PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

ボクスタースパイダー.......論評


ポルシェジャパンが広報車を出したことにより、各社一斉に、ボクスタースパイダーの試乗記をかいてますが、おおむね、好意的な評価みたいです。

特に、軽量化に伴う車の動きや、リアセクションのデザイン等が高評価を得ていました。ただ、広報車は男のエアコンレスだったようで(^_^;)、みなさん、大体、9月の初旬に乗っているみたいなので、悲惨な目にあったようです!!


エアコンレスのポルシェに真夏の昼間に乗っているのは変態です!!(^O^)

それで、あれだけ褒めてるんですから、かなりの M ですよね!!

普通の人が乗ったら、そうはいっても、乗り心地も悪いですし、シートは座りにくいですし、二人しか乗れないし(^_^.)!


今回のボクスタースパイダーの広報車ですが、PCCBが付いている点と内装がココアブラウンなのが目立ちますね。後、ホイールがカレラSⅡホイールです。シブ系です。雰囲気変わりますね。

意外だったのが、スポーツクロノが装着されていない点です。ボクスタースパイダーは、その軽さが一番の要因だと思いますが、ハンドリングから、足の動きまで、他のボクスター系とは違い、かなりリニアです。ストリートで普通に走る分には特に問題はないのですが、峠・ワインディングなどを走るときには、スポーツクロノがもたらすアクセルレスポンスの速さは不可欠だと思います。


私がポルシェに乗る理由の一つに、コーナリング中の姿勢変化を制御しやすいということがあります。特にブレーキを残してコーナーに飛び込んで行った時に、微妙なタッチで、そのままコーナリング姿勢を変化させられること........それがとても優しい........。

他の車のブレーキだと、私にはそれがきめ細かくできません。たぶん、プロのドライバーが乗ると、もっとポルシェは簡単で = 安全なのだと思います。

コーナリングはブレーキ、ステアリング、アクセル(ガスペダル)、ですから、連続して、次はアクセルで、姿勢制御を行うのですが、そこで、アクセルレスポンスがいいと、ブレーキングの後にコーナーでスピードを落とさないようにちょっとだけアクセルをあて続け、その後出口に向かう過程で、コーナーの曲率によって、様々な形で対応ができる.......と。

これは、今回のボクスタースパイダーに乗ってみて、LSDとの相乗効果で、一番の収穫だと思っています。

”必然的にコーナーが速い”


前回996のGT3乗りの方と走ってみて、彼は、”ボクスタースパイダーはストリートだとストレートはGT3とトントンだ”と言ってましたが、私的には、ストレートの速さよりも、”コーナリングの速さ”のほうが圧倒的に感じています。

それは986ボクスターSに乗っていた時とは、次元が違う速さです。私も、まだまだ、乗りこなすには程遠い感覚しか身についていないので、なんとか1cmでもこの車に近づくために走りこみたいと思っていますが........。



大好きだし\(◎o◎)/!

b0192199_1759675.jpg



とにかく、ポルシェが造った、この類稀なオープンカーをなんとかして乗りこなしてみたいものです........。乗りこなしている夢はいつも見るのですが........。



当分、覚めやらぬ夢ですが.........(^_^;)。
[PR]
# by porschewbs | 2010-10-02 18:00 | ボクスタースパイダー | Comments(2)