と ゼットン星人 とか命名するから..... ← 文章がわけが解らない(^_^;)...........



走りだすたびに途方もないペースで走り込み、そして停車するたびに、 “ ゼットン星人 ” は笑顔で頬を紅潮させながら語ってくれます...........


ハイキャスの出来が素晴らしい.......スタビリティマネージメントシステムは全然だめだ.....中間トルクの出方が絶妙で...........ミッションはポルシェのPDKには遠く及ばない...........


しかし、それでもこのモデルが5年前のモデルと考えると、水野和敏氏が引退した今となっては、彼が最後に手掛けた2013年モデルに乗ってみたいと................



そこまで感じいるか............


そこまで言うかと..................

b0192199_18332866.jpg









そして.................



TOYO TIRE の坂道に全快で挑んで行く.......................


料金所からのロケットスタート............


パワー勝負の登り直線..............


コーナーでその差を少し詰めても........完全に立ち上がり重視なそのドライビングスタイルに.....


〟 これは....参ったな.... コーナーで詰められるだけの距離以上の差をストレートでつけられている..... 〟


御所のコーナーで張り付いても........そこから先の中盤のセクションでは、ストレートの度にそのターボパワーに圧倒されます.............


〟 これは.......やばい.........弾けちゃうかな(^_^;)..... 〟


いつもは使わない、追い越し車線までを含めたライン取りをして、めいっぱい攻め込んでコーナーを使っても完全に詰められないその距離感............


登りの TOYO TIRE の坂道で、初めてリアが完全にブレイクしていく挙動に..........


背中に冷たいものが走り.............


〟 これで、見失ったら終わりだろう! この車にスピンはない! させないし! ここは.........やはり勇気!..........かな(^_^;)........... 〟


と...........未体験のゾーンに.........


心臓バッグバクです(;´Д`A ```...........





“ ゼットン星人 ” が駆る カレラGTよりも速い速度域............


カレラGTには、大いなる弱点があると、 “ ゼットン星人 ” は言う...........

それはタイヤだと.........

タイヤが食いつかない...........サイズ的にも一種類しかないそのタイヤが弱点だと..........

ミシュランから新しく出るタイヤのN指定.......カレラGTのサイズが出ればその時に本領が発揮できるはずと.........



それは、さておき..................

TOYO TIRE の坂道を “ ゼットン星人 ” が駆る “ ゼットン ” は、320馬力のNAでは手がつけられない...............

頂上まで、途中一般車をパスする際のペースダウンを交えたこともあり.........完全に目の前から消えることはなくても、ストレートの速さは秀逸で..............


少なくとも、このわずかなTOYO TIRE の坂道という距離の中では R-35 の加速力に衰えは見えず...........

そのパフォーマンスに偽りはないだろうと...........

ストリートにおいて、 R-35 を攻め込んでいる人と巡り合ったこともなかったので......また、高速道路をちょっと飛ばしているところぐらいしか観たことがないので、その真意の程は、どうかなと思っていましたが...........

“ ゼットン星人 ” が駆る R-35は、憎たらしい程の性能差を見せつけてくれます..........


ただし.........確信的な事柄として..............

〟 ASHINOKO なら行ける 〟 と...........................





そして.......................


ASHINOKO SKYLINE に全快で挑んでいく...................


b0192199_20574817.jpg



DAIKANZAN を超えて、そのままノンストップで ASHINOKO SKYLINE に向かう.........

ところどころウエットな路面のタイトコーナーを処理していく過程で..........

“ ゼットン ” の弱点が見え隠れします............


〟 オールマイティーは存在しない............. 〟



一般道から、ASHINOKO SKYLINE に入った一個目のコーナーをなんなくクリアする “ ゼットン ” に対して、いきなりリアが出る “ ボクスタースパイダー ” ....................


ハーフウエットの路面に対しての4WDの適応能力も、また凄い..........


こちらがカウンターをあてる場所で、ブレさえもない.............




〟 いちいち頭に来る(;一_一)............... 〟




料金所を過ぎて.............

またもやロケットスタート.................................


〟 絶対追い詰める (-""-;)フッ .......... 〟




絶対的なアベレージスピードが低く、コーナーの曲率が遥かに高いこのステージは..........

想像通り、 “ ゼットン ” の背中は息苦しい
.............


“ ゼットン星人 ” のドライビングをもってしても、圧倒的な差は生まれない...........

それでも、十分に速いその脱出速度は、確かに素晴らしい.............



間違えてはいけないのは、 R-35 のブレーキランプとライン取りは、完全に無視しなければいけないということ..............



ASHINOKO SKYLINE のようなステージでは、 R-35 のブレーキングアプローチはかなり早い........


そのブレーキランプの灯りに惑わされなければ、 “ ゼットン ” のブレーキランプの点灯から、こちらのブレーキングまで数秒数えることができる程に............



リア駆動の車でひたすらドライビングを磨いてきた “ ゼットン星人 ” の言葉をもってして語ると.........



クリップまで我慢して我慢して、踏んでいくガスペダルを......遥かに早く踏んで行ける凄さ....前から引っ張ってくれるような力と........そして、絶妙なハイキャスの動き........

この未体験の車の動きがとても新鮮で素晴らしいと........

今までと違うドライビングを要求され、こなさなければならないこの新しい種類の車に..........

新鮮な魅力を感じると...............



そして、新しいGT3やターボは、完全に GT-R の影響を受けていると.........


笑顔で、興奮気味に語る “ ゼットン星人 ”.................




かつてのポルシェの最高峰...... “ カレラGT ” をドライブし、所有していて............


それでもなお.....


どんな速い車に対してもその美点とマイナス点を理解しながら、乗りこなしていこうとするその姿勢に感銘を受けながらも..........



〟 それでも、私は、ボクスタースパイダーで行きますが _s(・`ヘ´・;)ゞ..  〟


と........たった一台の非力な.........そして、マニュアルミッションというトラディショナルな装置に身をゆだねて...............

b0192199_2174814.jpg




対決は..................

やはり、ホーム&アウェー 方式でないと駄目でしょうよ( ̄へ  ̄ 凸..........



心の底から誓っている..............こちらのステージでは...............

〟 完全にぶっちぎる........流して待っている状況を作り出してやる((( ̄へ ̄井) フンッ 〟


と...............................




闘志だけがフツフツと燃え上がります........................



例え160馬力の差があったとしても................

ハイスピードコースで、どれだけ戦闘力を持っていようとも.............


始めから解っている...........

解り切っている...................



“ ゼットン ” の唯一の弱点を突く..................



渾身のダウンヒルアタックを仕掛けてやる...................



o( ̄ー ̄;)ゞフッ.................








失敗したりして(^_^;)......................
[PR]
by porschewbs | 2013-09-18 21:21 | Another car | Comments(0)

Royal Guard  Project Ⅳ .........






背徳のシナリオ.......................


b0192199_1822450.jpg



バックミラー越しに追ってくるこの赤い車を観た時に、“ 嫌なのが来るな~ ” と思われる様な、やる気満々の真紅のボクスタースパイダーを作り上げるというシナリオ........




完結編です...............





最終仕上げで、このラインを入れることで.................


b0192199_1861710.jpg




何者!


というような感じで..................




たとえ PORSCHE であっても、真紅のボディは、やはりインパクトが違います...........

停めていても、純白のボクスタースパイダーが与える印象とは、まるで違います...............



磨きの達人が磨ききって、日数がまだ経っていないので粘着力が存分に発揮できず、まだ透明の保護フィルムが貼ったままですが、次回保護フィルムをはがしてポルシェクレストを取り付ければ、完成です..........


カッティングシートもやり過ぎると、とってもお下劣になってしまうので、ここまでで完了です......


カッティングマシーンを使って造るので、やろうと思えば、両サイドにゼッケン入れたり........

ライン上に PORSCHE DESIGN の文字を入れたりと..........


なんでもありなのですが.........


どこら辺で抑えるのかが一番肝心で.................


今回のイメージはここまでです......................


あと...........やって、フロントウインドウの枠のブラックアウト化ぐらいですか..........



今回のライン3本入れるだけでも、いたずら3人組でああでもないこうでもないと...........

ラインを貼る男........泣く男........撮る男.............

b0192199_18273244.jpg



トミタケコちゃんは、センスを別にすればカッティングシートに異様な執着心をもっている男なので.........


かつて、カッティングシートのみでWRC用のランエボレプリカ(かっこだけ仕様)を何台も作り上げた実績がある彼に、位置出しだけ手を貸して任せます..............


この、真剣極まるプリップリッのお尻.................

b0192199_18324030.jpg


と、邪魔だけしに来たRUF子ちゃんの噴霧攻撃................






しかし.........かっこいい.............

b0192199_18541320.jpg



今回は、男気あふれるスパイダーをと............

カッティングシートを多用して、せっかくのデザインを崩していくのもどうかなと思っていますが、こういう仕様は、古典的なレーシングマシーンのようで好きです...........


サイドのボクスタースパイダー専用ステッカーと相まって、なかなか様になっています..........


白と赤のスパイダーでゆっくり流すと、白のスパイダーのエキゾーストで振り返るお姉さんは、その後から来る赤のスパイダーを間違いなく見るのがどうかと思いますが(^_^;).....



スポーツカーの王道の赤に、これらの装いは、黙ってても視線を奪ってしまうお約束仕様です...........


これはこれで(^^♪..............

b0192199_18435320.jpg

[PR]
by porschewbs | 2013-09-16 18:55 | ポルシェ | Comments(0)

哀しみの MASERATI ...................




美しいセダン.....................

b0192199_231583.jpg




私はスポーツカーが大好きです...............

その独創的な世界は、あらゆる国、メーカーによって、特徴があり.........

そして、スポーツを語る以上速さを含めた動力性能を基本としています................


そういった意味では、そこに競争が生まれたり、スペックでは語りつくせない官能性が求められたり........

そして、躍動感あふれるデザイン.........

かっこよさ..............強さの中の美しさ................

贅沢に..........そしてドライバー、一人を対象として、全てを作り上げられた車がスポーツカーと呼ばれる種類の車だと思っています...................




対して、セダンとは.................


初めから、その実用性.........快適性........4人以上の人をきちんと乗せて走れるという定義のもとに造られるべき車...............




しかし、そこにあえて美しさを求める...............

枠が決まった中でのデザインの追求..........................

デザイナーの質がもっとも問われるところでしょう............





私のライフスタイルの中では、セダンという車に必要性を感じることが特にないので........

深く掘り下げることもあまりありません..............



ですから、セダンに関しては、単純に見た目の美しさに心を奪われることが多く.........


特にイタリア生まれの4枚ドアの立ち姿には、時としてハッとしてしまうことがあります...........





それは、アルファロメオの159であったり...............

b0192199_894015.jpg




そして、このマセラッティ・クアトロポルテであったり............................

b0192199_8135341.jpg





お友達のタイセイコちゃんが、手に入れたマセラッティ・クアトロポルテ GT S ........

5,270 mm X 1,950 mm X 1,470 mm の恐ろしく巨大なボディに............


390 kW(530 ps)/ 6,700 rpm (DIN) 710 Nm(72.4 kgm)/ 2,000 rpm のパワー............


3800ccのターボモデル..................

b0192199_8465847.jpg



とにかく大きい...................

21インチの素敵なデザインのオプションホイール................

b0192199_914687.jpg






マセラッティのマセラッティたる由縁のトライデント..................

b0192199_935936.jpg


美しいマセラッティ・クロック...............

b0192199_9192630.jpg



卒のない内装...............

b0192199_9211051.jpg







随所に散りばめられた、MASERATIの文字が所有欲を満たしてくれます..............

b0192199_96372.jpg






マセラッティという響きといにしえからのイメージが、この車への憧れを惹きつけるのでしょう.......




そして、デザイン..............

b0192199_930788.jpg




日本の行動を走る多くの外国製のセダンとは一線を画す存在感..........

b0192199_9235264.jpg




洒落てます................





かつて、タイセイコちゃんは、同じマセラッティのクアトロポルテGTSの先代モデルに乗っていました.......


これがもう......見るからに極悪で...........

b0192199_9422513.jpg




カレラやポルシェターボ......AMGと素晴らしく速いペースで車をチェンジしていく彼は........



その奏でる “ 音 ” だけのためにフェラーリエンジンを搭載するマセラッティに行った経緯があります............

確かにその車が奏でるエキゾーストノートは、世のセダン史上、最も美しい音色を響かせるセダンだと思われます...............

http://porschewbs.exblog.jp/15274745



そして、今回のクアトロポルテのフルモデルチェンジを機に、新型へ..................

私的には、タイセイコちゃんが所有した車の名では、ポルシェターボがとっても魅力的だったりしたわけですが(^_^;)............


http://porschewbs.exblog.jp/14302540





しかし.........................


しかし.............................................


この見方によっては素敵過ぎるこのマセラッティを..................

マセラッティ クアトロポルテ GT S を..........................................








納車一か月で、売っちゃいました(;一_一)............



ヾ( ̄o ̄;)オイオイ.........................



どうしても我慢できないことがあったらしく......................


その最右翼が.........................

“ wbsさん!この車¥1800万もするくせに、ナビにVICS もついてないんですよーヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! ”


“ まあまあ (*~ρ~)ノ(≧ヘ≦)ナデナデ ”



“ wbsさん! しかも、が、がダメなんですよーヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! ”


“ まあまあ (*~ρ~)ノ(≧ヘ≦)ナデナデ ”



“wbsさん! やっぱり大きすぎるんですよーヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! ”


“ まあまあ (*~ρ~)ノ(≧ヘ≦)ナデナデ ”


と.............................




でも、1000kmも走らないで売るのか....................・・・( ̄  ̄;) うーん


その余裕が羨ましい..............



結局、すでにEのAMGを発注していて..................

もう来るらしい................・・・( ̄  ̄;) うーん


素晴らしい決断力........即決か.................┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・





タイセイコちゃん史上、最短の所有時間をもって.............

この素敵なマセラッティは.............ドナドナされていったわけです....................

b0192199_10353547.jpg




そして...............

後には、このMy Brother が納車祝いにタイセイコちゃんにプレゼントした素敵なCAPだけが..........


b0192199_10274141.jpg



残ったのでした(^_^;).................
[PR]
by porschewbs | 2013-09-13 19:29 | Another car | Comments(0)