PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

<   2014年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

南斜面のトンネル......









今季初めて、南斜面を下る..............

b0192199_913576.jpg




天界の南斜面は、雪多きこの冬でも、工事は進んでいて............


かなり大がかりなところにさしかかっています...........



また、たいそうなトンネルまで掘っているので、最終的な道路の出来具合を調べてみました............


この場所を走る “ とうげびと ” 以外の方には全く関係のないことですが、あと2区間で完了予定です..........

といっても、1区間目の終了予定が来年、2区間目の完了予定が29年ということです......


ふたつの区間にトンネルをつくり、両方の箇所で360度回すコーナーを作る予定のようです......


出来上がったら、ここの高速コーナーは結構弾ける車が出てくる感じです(^^;).....


峠の茶屋の前は通す予定になっていますので、どちらにせよここが全てつながると、憩いの場から南斜面のUターン箇所までの全快区間は35kmのロングディスタンスになります............


Uターンして、峠の茶屋まで戻れば、ワンラップで45km弱........


相当タフなコースになります........


しかも最終ステージがダウンヒルとヒルクライムで、高速コーナーの連続............


うっかり欄干を超えてしまうと、泣く子も黙る50mダイブ(^^;)............


こんなコース造っていいのか(^^;)...........

b0192199_9285033.jpg





この南斜面の総工費は200億円...............




それをわたくしたちのために(:_;)...............


 ( ちがう、ちがう ( `ー´)ノ ) 



かたじけない(>_<)!!



( だから、ちがうって ( `ー´)ノ )




わざわざ、お国がそこまでしてこんな素敵なコースを造ってくれるのだから、一生懸命走らない手はない..............



( おい おい ( `ー´)ノ )




b0192199_10573229.jpg





この場所は...........

一年を通して、明け方に走っている車はほとんどなく.................


民家もなく........


有料道路でもない...............



山あいを橋梁でつないでいるので、エキゾーストノートは響き渡り........


その反響音で、いやでも気分は高まります............



晴れた日の景色は素晴らしく...........


その、のっていくスピードも素晴らしいのです(^^;)...........



とにかく..........


素敵すぎるのです(^^♪..........................

b0192199_1143833.jpg

[PR]
by porschewbs | 2014-03-31 19:39 | 天界の出来事 | Comments(0)

Iltukigake ...........






b0192199_21182488.jpg



全国的に荒れる天候を避けて...........


いつもより少し多い車をかわしながら明けて行く朝のなかを...............


心地よいエキゾーストノートに包まれて走る..............





こういう日は..........

下界に多い車達も........標高600mを越えたあたりから一気にいなくなり.........


すれ違う車も.....追い越す車も無く.......

早くも今季最高のゾーンに入っていきます..............


誰かと走っていても、この場所はほぼ  “ 一騎駈け ” になりますが.........

今日は本当に誰もいない.......



冬の.......走りたくても走れなかった時間を取り戻すために.........

ご機嫌なリズムを刻んで行きます.....




久しぶりに “ この瞬間  ” に全神経を集中していきます.......



b0192199_21451780.jpg




私は、もう何十年もこういう時間を人生の中に持ってきましたが..............



この瞬間を持たないで生きてきたら、ずいぶん違った人生になっていただろうなと........




学生の時と違い社会に出てからというもの、仕事や生活においてスピード感のある動的な環境の中で全神経を集中させ、物事にあたるということはまずなく..........



ある一定の時間をいくつかの動作を同時に行い、ひたすらスピードと安定を求めて行く.........


一つ間違えればどこに吹っ飛ぶかわからない状況をきちんとコントロールしていくために.......

その都度違う路面状況やバイオリズム的な心境の変化も含めて、あらゆるものに左右されないドライビングを求めて........


ドライビングとういう行為に魅力を感じない人には、まったくもって愚かな行為以外のなにものでもないのですが、ドライビングテクニックの追及.......そして、一生理想の走りはできないであろう奥の深い面白さ......


そして、今よりも少しでも速くその場所を走り抜けることを望めば......それを突き詰めていけば、それは恐怖との戦いでもあり........その分、極度の緊張感を伴った “ 集中 ” の連続になるわけです.........



ある種危険と隣り合わせの、極度の緊張感を定期的に持って生きてこなければ、たぶんずいぶんとだらけた人間になっていただろうなと.........


仕事でも生活の中でも、ここ一番の集中力や人の言うプレッシャーというものにあまり惑わされずに生きてこれたのも、 “ 走り続けることによる賜物 ” ではないかと..........


勝手に思っているわけです............



何をするにも一番大切なことは “ 継続すること ” だと思っています.............



といっても、継続している内容が愚かな行為なわけですが(^_^;)..........






そして、天界においては...........


先週に比べて、気温は10℃も高く..............


頂から見える Mt.Fuji が纏う雪も先週に比べてかなり溶けているのがわかります.......

b0192199_22252527.jpg


  

相変わらず、二か所あったダートはそのままで..........

しかし、頂上手前の6連コーナーの先のストレートは、綺麗に舗装されていて...........

最終コーナーを抜けてから、橋の手前まで..........

ベタ踏みでトップスピードにのせていくことができます............



本当に走りやすい.......路面も環境も整った、類稀な一日でした...........
[PR]
by porschewbs | 2014-03-29 22:43 | 天界の出来事 | Comments(0)

Lapin Chocolat を Cute に仕上げる......Ⅰ







基本的に..........

クルマという機械であればとりあえず大好きなわたくし..........

そして..........目の前に据え膳のようにおかれてしまうと..........

それなりについつい、いろいろと弄ってみたい衝動を抑えられなくなってしまいます..............


また、病気が(^^;)...........





さて、先日わたくしの前に姿を表した “ ラパン ショコラ ” ですが..............

b0192199_222711.jpg





全体的に本当に良くまとまっていて...............

可愛らしいフロントマスクに、チャーミングな後姿...........



お洒落すぎるインテリア............

b0192199_11451119.jpg




軽自動車のサイズ的にもパワー的にも......そしてそれを背景にした低価格という最も厳しい条件・規格の中でよくこれだけのものを造ってきたなと...........


本当に感心してしまいます..........



わたくし的には、かっこいいものはよりカッコよく.........

可愛いものはより可愛く............


さりげなく......それでいて個性をだしてと.............



そんな思いを込めて、この “ ショコラ ” という車をほんの少し変えて行ってみようかと........


前回の “ Lapin chocolat ...... ” のところでいろいろと書きましたが........

http://porschewbs.exblog.jp/22220146


全方位から見たノーマルの立ち姿の中で唯一弱さを感じるところがわたくし的にはサイドビューで.....

b0192199_2232522.jpg




フロント・リアのインパクトに比べて、少し弱いかなと............


“ ショコラ ” にはオプション設定されていませんが、 “ ラパン ” と共通なボディからなるそのホイールベースを利用して、“ ラパン ” 用のサイドステップを追加........

このサイドステップもいたずらに地上高を低くするような大げさなものではないので全体的にボディを少しだけ分厚く見せるところに好感が持てます........

ほんの少しの違いですが.......比べると印象がずいぶん違います......


さらに、バンパーの Rが違うので、これもまた取り付け不可にになっている “ ラパン ” 用のカラーリアマットガードを加工して取りつけます............

両方とも純正品で、同色の塗装が初めから施されています..........


ちなみに、新車時にオプションで付けたものはリアウイングのみです.......




ショコラ用の標準アルミホイールも何気に “ エンケイ ” 製ですが、何分14インチなので、15インチにインチアップしていきます.........



ここで思わず微笑んでしまうのは、軽自動車用のアルミホイールのお値段です.........


なるべく大きく見せるデザインをと手にしたものの値段が¥6000 ....................

b0192199_11513072.jpg



や.....安すぎるだろう(^_^.).............

しかもこのホイール無茶苦茶かっこいいじゃん(>_<)...............


タイヤも、国産ですら安いものはエコタイヤで¥5000から............


タイヤ、毎月替えるかな^_^;...............




ホイールは、思わず!4本買ってしまいました(@_@;).................

何も考えずに..........


だって安いから(^_^.).....




今回はミルクティーベージュのボディなのでホイールは可愛く白できめるつもりだったので後から塗装を剥離してポリエステル粉体塗装で仕上げる予定で..........


しかし、とりあえず購入したホイールのデザインがとてもシャープな感じだったので、このかっこ良過ぎて安すぎるホイールは、採用せず、 “ ショコラ ” にデザイン的に似合う、手持ちの “ ミニライト ” のシルバーのホイールの塗装を剥離して白の粉体塗装で仕上げて、履かせてみました.............




シルバー塗装を剥離してアロジン処理..............

b0192199_11541949.jpg




ポリエステル粉体塗装のツヤ有の白でピカピカに...............

b0192199_12044.jpg




ちなみに “ ミニライト ” のアルミホイールは、軽自動車用でも¥10万円近くしたりします(^_^.).........



この時点で、事前に頼んでいたお方に...............

ボディを全面的に.....................


 “ 磨きの達人 ” に磨いてもらいます............




洗車から始めて、マル一日.................

b0192199_12595086.jpg







私と馬鹿話をしながら楽しく施工してくれます....................

b0192199_132639.jpg






基本的に、ボディコーティングというのは、その前に汚れや傷、塗装のあらに至るまで、きちんと磨き上げた後に施工するものなので、新車のうちにやっておくと、その後のメンテナンスが非常に楽です.........


私の場合は、基本的に洗車は自分で全てやりますし、ポルシェは走った後に必ず洗車をし、水を切ってからガレージにしまいます............


初めにグラスコートをかけてもらった後は、水洗いのみで、特に特別なことはしません........



新車の時にこの工程を踏んでおくことで、その後のメンテナンスが非常に楽になることが最大のメリットなのですが、その他にも新車時の “ 磨きのプロ ” から見たボディの塗膜状態も認識できるところにもこの施工をしてもらうところにポイントがあります......


新車と言えども、車によっては、何らかの原因で扉を一枚塗り替えたもの........

塗膜状態がおかしいもの.........

最終工程が抜けているもの.............

など..........


色々な点を指摘してもらい、見出すことができるからです............




私からすると、車の塗装の仕上がり感でいえば、日本車は世界トップクラスだと思っています.....

ポルシェなどの高級外国車は、必ず納車前の直前に磨き作業があり、ピカピカに磨き上げてから納車されます...........

対して国産車は、特別な事情がない限り営業マンが洗車するぐらいです........

塗装しっぱなしで、あれだけの塗膜の表面状態をつくりだす国産メーカーのすごさには、感動してしまいます........




一度でもコーティングに出したことがある方ならばわかるでしょうが、磨き上げたボディとそうでないボディは、その表面の仕上がり具合は、雲泥の差です..........



そのくらい、ボディーコーティング(というよりその前の下地作りと言える磨き上げ)をした車のボディは光り輝いていて深い光沢を有しています........


そして、その仕上がりの優劣は、ほぼ100パーセント、磨き上げる職人の腕にかかっています......


こればかりは、どこまで行っても経験値で.........


宣伝広告をやたら使っているお店のコーティングが必ずしも優れているわけではありません......




私は車に関わることがほぼすべて大好きなので、そういう作業を目の当たりにしながら時を過ごすことにも喜びを感じるタイプなので、今回も “ 磨きの達人 ” の一挙手一投足を呑気にコーヒーを片手に眺めていたのですが........



たとえば、軽自動車の美観という種類の品質レベル..........

b0192199_1529537.jpg



小さなゴミの付着ですが............

このぐらいのゴミが、四方を磨き上げていく段階で4個程ありました........

TOYOTAの工場を見学したことがありますが、あれだけのシステムを誇る無人ラインで塗装をしていてもゴミは付くものだと........

レクサスなど、高級車になると品質基準も違い塗膜のコート数も変わるのですが、もっとも安い価格帯の軽自動車の品質レベルで、このぐらいだと.........

4個程あったといえども、普通に見れば目立たない程度.......

場所も目立ちにくい場所です.........

今回は、特に修正した場所はありませんでしたので、塗装的には、よくできた個体だと思っています......



磨き上げてもらうだけで............

普通、素人個人ではわからないようなものもきちんと認識できるということは、わたくし的にはいいことで.............


そこでまた、いろんなことがわかってくるわけです..........



余談ですが、バンパーのすり傷など、納車後の事故の修理などの傷は補正塗装で治すのですが、当たり前のようにクリーンルームなどで塗装するわけではないので、塗装した後はゴミだらけで.....

そのほとんどを磨きの技術でごまかしています.........


そのくらい、磨かれたものとそうでないものは “ 見た目 ” の印象が違います..........


また、表面が平滑であればあるほど、汚れやごみが付きにくく、美しさも保てるわけです......



新車であろうと、中古車であろうと............


この儀式を経ることから車との付き合いを始めていくわたくしは、相変わらずの “ 磨きの達人 ” のこだわりに、ただただ感服してしまうわけです...........

b0192199_16473461.jpg











Lapin Chocolat を Cute に仕上げる......Ⅱ


http://porschewbs.exblog.jp/22363471/




Lapin Chocolat を Cute に仕上げる......Ⅲ


http://porschewbs.exblog.jp/22353451/




Lapin Chocolat を Cute に仕上げる......Ⅳ


http://porschewbs.exblog.jp/22667470/





























[PR]
by porschewbs | 2014-03-28 21:47 | Another car | Comments(0)

Plenum no iryoku  ........






b0192199_21153434.jpg



ボクスタースパイダーに “ IPD PLENUM + GT3スロットル ”  を 投入後.........

初めての全快走行.............


今年の氷をともなった凍てつくような冬に........

ホームコースでの全開走行を許されなかった時期に投入した スーパーウエポン ............



ここにきて、やっと本格的に試すことができます...........


やはり、ギリギリのところまで持っていけるステージで答えてくれるか否かが重要で........

PCCBのような絶対的な唯一無二の存在感を望むつもりはないのですが、ここぞという時にほんのわずかに背中を押してくれるような力を望んではいるわけです..........





ヒルクライムは様子見で走り始めましたが、すぐに踏み抜きはじめます..........



トップパワー400馬力の3400Kとのランデブー走行なので、ヒルクライムはいやでもパワー勝負になってきます..........


私のスパイダーが先頭を走るので、後から来る3400Kを駆るRUF子ちゃんに加速力や瞬発力を分析してもらいます...........

最近では2台で何度となくこの場所を走っているので、私の背中の変化には敏感です(*^_^*).........


多分、彼には走っている時の私の表情や心のウキウキ感まで感じとれるのではないでしょうか^_^;........


彼自身、走らせるマニュアル車だけでも7台も所有しているので、本当に車のことが大好きで.....


そのどの車にも独特の思い入れを持っています....


ですから、駆動の違いや重量バランス........細かい操作系の違いまで、本当に良く研究していて文献にも精通しています..........


頭の切れが抜群にいいので、理解して言葉に表す能力は私よりはるかに優れています....


彼の言葉にはいつも感心してしまいます........


ただ、あれもいいこれもいいで......いつの間にか、8台もの車を所有することになってしまっています^_^;..........



とても一人の女性では満足できないタイプなんです(^^♪





それはさておき.....

3400Kのメカニカルなスーパーチャージャーの音色を背中に感じながら.......



私も、ストレートやコーナリング中の挙動変化やアクセルのつきを感じとるために、やみくもに踏み抜くだけでなく、様々な回転数で踏んで.......抜いて......踏みたして、踏み抜いて.......

刻々と変化する速度域の中で、メインで使う2速、3速のギアの回転数によるそのパワーの出方の違いを試してみます........


山を走らせる以上、ギア比や速度域の違いがあったとしても、リンクする範疇の中では、常に同じパワー・トルクの出方に終始してくれる方が、私としてはとても扱いやすく好ましいと......


一緒に走る3400Kはスーパーチャージャーを搭載しているのですが、そのパワーの出力設定は、5000回転からレッドゾーンまでにトルクを集中するセッティングで..........


その部分の突出した美味しさが、それまでの回転数の決して弱々しくはない必要にして十分なパワーを..........物足りないものにしてしまいます........


それでも、過給が効いた時のその爆発的な加速力には、思わずゴクッと喉を鳴らされてしまうのですが(^_^.)....





“ プレナム+GT3スロットル ”.........

b0192199_2332513.jpg


今のところ、高負荷をかけ続けて行っても、弊害はなく........



ポルシェセンターでコンピューター診断にかけると、確かに吸入量の多さは数値として出てきますが、それによる不具合など........調子を崩すこともなく..........



ポルシェ純正品ではない、この “ プレナム ” そして、+GT3スロットル ................
 

987系の3.4直噴エンジンには、かなりの武器になります........




ワインディングロードを攻めて行くうえで............

高回転型のレスポンスのいいノーマルアスピレーションの官能性は、心ふるえるものがあり......


スポーツクロノをONにした状態のレスポンスと+アルファの “ プレナムの威力 ” は、確実にアドレナリンのさらなる分泌を促してくれます(*^^)v...........




 “ プレナム ” を味方につけたスパイダーのパワーは、とにかく全体的に、1個上の分厚さを見せてくれます..........


今まで、軽やかに吹けきっていってくれるような感じのエンジンが、野太くなったエキゾーストノートと共に、かつてないほどのパンチのあるトルクを見せてくれます.........


いままで、回しきってからシフトしなければならない状況だった場所でも、早めにシフトアップして一つ上のギアのトルクで走り抜けることができるような........

そういう種類のものが手に入った感じです..............


増大したパワー........トルクは、ギアの選択と使い方次第で、走りのリズムに変化を与え、今までとは、また違ったリズムを作り出すことができます...........


どんなコースでも必ずギア比のあわない........

パワー.....トルクを使い切れないコーナーがあります............


そういう場所をどういう風に対処するかが、その場所での走りのリズムを造るうえでの........とても重要なファクターになってきます..........



今回のパワーアップは.........多分、約10%Upぐらいでしょうか........



でも、ここまで変わるかというほどの幅の広さです.........



バランスを崩さない10%Up...........



昨年からのPCCB、 IPD PLENUM + GT3スロットル ......... Install ...............



これを乗りこなしていかなければ、その先も無い.................


制動力もパワーも一段階上がれば、よりシビアになる操作系への対応............



ポルシェが作りあげたバランスを崩してまでも、欲しいものを手に入れる..........


それは間違いかもしれない..............



それでも、あとには引けない.........




国産チューンドを走らせていた時にさんざんやってきたこと..............




どうしても欲しい何かは、必ず大切な何かを失わせる..............



それでも、今回は、 “ 今 ” どうしても欲しいもので...............



手を伸ばせば手に入る “ 魅力あふれる目に見えないもの ”.............



この “ 目に見えないもの ” ほど、ヤバイものはないと.......



手にした者にしか解らない..... “ 魔力 ” のようなもの..............



PCCBなどはまさに、ポルシェが用意した “ 解けない魔法 ” のようなものだと........



そして、ワインディングで使える “ 最大の魔法 ” だと...............


本気で信じてしまう(^^♪..............


愚かなわたくし(*^_^*)........


b0192199_2247252.jpg

[PR]
by porschewbs | 2014-03-25 23:06 | ボクスタースパイダー | Comments(0)

春を呼ぶエキゾーストノート......






さっそく................

夜明け前に待ち合わせる二人..................




もとい..........


夜明け前に待ち合わせるオヤジ........................



うっすらと空が白み始める頃には、走りだした二台............


私が、確認走行をすることがすでにメールで発信されており................


参加表明が各地から寄せられ^_^;...............


一路、天界を目指す一本道を駆け上がって行く道中で参加表明車両達と出逢いながら..........ガスペダルを踏み込む..........




最近では、すっかりRUF子ちゃんと一緒に走りだすことが多く.............


ミッドシップ乗りとしての腕を上げてきているRUF子ちゃんの3400Kと共に怒涛のヒルクライムに挑みます...........



(関係者情報)

先日の情報通りで、凍結している場所は一か所もなく、KINOKOYAのストレート先のトンネル群を抜けた後に一個目の長めのダートがあり、少し走って左側に石垣と駐車スペースがあるコーナーの先で二個目のダート.........

その先の新しいダブルトンネルを抜けた先から頂上手前の6連コーナーまでは、いい感じで攻め込めます........


ただし、山の斜面は、今だ雪で覆われているところが多く、しつこいぐらいある “ 雪崩注意 ” の看板の予告通りで、時おり道路の1/3ほど、雪崩が起きている場所があります^_^;..........

今回は対向車とすれ違えないくらい雪が崩れてきている場所は一ケ所あり..........



6連コーナー先のストレートから橋までは道路を一皮めくってあり、現在、溝付きのアスファルトになっています。多分、今週か来週中には以前よりも綺麗なアスファルトに戻っているはずでしょう........





道路脇は、標高が上がれば上がるほど斜面の残る雪の厚さは増していき........


こんな場所を走っています..........

b0192199_22453338.jpg




後ろから眺める真っ白なボクスタースパイダーのコーナーワークは、雪の中で飛び跳ねるウサギのようだと.............

b0192199_2253559.jpg





頂手前のレコードはマイナス4℃................

b0192199_2255586.jpg





天界から眺める Mt.Fuji は、いつにもまして、分厚い雪で覆われているのが....遠くから見ても、雪の厚みが感じられます............

b0192199_22584448.jpg




さらに朝方の気温は、零下5.5℃.....................

b0192199_22591016.jpg



この零下の中、2時間の立ち話も、体力のいる話だ^_^;...................

まあ、オープンで走ってくるわたくしもどうかしてるといえばどうかしてるが(^_^.).......



さらに.................

人によっては、 “ 明けましておめでとうございます ” と^_^;...........



この、ワインディングロードだけでしかあわない人には毎年この時期が新年のご挨拶です........


いよいよ山開きか(^^♪..................

b0192199_2385157.jpg




雪が山のように残る頂上には、 往年のティレルフォードを彷彿とさせる6輪車が...........

b0192199_23102681.jpg



かっこいい(^^♪..........





いよいよ..........Season In ...............


Winding Road’s Friends ...............


今年も楽しく走ろう(^^♪................
[PR]
by porschewbs | 2014-03-23 23:25 | 天界の出来事 | Comments(0)

993通信..............







b0192199_155159.jpg


お友達のANAJAL子ちゃん............

昨年から993を走らせていましたが、昨秋.................


ちょっと調子を崩しまして.............



やっと復活です......................


さらに携帯も調子を崩して、すべてのアドレスが消えてしまい.............



お世話になった皆様に連絡もできずに申し訳ないと.................

b0192199_155229.jpg





ということで、ANAJAL子ちゃん復活宣言です...............







そして、ごくごく限られた走り系の人たちへのお知らせです..............


ここにきて雪解けも始まり、天界の明け方のコースコンディションは、ほぼドライ........


本日のRUF子ちゃん情報によると..........

KINOKOYAのストレート、トンネル群を越えてその先のICHINOSEのストレートまでのテクニカルセクションにダートが2か所.............6連コーナーの一番手前のコーナーのエンカルを気をつければ、ほぼいい感じで走れるとのこと..............


頂には山のように雪が積まれているそうですが、路面は大丈夫だそうです.........




近々、3400Kと二台で確認走行に行ってきます(*^^)v.........................



さらに復活したANAJAL子号もお待ちしております(^^♪..............

b0192199_16124478.jpg




取り急ぎ、MIDSHIP隊のみなさん..........

集合です(*^^)v
[PR]
by porschewbs | 2014-03-22 16:17 | ポルシェ | Comments(0)

Lapin Chocolat ......








さて..............

私の前に現れた..........キュート過ぎるその車..........

b0192199_11191979.jpg






まるで.......バーバリー柄のミニスカートをまとって小首を傾けてニコッと笑いかけてくる女の子のようなそのいでたちに...........

b0192199_1119364.jpg





..............ほっこり......

         (´・ω・`).....................




この可愛らしさは.......ある種究極の形か( *´艸`)............









普段から、走らせる車ならばもうポルシェしかないだろうと..............


高負荷をかけ続けるような走りをしても音を上げず、耐久性もあり、あらゆる局面に答え続けてくれる車......


私の価値観の中での走りを前提として、スタイル、存在感、ランニングコストを含めたうえでのスポーツカーというのは、まぎれもなくポルシェだけで.........

ステージごとで選択したり、味あうような走りのためだけの車ではなく、オールラウンドを一台のみで走らせるということになるとポルシェ..........


そして、ライフスタイルとして........ボクスタースパイダーを選択したわけですが............





そんなわたくしの中で究極の日本車とは?............



という質問をされれば...........


迷わず “ 軽自動車でしょう ”  と答えてしまいます.................




軽自動車は、排気量からボディサイズに至るまであらゆる規制に縛られていて.........


その代わり、¥7200という破格な自動車税や安価な保険料等という形で恩恵を受けています......


ここにきて、新車登録台数の半分が軽自動車という世の中になり.......


嫌がらせのような税金UPという逆風にさらされているわけでもありますが........



しかし、660㏄という排気量縛りの中でのパワーと燃費の両立.........

制限されたボディサイズの中でのデザインや快適性、走りへの追求..................



軽自動車メーカーの開発力.......長年の切磋琢磨における日進月歩はすさまじく.........


この日本規格の四輪車の素晴らしさは、日本のモノづくりにおける究極の形だと.......


わたくしは思っています(*^^)v..........




さらに、あのスーパーセブンが............

スズキの660ccターボのエンジンを積んで販売し始めたという...........

軽自動車規格で.............

素晴らしい(>_<)!!


私は、車業界にもいたことがあるので、色々なメーカーの車に触れることも多く、各メーカーに対する自分なりの価値観を持っています.........

ジャパニーズスポーツカーを愛して車業界に飛び込んだわたくしですが、入ってみると、比率的にスポーツカーという車は今ほどではないにせよ特別な車で、一般的なセダンやワゴン、軽自動車やコンパクトカーなどが大半で....................


そして、その圧倒的に多い車たちのあらゆる種類に接して来たわけですが.........


そんな中でも、軽自動車に関してはひとくくりで.................

20年以上前のそのカテゴリーはそれなりな印象しかありませんでした........


しかし、ここにきての軽自動車のクオリティーは格段に上がっていて..........



燃費の向上はハイブリッドなみ..........

エアコンやステレオは標準装備、CVTのミッションに紫外線カットガラスなどなど........

いわゆるフル装備な状態での “ あの価格 ” ................



ターボつけててんこ盛りで ¥200万!! という軽自動車は別として.........



売れ筋系の標準的な軽自動車の動力性能や居住性は、乗ってみても触れてみても......


舌を巻くほどの出来のよさです............


わたくし的には、¥200万近く出すならば、普通乗用車を買いますが、ポルシェのメーカーオプションのPCCBとかわらない価格!!! といわれると..............



新車の軽自動車いっとこうか(*´▽`*)...........



ということになってしまったりもします(^^;)...............



走りのためにポルシェに行き着いたわたくしですが、何でもかんでも外車という価値観はなく..........



どちらかというと日本の交通事情やかゆいところに手が届くもの作りをしている日本車の素晴らしさもわかっていて.....



“ 目的のためのきちんとした選択 ” 的な冷静な視線も持ち合わせていたりもします..........



私にとって車という機械は、“ 大好き ” 以外のなにものでもなく........



1千万越えの車に “ 走り ” の価値を見いだせれば、迷わずそれを選択しますし........

近所のお買いもの車に “ 利便性 ” を含めた “ 経済性 ” という価値を見出せれば迷わず軽自動車も選択します(*^^)v.......


さらにそこに “ お洒落さ ” や “ コストパフォーマンス性 ” などが見いだせれば、それはそれで、十分にありだろうと........


さらに、家族が多ければミニバンを.........


高速主体なら大排気量車をと...........




自動車にそれほど価値観を持ってなく、メカに詳しくない女の子が気軽に軽自動車を選択することにはとっても賛成で.....


いっとき、車業界の中であらゆる車にそれぞれの価値を見てきたわたくしは、ブランド的な要素だけで車を選択することは、あまりありません.........







しかし、この “ Lapin chocolat ” .....................


尋常ではない “ 可愛さ ” です(*´ω`*)...........



その価格で..........

この内装はないだろう....................

b0192199_1124849.jpg




どこ見ても可愛い(´・ω・`).........



抜きんでていらっしゃる...........

b0192199_11291749.jpg




エクステリアからインテリアに至るまでのこの徹底したこの “ 可愛らしさ加減 ” ..........

b0192199_11294066.jpg





素晴らしい(*´ω`*)...............................




これは、ほとんどのGirl.........Lady.........old Lady................

に至るまでがやられてしまうだろう............




こんな車から花のような笑顔で女の子が降りてきたら............もう.............


“ 惚れてしまうやろ~(*ノωノ) ” ...........




もともとが女性用に開発された “ アルト ラパン ” ...............


老若男女を問わずに売れている軽自動車といえど、所有者の75パーセントが女性だという.......


ビックマイナーチェンジというか、追加設定で “ ショコラ ” というグレードをラインナップし........


追加設定の割には、フロントマスクや前後バンパー、リアコンビネーションライトに至るまで、エクステリアを大きく変更し、インテリアにに至っては、ダークブラウン調で統一し、特別な専用シートも備えて............




女性のオーナーが、ほとんど指名買いで求めてくるという “ アルト ラパン ” ですが....


軽自動車のボディサイズの印象とも相まって、女の子が可愛い軽自動車で普通に走っている姿は、わたくし的にはとても好感が持てます(^^♪..........


わたくしだけかもしれませんが^_^;................



どうして世の中の軽自動車のあのデザインは、あんなに強面が多いのだろう?............


やはり、購入者の決定権が男性にあるからでしょうか?...........


ヤンママというカテゴリーの方たちが乗っている分には、その人となりと印象が合致していて違和感がないのですが、他のカテゴリーの女性のほうがよっぽど多い世の中...........


わたくしがデザインを担当したら、軽自動車に目の吊り上がったデザインなど絶対に作りません(^^;)............


まして、ちょっと前のCMで、“ おとこ タント ” !なんてやってると、思いっきりトーンダウンしてしまいます(>_<)...............


知り合いの女の子が そんなオトコなんていらんわい(>_<)!! とよく叫んでたのを思い出します......



お友達のアリミツコちゃんは、アリミツコちゃんにはとてもとても、もったいない笑顔の素敵な品のいい奥さん用のお買いもの車に.........いつも自分の乗りたい車を買ってしまいます.......

奥さまは、車には全く興味がなく...........

本当は気軽に乗れて運転しやすく、駐車しやすい車が欲しいはずなのに(;一_一)......


さらに、いかついイメージのドイツ車で..........



奥さん専用ならば、奥さんがよりかわいらしいイメージに感じられる車にすればいいのにといつも思ってしまうのですが、車好きの世の男性に多い押しつけ系の愚かな選択だと、思ってしまうわけです(^^;).........



それはさておき、軽自動車の魅力は、そこから弄っていく上でのパーツ類のリーズナブルな価格設定にもあります................


それはもう.............


私が年間に使うポルシェのタイヤ代で.............

フルチューンにできてしまったりするわけです(^^;)..............................


やれやれ.............





さて..................この “ Lapin chocolat ” ......................

b0192199_1254675.jpg






どこから手をつけていこう(*^_^*)......................
[PR]
by porschewbs | 2014-03-19 22:06 | Another car | Comments(0)

991 turbo S .............








b0192199_2281929.jpg


先日、ポルシェセンターを訪れた時に見かけた 991 turbo S ...........







久しぶりに.............


これはかっこいい(>_<)!!



というデザインを見た気がしました................



もともと991ターボの発表時に、ホームページなどで画像が出周り始めた時からそのリアセクションのデザインと数値からくる幅の広さに、これは相当かっこいいだろうと......


基本的に911系では、走りや官能性を含めてGT3系が好きなわたくしですが、今回のターボのスタイルは、ただただ、かっこいい(*´ω`*)...........と


イタリア系の誰にでもわかりやすいかっこいいデザインとは違う、どこか風格さえ感じられるような迫力をともなったスタイル.........


b0192199_22193699.jpg



東京モーターショウでカブリオレのターボは、間近で見たにもかかわらず、今一つピンときませんでしたが、クローズドボディのこの白のターボのかっこいいこと( *´艸`)..............


今回のデザインはどこまで行っても、リアセクションンの1880mmの車幅から来るダイナミックさだと思います............


ちょっと見とれてしまって............

b0192199_22241751.jpg









新車価格 ¥2446万円 の 歴代最高額のポルシェターボ S ...............




ポルシェターボといえば、ワイドボディ―.........




しかし、これほどまでのワイドボディ―化は..........さらに、100mm延長されたホイールベースから来る延びのいい流線が、いまだかつてないほどのスタイリングを産み出しています.........



ポルシェのターボモデルは、その時、その時のポルシェの最高の技術が惜しみなく注ぎ込まれた傑作です...........


しかし、中古車市場ではGT3系に比べて値落ちも激しく...............


モデル、モデルでいつも一番高額な標準モデルのはずのターボが10年もたつと¥500万円ぐらいでゴロゴロと...........


速さと面白さ、ポルシェに市場が求める種類のものは、ターボ系よりGT3系..........



同じ時代のGT3とターボを同時に乗り比べたことのあるわたくしでも、GT3系の放つ異彩にいつも心を鷲づかみにされてしまいます............


しかし..............



もしこのターボモデルが、10年たって........

それなりの価格で、私の心の扉を叩いたら..............


ちょっと、買ってもいいかな(^_^;)................




10年後の自分は今の自分とは確実に違い...........

それでも、ポルシェに乗り続けているだろうと......................



ストリートにおいて、ボクスタースパイダー程の魅力にあふれたポルシェにはいまだ出逢っていないわたくしは、スパイダーを手放すことはできないかもしれませんが.........


それでも、ある種細かいことはどうでもいいので、 “ かっこいい911 ” に乗りたい!


というコンセプトならば.........


本当にかっこいいんですよ(>_<)!!



今度のターボは(*^_^*)..................

b0192199_22413443.jpg



お値段もかなりかっこいいので.................

とても新車では買う気になれませんが(^_^.)..............



それでも、このリアセクションは...........



圧巻です(*^^)v.................
[PR]
by porschewbs | 2014-03-17 22:48 | ポルシェ | Comments(0)

花粉対策......成功.....





そろそろ、走り出したいこの頃...................

ホームコースの湖から上がる周遊道路は、先週末の時点で、いまだ通行止めで..........

とても東京の風景ではないらしい.........






天界の春はいつやってくるのやら.............


路肩に雪がわんさか残っているので、溶けた雪が明け方は凍り..............

日の出前からの出走が前提のわたくしたちの出番はまだ遠そうです.....................


それでも、今週末、下界に降った雨は山の上の雪を溶かしたのだろうか?

そろそろ、偵察に行かなくては.........



そういえば先週いただいた、“ Porsche a folding umbrella  ” .......

b0192199_1035418.jpg


嬉しい(>_<)!!..............


もったいなくて使えない(>_<)!!!


でも、毎年もらってるから、そろそろ使おうかな(^^;)..........



さて、そろそろ シーズン・イン な天界の走り................

もちろん、万年オープンエアーでの走りを展開するわけです..............


毎年のことですが、この時期はひたすら花粉との戦いになるわけですが......

20数年お付き合いしている 花粉症 というこの症状..........


私の症状は、鼻が完全に詰まってしまいます..........

目や喉などの症状はほとんどなく、とにかく鼻づまりだけです............



今回......................


それを完璧に克服するお薬を見つけ出すことができました............


これは効く...........

と聞いていたので................

さっそく “ PORSCHE CLINIC ” にお邪魔して処方していただきました.............

http://porschewbs.exblog.jp/21238901


その名も “ アラミスト ” ............

b0192199_10194453.jpg



まるで 三銃士 のようなお名前のこの点鼻薬.........

一日一回左右の鼻に シュッ、シュッと吹く薬なのですが、これが一日以上持ちます........

朝、点鼻してから、次の日の朝になっても効果が持続していて、またシュッと吹いてと.........


二回ずつ点鼻するように書いてありますが、一回で十分です.......


人にもよるでしょうが、今のところ、私の周りの人間は全て、完璧に効いてます......


素晴らしい(>_<)!!!!



花粉症でない方はわからないと思いますが、飲み薬などでよく効く薬は眠気が強く出てしまったりと、とても仕事ができる状態ではなくなってしまいます..........


さらに、オープンカーで走るとなると、花粉との戦いは壮絶を極めます(>_<)!!




じゃあ、乗るなよ(^^;).........



というわけですが、オープンカーに乗る以上クローズで走ることを拒み続けるわたくしは、毎年この季節は、最大の敵と戦ってきたわけです(>_<)!!



やっと、克服です(*^^)v!!


まるで、この二十数年がうそのような日々を満喫しています(*^_^*).....


医学の進歩に感謝(^^♪............
[PR]
by porschewbs | 2014-03-15 16:42 | その他 | Comments(0)

AstonMartin V8 VANTAGE S Ⅱ ..............









わたくしにはとても気さくな友人が何人かいて....................




ときに...........とっても野蛮な音色を奏でながらわたくしのもとを訪れたりします............


“ wbsさん! こんにちは~(^^♪!!  これ乗ってきなよ~! もう飽きたから、売ろうかと思って~(^^♪! せっかくだから乗ってきていいよ~(*^_^*)  しばらく走ってきなよ~♪   会議室で、一服してるから~(^^♪ ”


と......................




“ そ、そう~ (^_^;).....  そうか~(^^♪  では、遠慮なく(*^_^*)!!!  ”



ということで、AstonMartin V8 VANTAGE S という4735cc の2ペダルのマシンに身を委ねます.........

走行6000kmで、飽きちゃうんだ(^^;)..........


b0192199_239516.jpg






この..............

世間のあらゆる視線を釘づけにしてしまうようなインパクトブルーなエクステリア.............




さらに、男前なインテリアもなかなか素敵で.................


b0192199_23114939.jpg




b0192199_23173396.jpg






そして.........


アストンといえばこれだろう..........という................


象徴的な “ クリスタルキー ” をセンターパネルの中央にそっと差し込みます..............

b0192199_23142859.jpg




ヴァヴァーン!!!  


と........

びっくりするようなすごみをきかせた音を立ててエンジンが目覚めます(^_^.).............


お、お恥ずかしい(>_<)!!



2ペダルなこの車ですが、オーディオの上に並ぶ丸いボタンの “ D ” を押すことによってドライブモードになります...........


ボタンミッションかよ(>_<)!!


バックする時は “ R ” ボタンを押します(^_^.)..........

b0192199_2322986.jpg


なんと独特な...............




1600kg強のボディに436馬力のパワー.............


今となっては、それほどハイパワーというほどではありませんが、4735ccの排気量から来るトルクの太さはなかなか素敵なものがあります(^^♪...........


踏み込んでいくと軽やかというには程遠い爆音を響かせて走りだすエンジン............


思っていたよりも走りを感じさせるその息遣いに感心させられます..........




ポルシェをベースにスポーツカーに対する印象を比較してしまうわたくし.........


やはり、911のカレラSとこの車を比べてしまいます...........




最近ドライブしたタイプ991のカレラSに比べれば、 “ 世代の違い ” という印象をはっきりと感じてしまいます......




良くも悪くも全てにおいて荒削りな印象は、良く言うとスパルタンで............


シングルクラッチの2ペダルのミッションにおいては、一昔前の反応速度に終始してしまいます.........

b0192199_9503511.jpg



これがマニュアル車ならば、また違った視線でとらえることができるのでしょうが、今回のこの2ペダル仕様のVantage に対しては、最後まで1テンポ遅れて変わるミッションの動作に............

991世代になりより進化したPDKとの差を感じてしまいます.........


踏み込み続けて速度を上げて行く行為だけに集中すれば、特に違和感もなくドライブできるのですが、抜いて踏みたす.......パーシャルで......そして少し踏む.......

そういうアクセルワークの中では、時代に取り残された感があります..........

それは、積極的にパドルシフトを使ってもごまかしようがありません.........


それだけ、今のポルシェのPDKの出来の良さは、素晴らしいものがあります.......


b0192199_952193.jpg




ミッションの残念なお知らせ以外は、本当にトラディショナルな雰囲気のある素敵な車で.......


ロングノーズ.......ショートデッキ.........

ワイドなボディに........どこから見てもアストンなダクトを伴ったフロントバンパー.........

b0192199_9541649.jpg




そこにはいにしえのイングランドな大排気量スポーツカーの貫禄があります...........


どちらかというと峠を必死になって走らせるという車ではありませんが...........


991を走らせるより、ずっと緊張感があります...........


ハイパワーなFRの典型のようなその走り.......姿は、今となっては貴重な存在です...................

b0192199_9574622.jpg




夜の都内をゆっくりと流していても絵になりますが、ガスペダルを踏みつけながらのレーシングな時間は、そのねじふせ系のドライビングを求められるエンジン特性やその音の種類に、結構ドキドキさせてくれます............


この排気量をマニュアルミッションで振り回せて走れたら、かなり楽しい種類の車ではないでしょうか(*^_^*)................

重量が1600kgを少し超えているあたりが残念なお知らせですが、この大柄なエンジンのトルクを使いきって走らせるのはとてもダイナミックで、ハラハラドキドキです.........




今回の2ペダルなこの VANTAGE S もパワーが炸裂した時の危うい感じは、一種の麻薬のようなもので............

普段、ポルシェの走りに乗りなれているわたくしとしては、乗り込むときに腕まくりをして鉢巻をしめるような(*^_^*)...............


気合い入れていこうか<`ヘ´>!  


というような雰囲気に満ち溢れています.................


そんな野蛮な魅力にあふれている AstonMartin V8 VANTAGE S ..............



6000km で、売るなよ~(^^;)............

b0192199_12181424.jpg


























 
[PR]
by porschewbs | 2014-03-13 12:38 | Another car | Comments(0)