PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

LED化 ......







練習生の ヴィツ RS のLED化 ................



17年物の塩漬けになっていた4000kmちょっとしか走行していないこの車...............




純正デッキには、カセットテープとCDが標準装着..................





そんな時代ですから、ヘッドランプからフォグランプ....ポジション球まですべてハロゲン系.......


夜間は何ともアンティークな雰囲気を醸し出してしまうわけです...........



雰囲気としてはいいのですが.....



運転するには今となってはあまりにも暗すぎるので、オールLED化を.............




b0192199_05164021.jpg


ヘッド系だけ交換すると.............




b0192199_05170687.jpg



その違いは覿面で.....................



さらにアフターマーケットのLEDの明るさは、年を追うごとに明るくなってきています............





それはもう圧倒的で................




ネット通販で購入できる得体のしれないものは別として、それなりのメーカーののものはその性能もさることながら耐久性も含めて圧巻です....




b0192199_05185257.jpg


ハロゲンバルブの時もそうですが、ある程度規格され製造が確立されたものほど、端折ってはいけないところが物造りにはあり.......


こういう単純なものほど、老舗メーカーにその凄さがあります.................



LEDバルブもここにきて、あっという間に明るさや指向性、熱対策などの技術が確立されてきて、安定したものになっています...........




ヴィッツRSのLED化に際して、微笑ましいことは、ヘッドライト自体が年数と共に黄ばんで曇っていたので、値段を調べたところ、この大きなヘッドライトユニットそのものが一個¥2万円を遥かに下回る価格で.............




さすが、トヨタの量産車............



その価格設定に、当時の世界戦略車としての意気込みが感じられます............



当然LED化にあたって、ヘッドライトごと丸替えをしましたが(^_^;)...............




この当時のヴィッツは、パーツ一つとっても....バックドアのダンパーからシフトブーツ....ウインカーランプカバーに至るまで、ほとんど全て新品パーツで取り寄せることができ...........



さらにその価格は思いやり価格です..........



日本車の凄さはこういうところにもあります..............




近年では韓国車や中国車の性能アップが著しく、メディアを通して良くアメリカの売れ筋がどうのという話題が出てますが...........



日本車の世界の58か国で売上台数がトップというのはさすがです.......




2位のドイツで16か国ということですから....



その恩恵で、こういう車をまた初心者に回すことができるのですから.....







ということでさらに気になっていたミッションオイルも交換です..........



b0192199_05190200.jpg


他のオイル系はもうすでにやってあるので..........



これでまたしばらく楽しく走れるかな.........




























[PR]
by porschewbs | 2018-08-30 20:39 | Another car | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。