PORSCHE Boxster Spyder and Cayman GT4

カテゴリ:Another car( 116 )

ブレーキパッド ..........









先日の HAKONE 走り の待ち合わせが 明け方の雨で順延してしまって悲しい限りです....


次回また 連絡しますのでそれまでに各自腕を磨いておくように(^^♪..............





下界は晴れているのに、夜半から明け方に雨が多い、最近のHAKONE...........


本気走り予定日に限って霧の中.....


やれやれだ...........




カルガモ走行のできない人達の集まりはフルドライの路面は必須事項で............




まあ、次回に.............







と.................




空いた時間に............................



b0192199_17423166.jpg



10万kmを超えてしまったわたくの ビジネスモデルの ヴェルファイア ................



ついこないだ替えた様に思えたディクセルのブレーキパッドがもう残り少なく.................



b0192199_18051780.jpg



この際だから交換~............................




来月は、足回りも新調しないといけないかな.............................




b0192199_18064507.jpg





















[PR]
by porschewbs | 2018-10-08 18:58 | Another car | Comments(2)

リチウムイオン ...........








先日、今現在本格的な軽量化に取り組んでいる友人からリチウムイオンバッテリー欲しんだけどという連絡が...........



水冷ポルシェにおいて軽量化という点で、あの場所から数十kgの重さを取り除けるというのは素晴らしいことで....








ということで................



以前に余分に作っていた..........



ポルシェに簡単に取り付けができるアルミ製のリチウムイオンバッテリー用のケースを.............




b0192199_11452557.jpg



アリアント用に造ったこのアルミケース..................



幸か不幸かシンプルに製作したおかげで、ポルシェ全般に使える.............





シンプルイズベストとはこのことか...........




b0192199_11481236.jpg




























[PR]
by porschewbs | 2018-10-02 20:00 | Another car | Comments(0)

車弄りを ........







雨の合間に.................



時間を作って、チョコチョコといろいろな車をいじっています...............




先日、練習生用の ヴィッツRS フロントライト周りを全て LED化 したわけですが、バックしている姿を見ていて.........



バックランプ、アンティーク過ぎ(^_^;)................


b0192199_20511604.jpg


ということで、こちらも LED 投入..............




b0192199_20512582.jpg


この2001年型の4000kmほどしか走行していない ヴィッツRS .......


まるで慣らしから始めたようなもので、室内のピカピカ度もさることながら、エンジンのまわり方もだんだんといい感じに馴染んできて..........




純正デッキには、カセットが備わっているところがアンティークでいい(^^♪.............





さらに、マニュアルなのに普通に街中を走っていても10km/Lほどしか走らず、高速でも15km/Lほどです.............




現代の燃費重視となった車と比べると、排気量の割に化石燃料を盛大にまき散らしています(^_^;)............




しかし、私もたまに乗ります....こういうコンパクトカーは走らせると本当に楽しい....




一生懸命走っている感じが満載で............



こういうことから車の運転を覚えていくと、機械を操るということの楽しさを一生忘れないと思います....





リアゲートのダンパーも抜けていて自力では途中までしか上がらなかったので交換です.........




b0192199_20514707.jpg


こういう細かいレストアが自分ですべて簡単にできるところも国産コンパクトカーのいいところです(^^♪....




メッチャ楽しい(*^^)v............



























[PR]
by porschewbs | 2018-09-30 21:08 | Another car | Comments(0)

LC500 Glass Coating & 膜厚という付加価値 ........









友人が LC500 を磨きに掛けたいというので、 磨きの国から  ‶ 磨きの達人 ” を..............




b0192199_17104640.jpg


既に 磨きの達人 には仲間内の車だけでも数十台、数百台の車たちを磨いてもらっていますが、いろいろな国やいろいろなメーカーによってその塗膜、塗料、それによる仕上がりはまちまちで..........


月に何十台とこなしていると、メーカーによるその違いは、本当に様々だと.............




ここのところ主流になりつつ水系の塗膜は世の流れで..............


環境重視になっていることは間違いのないことですが、性能や塗膜の伸び.....磨きをかけない状態での仕上がりは、溶剤系の塗料にはとてもかなわない...........




環境に悪いものほど性能はいい..........




普段、某ドイツメーカーの正規ディーラーからの依頼がもっとも多く、わたくしが頼んででいる金額の数倍で仕事をこなす 磨きの達人 .........




ガラスコーティングは、磨く人のレベルで仕上がりはいくらでも変わってくる......




私が乗りだす車は、今まで全て彼に磨いてもらっているのですが、どんな塗膜状態の車においても絶対に期待を裏切らないその技術と仕上がりには、本当に頭が下がってしまいます....




わたくし自身が日本のモノづくりの世界の中心に生きていることもあり、その職人気質な仕事の進め方やこだわりは、時間と体力を完全に無視した仕上げ方です.....




彼と話していると、当たり前の話ですが各メーカーや、それぞれのメーカーのグレードによる塗膜の仕上がりに終始します........




某メーカーにおける S と B や A だと全然違うし........


もちろん、今回の レクサス の LC クラスの塗膜の良さは磨いていても素晴らしいと...........



b0192199_17105579.jpg




車における塗膜は、主にリン酸亜鉛系の被膜をベースにカチオン電着塗装....そして下塗り、中塗り、上塗りといった感じになります...



もちろん、メタリック塗装においてはさらにクリア塗装が最終工程にあったり、パール仕上げでもベース塗膜の植えにパール、クリアーと.....



さらにものによっては、意匠的にこだわった顔料を使うこともあります.........




その車の塗装がソリッドなのか、メタリックなのか、パールなのかによっても、また測る場所によっても変わりますが..........




塗り直していないメーカーラインからの状態のそこら辺にある塗膜を測ってみると....




レクサスの LC500 で、150~180μほど(1μは1/1000mm)............



b0192199_17111159.jpg



2世代前のアルファードのパール塗装と1世代前のヴェルファイアのパール塗装で 110μ~130μ ............




b0192199_17110457.jpg



10年ほど前のシルバーメタリックの ワゴンR のCピラー で 80μ ほどで..........




b0192199_17112085.jpg


軽自動車でも、パール塗装では、重ねる塗膜の回数が増えるので厚くなるわけですが、ミラココアなどでは120μほどになっていましたが...............




塗膜の美しさという点では、磨き上げたものとラインオフのものでは格段の差がありますが、ほとんどそれなりの磨きをかけれて売られている外車よりも磨き行為が一切なくてあれだけのクオリティを誇る日本車の塗膜の美しさは、驚異的です............




私は、走りの哲学においてポルシェをこよなく愛していますが、塗膜の素晴らしさはレクサスには敵いません.........




ちなみに ボクスタースパイダー の塗膜の暑さは、120μ~140μ程度です...........



ポルシェの場合は、ソリッド塗装でも最終工程でクリアーをかけているそうですが..........





b0192199_07525868.jpg



今回は、面白がっていろいろと測ってみましたが、数値の表す内容よりも、一台一台生の個体を磨いてきた 達人 の話の方が、ライブ感に溢れ納得してしまうことばかりです..............





いつの時代も............


その世界のまっただ中で実際に生きている本物の人達の語る言葉は、他のどんな文章よりも真実で満ちています......



車が好きでいろいろなことばかり考えているわたくしは..........



そういう本気な ‶ 言葉 ” の..........


そんな世界に.......


いつもどっぷりと浸かっていたいと(^^♪...............

































[PR]
by porschewbs | 2018-09-04 19:50 | Another car | Comments(3)

LED化 ......







練習生の ヴィツ RS のLED化 ................



17年物の塩漬けになっていた4000kmちょっとしか走行していないこの車...............




純正デッキには、カセットテープとCDが標準装着..................





そんな時代ですから、ヘッドランプからフォグランプ....ポジション球まですべてハロゲン系.......


夜間は何ともアンティークな雰囲気を醸し出してしまうわけです...........



雰囲気としてはいいのですが.....



運転するには今となってはあまりにも暗すぎるので、オールLED化を.............




b0192199_05164021.jpg


ヘッド系だけ交換すると.............




b0192199_05170687.jpg



その違いは覿面で.....................



さらにアフターマーケットのLEDの明るさは、年を追うごとに明るくなってきています............





それはもう圧倒的で................




ネット通販で購入できる得体のしれないものは別として、それなりのメーカーののものはその性能もさることながら耐久性も含めて圧巻です....




b0192199_05185257.jpg


ハロゲンバルブの時もそうですが、ある程度規格され製造が確立されたものほど、端折ってはいけないところが物造りにはあり.......


こういう単純なものほど、老舗メーカーにその凄さがあります.................



LEDバルブもここにきて、あっという間に明るさや指向性、熱対策などの技術が確立されてきて、安定したものになっています...........




ヴィッツRSのLED化に際して、微笑ましいことは、ヘッドライト自体が年数と共に黄ばんで曇っていたので、値段を調べたところ、この大きなヘッドライトユニットそのものが一個¥2万円を遥かに下回る価格で.............




さすが、トヨタの量産車............



その価格設定に、当時の世界戦略車としての意気込みが感じられます............



当然LED化にあたって、ヘッドライトごと丸替えをしましたが(^_^;)...............




この当時のヴィッツは、パーツ一つとっても....バックドアのダンパーからシフトブーツ....ウインカーランプカバーに至るまで、ほとんど全て新品パーツで取り寄せることができ...........



さらにその価格は思いやり価格です..........



日本車の凄さはこういうところにもあります..............




近年では韓国車や中国車の性能アップが著しく、メディアを通して良くアメリカの売れ筋がどうのという話題が出てますが...........



日本車の世界の58か国で売上台数がトップというのはさすがです.......




2位のドイツで16か国ということですから....



その恩恵で、こういう車をまた初心者に回すことができるのですから.....







ということでさらに気になっていたミッションオイルも交換です..........



b0192199_05190200.jpg


他のオイル系はもうすでにやってあるので..........



これでまたしばらく楽しく走れるかな.........




























[PR]
by porschewbs | 2018-08-30 20:39 | Another car | Comments(0)

Endura Pro SP KIT ..........







練習生のスイフト............


タイプオレンジ がいつの間にか6万kmを越える勢いで............



アンジェレーションの激しい路面での収束に問題が出てきたので....


また、タイヤも終わっていたので、 ニュータイヤ & 足回りのリフレッシュを..................




練習用としての初めての車としては、本当によい車なスイフト..........




ここにきて初めて、足回りに手を入れることもあり........



せっかくなので純正アッパーマウントからベアリングを含めて交換を............



b0192199_11222427.jpg



タイヤは、前回と同じグッドイヤーものでコストパフォーマンスでは抜きんでています..........


b0192199_11220036.jpg


サスペンションキットは、 テイン の エンデュラプロのSPキット を.........



b0192199_11153562.jpg



峠の練習用なので純正形状もので...しかしそこはキットもので.....



車高も3cmほど下がるので、見た目もいままでよりもなかなかスパルタンな装いに.....



b0192199_11234681.jpg



タイヤも新調したことから最後にアライメントもとって理想的な状態に...........




ヒルクライムでは、圧倒的にアンダーパワーなこのスイフトですが、足回りを整えたことによるキビキビ感はさすがなもので....



マニュアルコンパクトカーの楽しさは、免許を初めて取った時の気持ちを思い起こさせます........


b0192199_11244491.jpg


フラットなコースを右に左にステアリングを切りながら、ガスペダルを踏み続けられるのは、楽しいものです........



b0192199_11245632.jpg


学生の分際で車を持つと、ランニングコストに追われてほとんどがガソリン代に消えてしまうバイト代..........


さらに少しでも余裕があると、我々もそうでしたがパワーに目を奪われがちなお年頃........



車のコントロールを身につけるのならば、まずはノーマルの乗りこなし.........


そして、ブレーキ....足回りを固めて..........



そしてパワー..........



本来ならば、 FRモデル で行きたいところですが、そこは学生時代の仲間とのわいわいドライブもあるので、5人乗れるお安いツーボックス&コンパクトカー..........



そういう意味では、 スイフト にしても ヴィッツ にしても初めての練習カーとしては、とても良くできています....




さらに、足回りの交換にかかかる費用もアライメントまで全部やっても¥10万ほど........




腕が上がってスピード領域が上がる................



安全対策としては、安いものです.....




さらに足回りの交換時にワイパー取り付け部の樹脂部分...カウルトップを外すのですが、樹脂が紫外線で劣化して......


いかにも白っ茶けていて貧乏っぽかったので、ササッと持ち帰ってブラック半艶塗装仕上げ............



b0192199_11252599.jpg


車のパーツは、金属と樹脂の複合体ですが、黒いところが経年劣化で白っ茶けてくると本当にしょぼくて.....




タイヤにせよ樹脂部にせよ、しっかりと黒が出ると全体が締まってかっこよく決まります...........



これでまた、楽しく走らせることができるでしょう............




めでたしめでたし(^^♪..........



























[PR]
by porschewbs | 2018-08-27 19:57 | Another car | Comments(0)

HUSTLER ..............










今さらながらここにきて ‶ ハスラー ” ...............



b0192199_16262252.jpg


わたくしの周りには、いろいろな車関係の人たちで溢れているのですが..........




そのおかげで自然といろいろな情報が集まります..............




時は遡り春先のこと............


年度末近いころに知り合いの車の買い付け屋さんから連絡が....................



年度末なので、いいお値段で車を引き取ることができますがいかがでしょう?......



と...........




とりあえず査定に来るというので.........




さらに、同じころにスズキ系の車の販売店の店長から年度末なので、お安くできますので何か買ってくれませんかと............





ということで、  KAMISAMAのお買い物カー を...................




3けた万円前半で購入した当時300km走行だったフルスペックの軽のターボモデル.....


そこから2万km走ったものを買い取り屋さんが、今なら3けた万円で引き取るというし..........



販売店の店長には、 ハスラーのJスタイル の フル装備で色はこれで1000kmぐらいまでの走行車があれば考えてもいいよと話していたら、まんまと見つけてくるし.................





KAMISAMA 専用 のお買い物カー .................




その扱いやすさも手伝って、さらに KAMISAMA の熱い意向もあって...


いつも ジャパニーズ軽自動車 を選択します..........



b0192199_16291450.jpg




走りのためには¥1000万越えのポルシェを選択しても....無駄に二台も(^^;)............



普段は、やっぱり ジャパニーズ軽自動車(*^^)v......



小回りがきいて、停めやすく....


ドライバー一本で全部ばらせるのではないかと思えるほどの心躍る弄りがいのある対象................



日本車の技術と工夫の結晶..............






今では、フルスペックの物は¥200万円を遙かに超えてくる 軽自動車 の世界 .......




わたくしは、実用車としての 軽自動車 の価値を、走り車としての ポルシェ と同じくらいの価値としてとらえている人間ですが、そのコストとしては、¥150万までが妥当だと思っています...........



ポルシェもたとえ 走り の価値としても、¥1500万円までが妥当だろうと..........




軽自動車も¥100万円切るものから¥200万円越えまで......


ポルシェも¥600万円台から¥3000万越えのものまで......................... 




モノを選択するうえでは、その人となりの対価基準があり...........




わたくしの中では、そういう感覚です............




軽自動車に¥200万越えの価値はないと思っていますし、¥350万円出してユーノスロードスターを買うならば、¥1000万だしてポルシェを買います....




ロードスターがロータリーエンジンを積んでいるなら話は違いますが..........









ということで、 ハスラーJスタイル ...................


b0192199_16263648.jpg



スズキ ハスラー の中でも一番上のグレードの特別モデル..........




新車でフルスペックで購入すると、¥200万を遙かに超えていきます...........




超低走行車の色から装備まで指定して探してくれる店長は、数か月前の登録車を新車価格より70万円ほどお安く..........




ならば買うかと(^^♪!!.............




これが、車検まで乗っても、下取り3ケタ万円.................



軽自動車の....さらに中でも人気車の下取り価格は、びっくりするほど高い.....




そういう車を探して乗り継いでいくのも買い方としては、一つの選択で..........




さらに、気軽に....弄りやすく、手をかけると想像以上に大きな変化を魅せてくれる、その価値が素晴らしいと思ってしまう...




ポルシェにしても、普段のビジネス使いのジャパニーズカーにしても、 軽自動車 を5~6台は買えてしまうほどのお値段...




そこまでの価格差があっても、普通にコンビニに行くには、大差なく.....



さらに、実用域では群を抜いて扱いやすい.........



そして、 こまごまといじりまくれる この手軽さ...................




車大好きで生きてきたわたくしには、走らせることの楽しさと同じくらい、愛すべき要素を持った車が 軽自動車 なわけです(^^♪....



軽自動車もいろいろなメーカーが出していますが、基本的には軽を中心とした車作りをしているメーカー物を.........




ダイハツとスズキを交互に乗り継いでいましたが、ここにきてスズキの.....



ハスラーの出来のよさにびっくりしています....




デビューしてから、早3年ほどたちますから、前回のダイハツの車とほぼ同時期に発売されたので、基本設計的には同じということになりますが、マイルドハイブリッドなる位置づけから、5月の税金もさらに安い................



そして、エンジン的には同じスペックのものですが、わずか1.6kwのモーターのアシストがはっきりとわかる...........



比べてみて改めて解りますが、その地道さがたまらない............




それにしても、この Jスタイル という設定モデル.............




その標準装備の内容がすごい......




3気筒ツインカムターボのエンジンに1.6kwのモーターをプラスした走りに、CVTですが7速オートマ....さらにパッドルシフトにオートクルーズまでついている....


b0192199_16382852.jpg


オートエアコンにシートヒーター...安全装置は人にも車にも対応したブレーキサポートに誤発進から車線逸脱警報、ふらつき警報から先行車発信お知らせ機能からアイドリングストップまで...........


b0192199_16383894.jpg


もちろんスタビリティーマネージメントシステムからブレーキホールドまで............




ヘッドライトは、ディスチャージにLEDのポジション、オートライトも..............




これが本当に軽自動車なのかと.........



この個体にはアラウンドモニター付きのナビ&ETCまで..............



b0192199_22370958.jpg



内装の質感も良くできていて...........




b0192199_16423829.jpg



走らせてみてもその走行性能はさることながら高速安定性から燃費の良さまで.........



世の大半が軽自動車に変わっていっていることが納得できる作り込みです.........



普通の足車ならば、本当にこれ一台でいいでしょう.............






が................



それでも小さなことが気になるわたくしは..................



さらに、簡単に替えられることが取り柄の軽自動車....弄りがいある個体と相まって.....



あーでもないこーでもないと............



ここまで、至れり尽くせりの ハスラー Jスタイル ..................



何故か時間調整ワイパーではない..................



b0192199_22204544.jpg


しかしながら、スズキのコンパクトカーやトヨタのコンパクトカーの時間調整スイッチつきワイパーコントローラーがボルトオン....



b0192199_22231740.jpg


部品を取り寄せて、外してつけるだけ...............




b0192199_22250651.jpg


ガソリンキャップホルダーとかも、トヨタ純正を取り寄せて、両面テープでペタッとな.............



b0192199_22265820.jpg



と始めてしまうと止まららない、プチ弄り...................




スピーカー一つとってもチープさがたまらない(;´∀`)!!ツイーターを...........



b0192199_22433919.jpg

こんな感じに.................




b0192199_22440667.jpg


ラッゲーマットや........



b0192199_22430298.jpg


フロアマットもお気に入りのものに.................




b0192199_22431641.jpg



サイドステップも純正オプションものを取り寄せて、ボディ同色に塗装して取り付け.............



b0192199_22372471.jpg



プロテクションものも同系色をトヨタオプションから.................



b0192199_22443663.jpg


フロントドアのインナー側両サイドにハスラーエンブレム..................



b0192199_22373148.jpg



タイヤはもちろんブリジストンのレグノ レッジェーラ に交換....................



ついでにいつものお気に入りのミニライトのホワイトに..............




b0192199_22504330.jpg


最近の レグノ はパターンにも レグノ レッジェーラ の文字がお洒落に................




b0192199_16165045.jpg

かっこ良すぎ.................



そして、お約束の 磨きの達人 による スペシャルグラスコート 仕上げ.........................



b0192199_22433228.jpg


さらに、この時期限定の軽自動車のナンバーを白にするオリンピックナンバーを...................




メッキフレーム付きで..................



b0192199_22442511.jpg



そして、純正のいまいちリアゲートとのバランスにかけたハスラーエンブレムを外して、センターに切り文字で純正の HUSTLER 文字を....




b0192199_22441862.jpg


リアウイングにドアバイザーまでつけて......................



b0192199_22371894.jpg


なかなかいいじゃないかと.................



峠の住人のわたくしは、ちょっと車高が..................



と思って調べてみると、ハスラーの車高調安っ!!!...........


タナベとかテインとかでも片手ちょっとで.............



思わず、行きつけのショップに話しかけてみると............


店長が笑顔で............



‶ wbsさん...ハスラーで車高落としたら、ハスラーじゃないですよね(^_^;)..... ”



との一言で............



そうだな(^_^;)....この車はRVだった.....と我に返り...................



今回はここまで(^^♪...............



と.....................



b0192199_16111256.jpg

でも、正直いい車だわ............


これほどまでとは.............



売れてるだけあるよな.............(^^♪



















[PR]
by porschewbs | 2018-08-17 22:50 | Another car | Comments(0)

磨き .....






この夏は、全開仕事モードでお休み無し............



さらに設備投資も相まって、ずっと会社にいるわけですが...............



普段忙しくてできないことをいろいろとやっておかなければと.......



せっかくなので、磨きの達人に来ていただいて、練習生の ヴィッツ RS をピカピカにしていただいて.........




b0192199_11335569.jpg



ずっと気になっていたので、これでまた大事に走らせてくれるだろうと........




達人..................



相変わらずの手際の良さで............



それでも、こんな車でもわたくしのお願いに一日かけて磨き上げてくれる.........



普段は一匹狼の磨き屋な 磨きの達人 ですが、ここのところの忙しさでほぼ都内の某外車ディラーにお抱え状態で....




新車があまり売れていない高級外車ディーラーは、泣く泣く登録して新古車で市場に流すわけですが、少しでも利益を上げるために比較的手っ取り早くそしていて付加価値の高い ‶ コーティング ” をオプションで顧客に勧めるわけです........



そんなこんなな理由で、休みも無くずっと磨き続けている達人...........



久しぶりのお休みなのにお盆の最中にわたくしのところに来てくれて.........



普段何百万、何千万の車を磨き続けているその腕で..........



20年近く前の ヴィッツ を同じように....



というより、その傷んだ塗膜も相まって.....


いつもより手間暇かけて磨いてくれるわけです.............



頭が下がります............



b0192199_11340976.jpg



うすらボケていたクリア塗膜も..............



さすがにピカピカになって輝き始めた ヴィッツ君 ..................




どんな車でも............



車はやはり輝いていないと(^^♪..............






















[PR]
by porschewbs | 2018-08-14 11:37 | Another car | Comments(0)

Luxury Sport .....









LC500 という車は、ある種バランスのとれた素敵な車ということなのだろう............




b0192199_15094581.jpg




その重量からは、とてもスポーツカーとは呼べないけれど...........



ASHISUKA ワンラップ程度のグリップ感は持ち合わせていて........



日本車離れしたデザインとお洒落で質感の高い内装...マテリアル....そして、それなりの走りをすることができるストロークに優れた脚と不快感とは程遠い乗り味.........


東名から小田厚に入って行った時の  あの田舎のあぜ道を高速でぶっ飛んでいるかのような  凹凸だらけのふざけた上下動を綺麗にいなしていく先進のサスペンションシステム...........


素晴らしく静かな室内とドライバーとパッセンジャーそれぞれに気をつかったと思えるシートからの風景.....



b0192199_21034774.jpg




レクサス というメーカーは、歴史あるヨーロッパの高級車などは目指してはいないのだろう....




そう思わせる箇所が随所にある.....



b0192199_15124862.jpg



我が道を行くと.......



ポルシェやフェラーリ......そしてマクラーレンがそれぞれ目指すものが違うように............





しかし、このスペックと見た目からは想像のつかない...........



ある種、いい意味で期待を裏切るライド感は........




これは、乗らなければ絶対に解らない ...........




スポーツカーとしては、とにかく重い車は大嫌いで..............


軽くても、重心の高い車は決して選択しないわたくしですが.............



ラグジュアリースポーツカーというジャンルで言えば、この車のバランス感は素晴らしい.........



そうとしか言えない........



むしろ、我々のように走ることだけで車を選ぶケースの方が多い人間は別として.....




普通の人がドライブ目的やそれなりの高揚感、ブランド所有感やサービスに対する枯渇を感じない点でとらえれば、これは最高の車かもしれない..............



b0192199_15114843.jpg




レクサス というディーラー史上最高の おもてなし を享受する幸せ感と共に.......






潤いを求めて大好きな人と海までドライブして.......



その過程におけるワインディングで少し走らせて.................




ランチをして、ゆっくりと流して帰ってくる...............




コンフォートモードにおける帰りの道は限りなく隣に座るパッセンジャーの寝息をかきたてさせるだろうし......




満たされた人生というのは、本当はそういものなのかもしれない......








命をかけてダウンヒルに挑んだり..........



スピードのその先に見える世界を求め続けるべきではない.........



いい大人が勇気を味方に挑んでどうする..........




という気も............



しないわけではない...............






この車は..........そういうことをちょっとだけ.....



わたくしにさえ思わせてしまう車だ..............



b0192199_15110224.jpg

 
























[PR]
by porschewbs | 2018-04-29 19:01 | Another car | Comments(0)

LC500 Spackage .....








b0192199_16495097.jpg






この日は、 ‶ LC500 ” と ‶ 458 チャレンジ ” でヒルクライムを...............



この二台の個体をストリートで全開にさせるのはお互い初めてなので、様子見で行こうと...........




話したそばから、もう......




化石燃料を盛大に.........



何の躊躇も無く全快で..................



この世の春を謳歌するかのごとく................



5000cc 477馬力 の 大排気量V8NA と 4500cc 570馬力 の大排気量V8NAを........



b0192199_16533991.jpg






LC500 は先日預かったばかりで、ワインディングに繰り出すのは本日が初出走...........




以前走らせた、 スタンダードの LC500 との違いはわずかだが、21インチのランフラットを履いている....... 



https://porschewbs.exblog.jp/26966668/



山を走らせるには、ちょっと不利な重量級の1960kg...........



さらにガソリンタンクは、嬉しいかな驚異の 82L .....



最近、残りのガソリン量を気にしながら走らなければならないストレスをいつも抱えて踏んでいたので、これならば、好きなだけ踏めるだろうと...............






が................




巷を30kmほど走らせてからの出陣なのに、走行距離170kmで早エンプティランプ点灯.........




どのくらいの余裕率があるのか解らないので、最後は燃費走行に徹しましたが、トータル走行距離230kmで 75L 消費な実燃費....



ガソリン計は完全に0で、ランプつきっぱなしでしたが、残り7Lの余裕があったわけかと..........




いつものように、踏めるところは全部踏んでいたので..........




この車は、踏みっぱなしならばあの! GT4 よりも燃費が悪いということになる.............




多分、我々の走りでは 2.5mk/L ぐらいしか走らないのではないかと........



b0192199_16581194.jpg



ただし、そこは日本が誇るトヨタの車...............




なんてったって、10速オートマ..............



普通に走るなら、十分に耐えうる経済性も備えている.....はずだ..............




さすがに、 その燃費を聞いてオーナーも開いた口がふさがらないということだったが(^_^;)................




好きなだけ踏んでくれというので、そこは何の躊躇も無く踏ませてもらった...........




先日走らせた2億円近い車とは違って、その十分の一にも満たない1500万円ほどの車だ(●^o^●).....



って、十分にいい値段だよなこの車..............




そして..........




トヨタが近年まれにみる本気度で造られたこの車を...........





頭のおかしい連中を交えて走らせてみる.............




b0192199_17010787.jpg



今回は.......今回もガソリンを使い切るほど踏んでみたが、やはりこの車は悪くない....................




そのテクノロジーにおける素晴らしさは、我々がその車が行っている事柄を緻密に感じることができなかったことだろうか............




かつて、可変バルブタイミングという機構が、 VTEC という形で HONDA から世に出てきたとき、その高速カムに切り替わる瞬間の...そこからの ‶ カムに乗る ” というような体感に身を震わせるほど興奮したあの時....


しかし、あとから TOYOTA が出してきた玄人好みの技術 VVT-I にはそれほどの興奮を得ることができなかった.......



そして、それなのに結果としてタイムが出てしまうレビン・トレノの凄さ..........



かつてのターボパワーがそうであるようにその切り替えがはっきりしているほど、人はその違和感に騙されてしまう........




逆に境目が解らないほど、自然すぎるほど.....そこに英知と本物感があることを.........



その時の僕らは理解することができなかった..........








わたくしが好きなのは、車で...........




そこに外車も日本車も無いわけですが........




ことスポーツカーにおいては、いつまでも日本車は、それなりでしかなかった......




しかし今回のこの車は、正直に ‶ 走らせてみて ” ここまで来たか ” ..........



というほどのトータルバランスの素晴しさを感じる..........




その ‶ 重量 ” 故に、どうしてもスポーツカーとは決して言えないところが口惜しいが、スポーツ.....グランツーリスモ的な....



かつて アストン も マセラッティ も走らせてみたが、そういう種類の車としてはいいのではないかと....



むしろ日本車的な意味では、今まで普通の車に乗ってきた人がこの車に乗ったとしたら、間違いなく感動する類の走りをする....



例えそれが電子制御のなせる技だとしても、基本性能としての車の立ち位置は、決して間違っていない.......




b0192199_18141430.jpg


フロントミッドシップレイアウトや重いとはいえ、アルミやカーボンパーツを多用したボディ.......



フロントサスペンションの付け根にアルミダイキャストを使用したり、内・外装を含めて贅沢にあらゆるマテリアルを使用した造り込み........



圧倒的なロングホイールベースもワイドトレッドなフォルムも、スポーツカーとはかけ離れているような数値からは読めない走りの良さ...



レクサスの2ドアフラッグシップを謳いながら、トランスアクスルなど採用しない潔さもある種すごいが、路面のホールディングもステアリングからそのままに伝わってくるダイレクト感も...



そして、違和感のないサスペンションの動き......ひたすら弱アンダーで安定している走りと踏んでいけるボディ.........




電子制御のサスペンションとしては、ポルシェのPASMよりもずっと自然な動きを見せてくれる.......




b0192199_21160809.jpg


この車は、ジャパニーズスポーツカー の可能性......未来を魅せてくれる..................



もしこういう車をベースにあらゆる走りへの可能性を見いだすならば...........


無駄なシートや遮音材などを全て取っ払って、より軽く高回転まで回るNAエンジンとマニュアルミッションを用意できたならば.....




そこに スポーツ という言葉を見出すことができるだろうと.........






今のままでは、確かに少し本気で攻め込むと重量に比例してたれていくタイヤが、フロントから逃げていき......



タイトコーナーが続くテクニカルセクションでは、700kg軽い チャレンジに引き離されていく....




それでも、想像以上に ‶ 走る ” この LC に驚きを隠せない......




トヨタ の エンジン 特有のトルクに振ったエンジン特性が、ストリートの優位性を作り出す...........




偶然とはいえ LC と 458 のトルク数値は、540Nm ..................




それでも、その発生回転数は、458 の6000回転に対して、 LC の4800回転...........





ストリートにおける高排気量車の低回転域の高トルクは、何よりも強い味方になる...........





素人には、高回転域にパワー特性を持って行った車よりも低回転域で高トルク特性を持った車の方が......



時に速く走らせることができる.....






b0192199_21322332.jpg


LC の走りへの可能性を秘めたまま、 トヨタ が本気で軽量化に取り組めば、そうとうの車ができるはず.............



それは、ターボではなく、オートマでもなく..........



そして、操る喜びを魅せるマニュアルミッションならば...........




そういう車が、このハイブリッド全盛の時代に...........




最後に出てきてもいいと思う...............





b0192199_21501579.jpg













 










[PR]
by porschewbs | 2018-04-24 21:53 | Another car | Comments(0)